コスパ最高!使い勝手グッド!ベルモントのフィッシングナイフがとてもよくできてる

2020.04.15

チタン製クッカーやシェラカップ、各種カトラリー類ほか、焚き火台やホットサンドメーカーなど、数多くのアウトドアギアを製造・販売しているベルモント(belmont)。実用的な商品でありながら、良心的な価格も魅力のジャパンメーカーです。ベルモントの本社は日本が誇る金物の町、新潟県三条市にあります。それゆえ、チタンやステンレス、アルミを使ったモノづくりを得意としています。

そのベルモント、アウトドアギア以外に釣り用品も手掛けていることをご存知でしょうか。むしろ釣り用品があって、アウトドアギアもある。それがベルモントです。

フィッシングギアが充実の品揃え!

ベルモントでは、磯・防波堤・船釣り、ルアー・フライ・エリアフィッシング、へら・鮎・ワカサギ・渓流釣りなど、各種スタイルに合わせたフィッシングギアを展開しています。その数は、アウトドアギアよりもはるかに多く、豊富な製品ラインナップを揃えています。

なかでもナイフは11種類もあり(2020年4月現在)、手頃な価格と使いやすさで人気です。

釣りにもアウトドアにも便利な「MP-177 フィッシング フォールディング ナイフ(SV)」

釣った魚の鮮度を保つため、その場で締めるのに必要なフィッシングナイフ。包丁でも可能ですが、専用のフィッシングナイフがひとつあると、非常に便利です。

今回紹介する「MP-177 フィッシング フォールディング ナイフ(SV)」は、全長約220mm、刃渡り約90mmの折りたたみ式ナイフです。ブレードはステンレス製。刃元には35mmほどのセレーション(波刃・ギザ刃)が付いています。

① 刃元にあるセレーションが重宝する

セレーションには4mmほどの大きな凹みに、2mmほどの小さな凹みがふたつ続きます。大きな凹みではロープなどが切断でき、小さな凹みでは釣り糸(ライン)をカットするのに便利です。また、この波刃は魚の骨を切断するのにも有効なほか、布を切り裂くこともできます。

② 指にしっかりかかって、刃の折りたたみ&取り出しやすい

刃の平には肉抜きされた穴が空いています。ブレードを出し入れする際に指がしっかりとかかり、スムーズな操作が行なえます。この仕掛けがないとグローブを装着した際に滑ってしまうことも。ハンドル部にも指がかかる箇所があるなど、よく考えられた仕掛けです。

③ 秀逸な折りたたみ構造

ハンドル内部にはロック機構のライナーが備わっています。ロック板はハンドルを握ったまま親指で押せる位置にあるので、ロックを解除するために握り直す必要はありません。また、ロック板は押しながら刃を動かさないと折りたためないので、安全面にも配慮されています。

④ カラビナ付きで、ベルトループやザックに引っ掛けられる

折りたたんだ状態では約130mm。柄尻にはカラビナが付いており、パンツやベストのベルトループほか、ザックにも引っ掛けることができます。もちろんギアボックスに入れても邪魔にならないサイズです。

裏面は黒いプレートそのままなので、左手での使用には向いていません(右利き用です)。逆に言うと、パッと握ったときでも裏表間違えることなく使えます。慌ただしい釣行の最中には、とっさに刃の向きが分かるのは大きな利点です。

アウトドアシーンでも間違いなく活躍します

セレーションが付いたナイフはロープや生地を切り裂くことができるので、いざというときに重宝します。とはいえ、アウトドアシーンでよく使うシチュエーションはパラコードなどロープ類を切ること。パラコードを着火剤代わりに使用しているとき、欲しいサイズだけサッと切れるのでとても便利です。

また、ダンボールに梱包されたガムテープを切り裂く際、テープがまとわりつくことなく開封できます。

あらゆるシーンでマルチに使えるベルモントの「MP-177 フィッシング フォールディング ナイフ(SV)」。価格もリーズナブルなので、ひとつ持っていて損無しなアイテムです。

※ナイフを正当な理由なくこの商品を携帯することは法令により禁止されております。また、ロック機構を無理な方向に押したり、過度に力を入れたりすると思わぬ事故につながる可能性があります。使用はパッケージ裏面の使い方をよく読み、周囲の安全を確認してからご利用ください。

MP-177フィッシングフォールディングナイフ[SV]
株式会社ベルモント : http://belmont.co.jp/mp-177

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事