実践!ナイフの正しい使い方『 竹や木を切ってみよう 』

2016.09.16

ナイフに慣れたら、堅いものを切ったり、削ったりしてみよう。ナイフも小さなフォールディングナイフではなく、シースナイフ(ブレードとハンドルが一体構造で、ブレードをシース〈鞘〉にしまうタイプ)を使ってみて! シンプルで頑丈なつくりなので、力を入れた作業がより楽しくなるぞ!

割りばしから串を作りたい。どうやって削る?

Q16

ナイフを持った手を体に固定して、割りばしを手前に引く

16A

① ひざに右手を固定する。

② 鉛筆を削る要領で、割りばしを手前に引く。

長い竹串を短く切るにはどうする?

Q17

手で折ると、竹の繊維が引きちぎられて裂けてしまう!

竹串の外周に切れ目を入れて手で折る

① 竹串を回しながら、ナイフを前後に動かす。

A17-1

② このように表面に切れ目が入ればOK!

A17-2

③ 切れ目を徐々に深くして、最後は手で折る。

A17-3

こうすると、切り口がきれいになる。

着火しやすいよう薪にささくれを作るには?

q18

このように薪の表面を浅く切り、細かくめくれば火がつきやすい。

薪を地面に立てて、薪の角をエッジに押し当てる

a18

ブレードを浅く斜めに切り入れて作る。不揃いでも大丈夫。

薪から細いたきつけを作るには?

q19

たきつけがあると、薪への着火が楽になる。

剣ナタを体に固定させて、薪を手前に引いて削っていく

A19

① 薪を手前に引く。レザーグローブをはめていると、しっかり握れる。

② 剣ナタをひざに固定。薄く細くそぐと、よく燃える。

竹筒をどうやって半分に割る?

Q20-1

Q20-2

ヒント:もうひとつの竹筒を使ってもOKです。

もうひとつの竹筒で刃の背を叩いて割り込んでいく

① 刃を軽く当てて食い込ませ、竹の繊維へまっすぐに切り込む。

A20-1

作業中、ブレードを無理にこじるとエッジが欠けるのでやめよう!

② 竹筒で刃の背を叩いて刃を割り込ませる。

A20-2

③ 刃が割り込んだら竹ごと堅い地面(平らな板や石があればベター)に叩きつければ自然と割れる。

A20-3

④ 叩きつけずに刃の先端を竹筒で叩いてもOK。

q

エッジを地面に当てると欠けるので注意しよう。薪も同じ方法で割ることができる。

竹に穴を開けるには?

Q21

ブレードの薄いナイフだと刃こぼれする恐れがある。ブレードの厚いナイフか剣ナタで作業しよう。いずれにせよキリがないときの応急策と考えたい。

キリのように先端をねじって開ける

① 刃を立てて、軽い力で剣ナタを何度もねじる。

A21-1

切り込むというよりも、竹を粉にするように削る。

② 貫通したら裏からも開けると穴を大きくすることができる。

A21-2

木の枝の余分な小枝をどう落とす?

Q22

落ちていた大きな枝。小枝がなければ杖に使えそう……。

無理して1回で切ろうとせずに何度か振り下ろして切り落とす

A22

必ず左手は切るところより上のほうを持つ。足も、ナタの進む方向から離す。

木の皮をはぐには?

Q23

ブ皮を剥いできれいにすれば、何か手作り家具の部品に使えそう。

たきつけを削る要領で剥ぐ。無理をせずに少しずつ薄く削っていく

A23

ナタを押し出していく。皮が厚く堅い場合は注意。力を入れて一度に厚く剥ごうとせずに薄く削っていく。

ヤブを刈り払うには?

Q24

地面と水平でなく、斜めに断ち切る

A24-1

切り口

A24-2

茎(幹)がやわらかい場合は左手で支えたほうが切りやすい。ナタの重さを利用し、茎(幹)に対して斜めに刃を振り下ろす。周囲に人がいないのを確認して行なおう!

自分の爪を使って、切れ味を簡単にチェックする方法は

Q25

くれぐれも指などをきらないように注意してください。

親指の爪にエッジを当てて、爪の先のほうにずらしてみる

A25-1

エッジが爪に吸いつくようにくい込み、矢印方向に動かなければOK。ずれてしまうようなら研いだほうがいい。応急処置的に簡単に切れ味を戻すには市販のタッチアップツールを活用する。しっかり研ぐには砥石を使う。

タッチアップのやり方

A25-2

棒状のシャープナーにエッジを斜めに当てて滑らせる。エッジの角度に合わせて2~3回。両側のエッジを研ごう。

A25-3

V字シャープナーもあり、V字部分へブレードを垂直に入れて手前に引く。

監修/鶴田康男 イラスト/Chai 構成/DECO(大塚 真)、大澤竜二

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事