話題の付録「肉厚鉄板mini」用の牛革ケースを作ったぞ

2019.10.16

色は2種。左がブラウン、右がオリーブ。ナイロン製の内袋は、ブラウンでもオリーブでも、同じ色のカモフラージュ柄。

『BE-PAL』の2019年11月号の付録は「肉厚鉄板mini」。鉄の一枚板を切り出して作ってあり、厚さが3mmもある。手にするとズシリと重い。付録とはいえ高級感が漂う。表面には傷をつけたくないものだ。というわけで『BE-PAL』通販では専用の牛革ケースを製作した。革は「姫路レザー」と呼ばれる兵庫県姫路地方でなめされる革を使用している。兵庫県は日本の牛革の生産量の7割を占めていて、その中でも姫路は江戸時代から革の一大産地である。その姫路で作られているだけあって品質は上々といえる。表面はとても滑らかで、折り曲げてみるとしなやかでやわらかい。鉄板のケースとはいえ、まるでジャケットや手袋のようなソフトな質感をしている。なおかつ内側にはコットンのライナーが張ってある。鉄板ではなくデジタル機器などの小物入れとして使ってもよさそうだ。ケースを買うと、鉄板のサイズに合わせたミニトングとミニヘラも付いてくる。鉄板を楽しく使いこなすためにも、ぜひこのケースセットを入手してほしい。

ミニトングとミニヘラはケースのスリットに差し込める。

各5,400円+税

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

付録対応 姫路レザーの巾着収納ケースセット

https://www.pal-shop.jp/item/A55911001.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事