パーソナライズされていく俺だけのギアケース

2019.02.26

最近『不便から生まれるデザイン』(川上浩司著、化学同人)という本を読んだ。著者は「不便益」、つまり不便なモノにも利益があり、それを大切にしようと提唱している。たとえば車のMT車はAT車に比べて扱いがむずかしくて不便だが、機械の仕組みを理解できるという利点や技術を習得するという利点がある。紙の辞書は電子辞書より不便だが、自分だけのクタクタ感が蓄積されて(キレイに汚れて)愛着が湧くという利点がある。ウルトラライトな素材が全盛の時代にあって、帆布の人気が根強いのも、不便の益があるからなのだろう。重くてかさばるものの、磨耗や引き裂きに強く、重いものや鋭利なもの、壊れやすいものの収納にはやっぱり重宝する。コットンとはいえパラフィン加工(ロウ引き加工)をすれば水濡れや油汚れにも強い。汚れそのものが不快ではなく味わいとなり、パーソナライズされていく(自分だけのものとなる)。

asobito(アソビト)の「ランタンケース」と「ポールケース」も、使い込むのが楽しみな帆布のケースである。9号という厚い帆布を使用し、パラフィン加工を施している。きっとキレイに汚れていくに違いない。

 

ランタンケース。内側にクッション入り。asobitoは、スタンレーやスナグパックの輸入販売を手がけるビッグウイングのオリジナルブランドだ。

ポールケース。

 

防水帆布のランタンケース:7,452円

防水帆布のポールケース:7,776円

 

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

ランタンケース→詳細を見る

ポールケース→詳細を見る

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事