ついにフロントディスプレイ搭載!GoProが5Kビデオ対応「HERO9 Black」を発売

2020.09.18

アクションカメラで高い人気があるGoPro(ゴープロ)が、この度新作商品を発売した。従来品にはなかったフロントディスプレイに加え、最新の技術が装備され、使う人を満足させてくれること間違いなしだ!

新型センサーで5Kビデオを搭載

「HERO9 Black」¥54,000(税込、公式サイトの実勢価格)

今回紹介するHERO9 Blackの大きな特徴は4つ。1つ目が、新型のイメージセンサーを搭載し、5Kビデオを撮影できること。ズームインをしても鮮明な画像を維持する。4Kやフルハイビジョンも撮れるので、環境に合わせた設定も可能だ。

水深10mまで耐えられる防水機能を搭載。

写真性能も格段に向上。従来品は12メガピクセルだったが同製品は20メガピクセルを採用して鮮やかな絵が撮れるようになった。これをスーパーフォトという機能で撮影すれば、カメラが自動的に補正してより美しい写真が撮影できる。

縦位置の撮影も非常にキレイ!

さらに、ハイパースムーズ3.0という強力な手ぶれ補正と正確な水平維持機能も搭載し、夜間や自転車といった激しいアクション時の撮影も難なく撮れる。

ライブモニターとして便利。

2つ目は、1.4インチのフロントディスプレイと搭載したこと。自撮りなどカメラの前にいても、ライブプレビューとして確認できる。これのおかげで、撮影したものをカメラの後ろに回り、毎回確認する必要がなくなるのは嬉しい。

ちなみに、2.27インチに拡大したリアディスプレイにはタッチズーム機能が加わり、撮影したものを細かくチェックしたい時に便利だ。細かいところだと、ボイスコントロール機能も装備したので、手を使わずに声で遠隔操作ができる。

3つ目はバッテリーの駆動時間が延びたこと。1220mAhから1720mAhとなり、従来品と比べてバッテリーの駆動時間が最大30%もアップしてより長時間の撮影を実現した。

ただし、これによって従来品と比べて本体サイズもバッテリーサイズも大きくなっているので、充電器は今までのものは使えないことに注意したい。

取り外し可能なMaxレンズモジュラー。価格未定

そして4つ目は、モジュラーと呼ばれるオプションも発売されること。10月に発売予定のMaxレンズモジュラーをつけることで、より手ブレに強く過去最大の超広角な映像を最大2.7Kで撮影できる。

マイク、スクリーンを搭載した状態。

また発売は未定だが、指向性マイクやライト(こちらのみ発売中)、フリップスクリーンといった別のモジュラーも登場し、より高いクオリティの映像も撮影できる。

そのほかにもマイクもサイズアップして再生機能が向上し、どの仕様もパワーアップしている。新しいアクションカメラの購入を検討している人は、ぜひチェックしていただきたい。

商品概要

価格:¥54,000(税込、公式サイトの実勢価格)
サイズ:5.5×7.1×3.36
付属品:本体、バッテリー、マウント、マウント用バックル、USB-C ケーブル、サム スクリュー、カメラケース

GoProの公式ページ
https://gopro.com/ja/jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事