クッカー特集!編集部おすすめの逸品

2018.10.26

メイン調理道具としてオススメしたいクッカーセット。 鍋にフライパンにボウルにマグ。充実した内容はもちろんのこと、セットだからこそコンパクトに収納できます。ファミリーやグループでのキャンプに大活躍すること間違いなしです。

アウトドア鍋パーティーにピッタリなクッカーセット4選

スタッキングができて便利な食器類付きクッカーセットをピックアップ。大人数で使えるから、キャンプ以外でも重宝します。

ジーエスアイ(GSI OUTDOORS)

グレイシャー ステンレス キャンパー(GLACIER STAINLESS CAMPER)

ケースも活用できて機能性バツグン! 軽量性よりむしろ耐久性を重視した、丈夫なステンレス製ポットを採用したニューモデル。蓋&断熱カバー付きマグと食器は4色に色分けされ、マグの中にコンパクトなシングルバーナーを入れておくことも可能だ。シンク代わりにも使える防水加工のケースが秀逸。●サイズ:211×211×135mm ●重量:2,066g ●セット内容:2Lポット、3Lポット、ストレーナー付き蓋×2、22.9cmフライパン、414mlVAフォームカバー付きマグ×4、414mlボウル×4、19cmプレート×4、マグ用蓋×4、フォールディングポットグリッパー、コーティングスタッフサック

フライパンの底が分厚く、パン底全体に熱が均一に加わる。焦げ付きにくく、使い勝手◎。

ポット、フライパン用の着脱式ハンドルはロック付きで安心して使え、しかも折りたたみ式。

ケースは後片付けのときの汚れた食器コンテナとして、またはシンクとしても使用可能。


シートゥサミット(SEA TO SUMMIT)

アルファクックセット4.2

ガタツキのないクッカーのハンドルが特徴的。シリコンを使った食器や鍋が好評のシー トゥ サミットから、新たにハードアノダイズド加工を施したアルミ製クッカーセットが登場(ハードアノダイズド加工とは、耐蝕・耐摩耗性を高めるアルマイト加工をさらに強化した、硬質アルマイト加工のこと)。特徴はズバリ、ピボットロックハンドル。使用時のガタツキがほとんどなくて使い勝手よく、収納時には蓋のロックとして機能する。●サイズ:直径135×高さ203mm ●重量:1,221g ●セット内容:アルファポット2.7L+3.7L、デルタライトボウル×4、デルタライトインサルマグ×4

ガラス強化ポリプロピレン製のマグには、飲み口のあるシリコンリッドが付いている。

独自のピボットロックハンドル。収納性がよく各ポットにハンドルが付き、ひとつのハンドルを使いまわす必要もなく使い勝手も良好。

ハンドルで蓋をしっかりとロックできるからガタツキもなく、スマートに持ち運べる。


MSR

フレックス4システム(FLEX 4 SYSTEM)

大人数にぴったりな大容量ポット付き。5.3Lの大容量の両手鍋と、内側に焦げ付き防止加工が施され着脱式ハンドル付きの3.2L鍋、4人分の食器類が見事にスタッキング収納できる。立ち上がりが3.8cmある深型プレートは、鍋パーティーのときの予備食材を盛る皿としても大活躍する。●サイズ:直径30.5×15.9cm ●重量:1,666g ●セット内容:ポット5.3L、3.2L、断熱マグ×4、ディープディッシュプレートL、M×各2

ステンレス二重構造の断熱マグ。内部に別売りの折りたたみ式カトラリーを収納できる。

大鍋のハンドルにはシリコンカバー付き。熱くなりにくいので、調理中も素手でOK。

全部収納すると蓋がわずかに浮くが、2か所にカチッとしまるロックが付いているので、内部のパーツ類がガタツクことがない。


トランギア(trangia)

ストームクッカーL・ウルトラライト

アルコールストーブ付きで超軽量コンパクト! 60年以上も作り継がれている伝統的クックセット。なにがいいって、気圧や温度の影響を受けにくいアルコールストーブまでセットになっていること。寒くても高所でも頼りになるクックセットだ。●サイズ:直径22×高さ10.5cm ●重量:900g ●セット内容:フライパン(直径22cm)、ソースパン1.5L、1.75L、アルコールバーナー、アルミハンドル、収納用ストラップ

バーナーの台には空気を取り入れるパンチングが施され、風防上部に付いた3個のツメが鍋やフライパンを支える仕組みになっている。

鍋をセットした状態。アルミハンドル付き。

ストーブ込みでこんなにスマートに収納できる。


※構成/坂本りえ 撮影/中村文隆 協力/黒田紀音、友田千絵美

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』