100均の道具だけで燻製作ってみた!ダイソーVSセリア

2020.09.10

私が書きました!
フリーライター
happeaceflower
北海道在住。キャンプや釣りなどの、アウトドアに関する記事を中心に執筆しているフリーライター。趣味のキャンプや釣りの他に、車中泊をしながら、道の駅のスタンプラリーも制覇。オールシーズン外遊びを楽しむアウトドア女子。

ここ何年かで、100均グッズが充実して、日常で活用する機会が増えましたよね。私も、100円ショップに行くたび、いろいろとチェックしています。

最近、燻製作りにハマっている私が見つけたのは、100均のスモークチップ。ダイソーにもセリアにも、スモークチップが売っていました!

そこで今回は、「ダイソー縛り」「セリア縛り」で揃えた道具で、燻製を作ってみたいと思います!

道具を揃える

ダイソー・セリアで、燻製を作るための道具を揃えました。

ダイソーで揃えた道具

燻製に使えそうな道具が、充実していますね。

  • 雪平鍋
  • フタ
  • 焼網
  • スモークチップ×2(ナラ・クルミ)
  • 五徳
  • 固形燃料25g
  • バット
  • アルミホイル
  • ライター
  • 割り箸
  • 網ストッパー(使いませんでした)
  • ミニテーブル

網ストッパーは使わなかったので、計13点。雪平鍋が200円商品、それ以外は100円商品。合計1,540円(税込)で揃いました。

セリアで揃えた道具

セリアの道具も充実しています。

  • アルミ鍋
  • フタ
  • クックネット(網)
  • スモークチップ
  • 五徳
  • 固形燃料20g
  • 固形燃料を入れるプレート
  • バット
  • アルミホイル
  • ライター
  • 割り箸
  • 網ストッパー
  • ミニテーブル

合計14点、1,540円(税込)で揃いました。

燻製器を作る!

それではまず、燻製器を作ってみます。

ダイソー縛り編

食材をのせる、程よい大きさの網がない・・・。

燻製器本体は雪平鍋に決定。次に、食材をのせる網を探しましたが、程よい大きさの網が見つからず、大きい焼き網を加工することにしました。(たまたま行った店舗に売ってなかっただけなのでしょうか?)その他の道具は順調に調達。

焼き網を加工していきます。

ワイヤーカッターやハサミなどで、網を切ってサイズを小さくします。

鍋に合わせながら、ひたすら切っていく。

サイズを合わせたら、周りをアルミホイルで包む。

努力の結晶。

手作り感がハンパないですが、ハマればいいのです!アルミホイルによって程よく固定されましたので、網クリップは使用しませんでした。

セリア縛り編

鍋焼きうどんに使うような、アルミ鍋を使います。

私の行ったセリアでは、雪平鍋のような鍋が見つからなかったので、アルミ鍋を使用。食材をのせる網は、程よい大きさの物が見つかりました。しかし、いざアルミ鍋にのせてみると、微妙にサイズが合わなくてズレてしまいます。

そこで、網ストッパーを活用しました。

バーベキュー網のストッパーを活用。

網ストッパー(バーベキューのコンロと網を固定するストッパー)を、網に取り付けてみます。4つ取り付けると、網に脚ができました。これで、網が固定されます。

ダイソーとセリアの五徳を比較

燻製器をのせる五徳が必要です。ダイソーにもセリアにも売っていました。

左:ダイソー、右:セリア。

形が似ているので、比較してみました。

左:セリア、右ダイソー。

3枚のプレートを組み立てて使うのは両方とも同じ。サイズもほぼ同じですが・・・。

ダイソーの五徳

連結部分に注目。

セリアの五徳。

ダイソーは連結部分が2段階に調節できます。空気穴の位置も違いました。セリアの方はプレートの下側面、ダイソーは上部に。

燻製を作ってみよう!

それでは実際に「ダイソー縛り」「セリア縛り」の道具で燻製を作っていきます。

燻製する食材

ウインナー・魚肉ソーセージ・チーズ。

両方とも同じ食材を燻製していきます。(食材は100均商品ではありません。)

スモークチップを入れる

アルミホイルをしいて、スモークチップを入れます。(大さじ2ぐらい)

セリアのスモークチップは、数種類のチップがミックスされたもの。(ナラ・ブナ・カシ・カエデ・クヌギ・クルミ)ダイソーの方は、ナラとクルミをミックスしてみました。

固形燃料設置

左:セリア、右ダイソー。

セリアもダイソーも、固形燃料の在庫が少なく(爆発的に売れているそう)、グラム数が違う商品になってしまいました。セリアは20gの固形燃料、ダイソーは25gの固形燃料を使います。グラム数が違うと仕上がりに違いが出るのか?楽しみですね。

食材をのせて燻煙!

両方とも、ミニテーブルに熱対策のためのバットをのせ、その上に五徳と固形燃料をのせました。五徳を間違えてさかさまに使っちゃいました(汗)。

食材をのせたら、フタをして着火します。

煙が出てこない・・・。

アルミホイルで底上げしました。

ここで、問題発生!煙が全然出てこない・・・。10分経過、セリアの固形燃料がなくなったので、1個追加します。しかし、それでも煙が出てこない・・・。15分経過、ダイソーの固形燃料がなくなったので、1個追加。まだ煙が出てこない・・・。

煙が出てこないと、燻煙されませんね。ちょっと焦ってきました。固形燃料と鍋の距離が遠いのでしょうか?両方とも、アルミホイルで底上げしてみます。この時点で20分経過、セリアの固形燃料を追加。すると、セリアのアルミ鍋の方から煙が出始めました。

燻製完成!

セリアの方は、約30分後に完成。

セリアの方は、煙が出てから10分で完成したことになります。使った固形燃料は20g×3個。

ダイソーの方は、色がついていません。

ダイソーの方からは、煙が出ていませんでした。鍋の熱伝導の違いでしょうか?今回使ったアルミホイルが、厚めのタイプで熱の通りが悪いのか?スモークチップの下にしいていたアルミホイルを外して、固形燃料を追加してみました。

煙が出はじめて10分ほどで完成しました。

ダイソーの方は固形燃料25g×2個半使用しました。

今回、煙が出るまで時間がかってしまい、燻製が出来上がるまでに、「セリア縛り」は約30分、「ダイソー縛り」で約42分かかりました。最初から煙が出れば、両方とも10分程度、固形燃料1個で燻製が作れます。

すぐ煙を出すには、固形燃料を底上げして鍋に近づけること。雪平鍋に厚いアルミホイルをしくと、熱伝導が悪くなることもわかりました。(薄いアルミホイルがおすすめです)

買いに行った店舗や時期により、商品の在庫が異なります。一概にどちらが良いかは甲乙つけがたいのですが、どちらも100均商品だけで、燻製が作れるということがわかりました。

100均の道具だけで燻製ができた!

「ダイソー縛り」「セリア縛り」で作った薫製。どちらも、しっかり燻製の香りがついて、美味しかったです。

鍋と固形燃料の違いからか、セリアのアルミ鍋で作った方は、ジューシーに仕上がり、ダイソーの雪平鍋の方は、水分が抜けてドライな食感でした。

身近な道具で作れるので、ぜひ試してみてください。

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事