新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4 | BE-PAL

  • ホーム
  • 道具・ギア
  • 新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4

新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4

2017.05.25

 超軽量テントのプロトタイプを展示 

ローカスギア

会場の入り口付近の広いスペースにブースを構えたローカスギア。試作品のテントを始めシェルター類を実際に張って展示。

 

「ローカスギア」は2009年に創業したアウトドア・ギア・メーカーであり、我が国を代表するガレージ・ブランドのひとつ。神奈川県相模原市に本社を構え、独自の発想に基づいたウルトラライト・ギアの開発と製造を進めているが、今や製品バリエーションの豊富さとクオリティ、国内外での評価はガレージ・ブランドの枠を大きく越えたと言ってもいいだろう。
そのローカスギアが「オフ・ザ・グリッド2017」で発表したのは、同ブランドとしては初のドーム型テントの試作品「Djedi DFC eVent Dome」である。
「まだ発売時期や価格は決まっていませんが、生地はダイニーマ®・コンポジット・ファブリック(通称キューベンファイバー)の不織布にeVentのメンブレン(薄い膜)をラミネートした最先端のものを使用しています。これがポールを含めて850g。しかも、生地だけで普通のテントが2張りくらい買える値段になる、いわばスーパーカーみたいなテントです」と説明するのはローカスギア代表の吉田丈太郎さん。
「開発に約4年がかかりましたが、年内にリリースできればと思っています」とは吉田さんからのコメントである。
問い合せ:ローカスギア http://locusgear.com/

 
ローカスギア代表の吉田丈太郎さん。同社はアジア各国や北米など海外輸出も積極的に行い、高い評価を得ている。

 ローカスギア初のドーム型テントの試作品「Djedi DFC eVent Dome」。素材はDCF(ダイニーマ®・コンポジット・ファブリック 通称:キューベンファイバー)の不織布にeVentのメンブレン(薄い膜)をラミネートした最先端の超軽量防水透湿素材を使用している。発売時期・価格未定。

 

会場には新製品の「カフラHB」も展示。「カフラHB」をはじめとする新製品には、この新しいロゴが使用される予定だ。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 道具・ギア
  • 新たな展開を始めたブランドに注目!「Off the Grid 2017」レポート Part4

関連記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿写真

『 道具・ギア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。