【オーダーメイドナイフ】女子だって「一生モノ」のナイフがほしい! | BE-PAL

  • ホーム
  • 道具・ギア
  • 【オーダーメイドナイフ】女子だって「一生モノ」のナイフがほしい!

【オーダーメイドナイフ】女子だって「一生モノ」のナイフがほしい!

2017.05.11

女を上げるキャンプ料理に使うナイフをオーダー!

日本が誇る世界的なカスタムナイフ製作者、相田義人さんの工房を訪ねた私に開口一番、「ナイフで何がしたいの?」と相田さん。「女を上げるキャンプ料理デス」と私。

それならと、取り出したのは現代ナイフの巨匠で、相田さんの師匠でもあるR.W.ラブレスが考案したフィールドナイフの型紙。最初に用途を確認するのは、顧客の切りたいものに適した切れ味をつけるため。

「ナイフは一本あれば、工夫次第で何でも切れる。爪切りから木、獣までね。万能だけど、出刃包丁や菜切包丁のような専門の刃物みたいに、特定の物をきれいに切ることは難しい。だからどう使うかを知って、適した刃にするんだ」(相田さん)

ナイフの製法はシンプルだ。一枚のステンレス鋼を紙ヤスリで削り、磨くことに作業の大半を費やす。驚いたのは、刃だけではなくハンドル材で覆われる部分も薄く削ること。ラブレス師匠から受け継いだ、マスプロ製品にはない技法だ。「刃と枝の重心をとるためだと思うけれど、(ラブレスは)聞く前に亡くなっちゃった」

見えない部分にも気を配る。なんてていねいで、やさしい仕事なのだろう。
「カスタムナイフは自分みたいな年寄りのナイフメーカーに頼まないほうがいいかもね。生涯保証の世界だから、10年、20年使って当たり前。直したいのに、いないじゃ困る(笑)。 使い方が悪くて壊れた場合は別だけど、面倒見ますよ。使ううち、刃先がちびるでしょ。そうしたら研ぎ直して、第二の人生をプレゼントします」

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 道具・ギア
  • 【オーダーメイドナイフ】女子だって「一生モノ」のナイフがほしい!

関連記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿写真

『 道具・ギア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。