焼き杉で作るポータブル箱火鉢 | BE-PAL - Part 2

焼き杉で作るポータブル箱火鉢

2015.11.07

1.外箱を組む

DMA-_DSC3835
DMA-_DSC3829
スギ板を切り同面となる2枚をつなぐ。接合部2か所に隠し釘を打ち、釘の頭をペンチで折る。

DMA-_DSC3840
上接合面に木工用接着剤を塗り、つなぐパーツに打ち付ける。平面に置いたほうが打ちやすい。

DMA-_DSC3932

 

各パーツ(側板、底板、ふた)を作ったら、バーナーでまんべんなく炙って炭化させる。

DMA-_DSC4015

熱が取れたら、ワイヤーブラシでこすって、黒い炭の部分をこそげとる(木目が現われる)。

DMA-_DSC4031

各パーツを組み立てる。釘を打つ部分にあらかじめドリルでガイド用の穴をあけておく。

DMA-_DSC4042

まず側面を組み立てる。長い辺と短い辺を組み合わせて打ち付けるとすき間なく箱形になる。

DMA-_DSC4056

最後に底を打ち付けたら、上側には縁の幅に合わせて細く割った黒竹を打ち付け補強する。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。