人気YouTuber「さばいどるかほなん」が山でテーブルやカトラリーを自作! | BE-PAL

  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 人気YouTuber「さばいどるかほなん」が山でテーブルやカトラリーを自作!

人気YouTuber「さばいどるかほなん」が山でテーブルやカトラリーを自作!

2020.10.14

 

image

山の材料で 作りました!

山のダイニングテーブルを自分で作ろう!

「自由に遊べる場所が欲しかったんです。この春から、下草を刈ったり、木を倒したり、今はここを開拓しています」

人気YouTuberさばいどるかほなんが山を買った。自ら切り開いたというテントサイト程度の広場で、まずはテーブル作りから。

「材料は、チェーンソーで切り倒した木からサイズの近いものを集めました。ノコギリで長さを揃え、枝を払い、皮を剥いて、麻紐で縛るだけ」

土を掘り、脚の高さを揃え、木がずれないように丁寧に麻紐で縛っていく。ロープワークもお手のもの。どうせなら、と食器作りにもチャレンジ。彫刻刀を使わず、手慣れたナイフさばきでスプーンを作る技はお見事。

今度は「じゃ、釣りしま~す」と近くの渓流へアマゴ釣りに出かける。アマゴ2匹を釣り、河原でさばいて秘密基地へ。

自作の串にアマゴを刺し、焚き火で焼く。ある程度焼けたら、朴葉の上に自分で調合した味噌だれを塗り、アマゴを載せて、軽く煙があがったら飛騨高山の郷土料理=朴葉味噌の完成だ。

「いっただきま~す。淡白なアマゴの白身に、甘くて濃いめの味噌がよく合います」

その土地にある材料で作るダイニングテーブル。「自然と深く調和できますよ」

愛用の道具

image

この日使った愛用の道具。右から、焚き火台、トング、ファイヤースターター類、網、グローブ、麻紐、ナイフ、ノコギリ。

image

魚さばきからバトニングまでこなせるキクナイフ×さばいどるのコラボナイフ。88,000円(税込)。

image

「低い位置に火を作れるので、魚を焼くには便利です」というブッシュクラフトインクの焚き火台。

廃材を使ってテーブル作り

所要時間 約30分

材料

image

所有する山の木をチェーンソーで切り出した際に出た廃材を利用。拾った木を使う場合には、長さが同じぐらいのものを集めるとよい。

STEP1

image

木の長さをノコギリで揃えたら、手に刺さりやすい枝や皮をナイフで払う。

STEP2

image

地面が平らではないため、4本の脚の高さは、細い廃材で土を掘って調整する。

STEP3

image

足場が決まったら、一度、天板になる材料を置いてみて、大きさや場所を調整する。

STEP4

image

天板にする木は麻紐を使って、2本巻いては1本戻るようにしっかりと縛っていく。

完成!

image

できたよ〜

廃材からテーブルが完成。釘を使っていないから、分解も簡単。使用後は薪にできる。

1本の木を箸とスプーンに変える

所要時間 約120分

材料

image

1本の廃材を半分に割って、スプーンと箸を作る。なるべくまっすぐな木を用意する。

STEP1

image

薪を割るバトニングの要領で、木材を細くする。半分が箸になる。

STEP2

image

箸らしい太さになるまで、数回バトニングを繰り返す。最後は2本に。

STEP3

image

あとはナイフで表面を削って仕上げていく。お箸は5分ほどで完成した。

スプーン

STEP1

image

スプーンの先の部分を残すようにノコギリで左右から切れ目を入れる。

STEP2

image

柄の部分の両脇の不要な部分は、切り込みまでバトニングでスパンッと。

STEP3

image

あとはスプーンの形に削る。ナイフのみで削ると、2時間はかかる。

完成!

image

自分の山で拾った廃材を使って、ナイフとノコギリだけで作った箸とスプーン。手作り感満点の無骨さが素敵だ。

image

スプーンも作ってみてね

アマゴを朴葉の味噌焼きに

所要時間 約20分

釣り道具

image

昨年から始めて、「すっかりハマってます」という渓流釣り。シンプルな餌釣りでアマゴを狙う。

image

警戒心が強いアマゴに見つからないよう岩の陰に隠れ、餌を落とす。

STEP1

image

米味噌、砂糖、ネギ、酒を和えたかほなん特製の味噌だれが味の決め手。

STEP2

image

アマゴは、塩を振らずに串焼きに。串も枝を削って自作したもの。

STEP3

image

拾って保管していた朴葉は水に浸し、味噌だれ、アマゴの順で載せて焼く。

image

とっても おいしいよ~

さばいどる
かほなんさん

サバイバルするアイドルで「さばいどる」。所有する山にこもり、YouTube「さばいどるチャンネル」で配信中。初の著書も発売開始。

※構成・撮影/山本修二 
問い合わせ先 KIKU KNIVES http://kikuknives.jp/

(BE-PAL 2020年8月号より)

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自作・DIY
  • 人気YouTuber「さばいどるかほなん」が山でテーブルやカトラリーを自作!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。