YouTuber『winpy-jijii』のキャンプで使える100均便利グッズ4選

2020.07.23

私が紹介しました!
YouTuber
winpy-jijii
1950年大阪生まれ。定年退職後に奥様と出かけたアウトドアや旅の思い出を残そうとYouTubeに動画を投稿。やがてアウトドアで役立つ情報などを公開するうちに、「ニベア缶の磨き方」というテーマの動画がブレーク。一躍人気YouTuberに。現在も週に1本のペースで、キャンプ、料理、愛車の改造、100均グッズのアイデアなどをテーマにした動画を公開している。著書『Life is Camp winpy-jijiiのキャンプスタイル』(玄光社)。YouTube『winpy-jijii』

わずかな工夫とアイデアで100均グッズが便利なアウトドアギアに変身する 

そのまま使うもよし、少しいじるのもあり、そして、まったく別の用途に使ったり。ジジイさんの100均グッズ使いこなしアイデアの一部を紹介する。

100円ショップを探訪し、使えそうなものはないかを物色する日々 

2020年7月現在、チャンネル登録者数18万人を誇るwinpy-jijiiことジジイさん。 ご自身で購入したアウトドアグッズのレビューやちょっとした改造、料理など、オリジナルの情報をほぼ毎週YouTubeで公開している。今回は、ジジイさんの人気コンテンツから、「100均で買った便利グッズたち」をピックアップ。果たして、どんな便利な小物があるのだろう?

「100均は、ほんとに昔から大好きでした。なんか、使えるものはないか?って、行くたびに、端から端まで歩いちゃうんです。近所のダイソーやセリアには、週に何回も足を運んでますよ」

ジジイさんのスタジオ兼自宅には、数々の100均グッズが置かれていた。買ってそのまま使えるものはもちろん、見た目にもこだわって、自分らしくひと手間加えて使っている商品も少なくない。

「キャンプするときに便利なものを、お金をかけずに自分の手を動かして作る。そんなときに、やはり100均は便利に使えます。まったく別の用途に作られたものでも、案外、使い勝手がよくなったり、アイデア次第でね。自分だけしかもっていないモノ、他人より優れたモノができあがったら、それは楽しいもんですよ」

そこで、これまで100均で仕入れたお気に入りのグッズたちを紹介してもらった。

1.セリアの食器バンド

比較的新しくラインアップに加わったセリアの食器バンド。伸縮性も高く、まとまりもよい。多くのキャンパーの定番アイテムになるに違いない。

「クッカーを持ち運ぶときや、キャンプ用の皿を運ぶときに、上手に積んでも、クルマの中で、カチャカチャと音がする。あれが気になってたんです。これはシリコーンゴムでできた三つ又のバンドなんですが、まあ便利。皿でもクッカーでも、同じようなサイズのものを重ねて、このバンドをかけるだけ」

サイズは、6㎝と9㎝の2種類があって、小さな方はシェラカップにもピッタリという。

「クッカーを持って登山に行くときにも、ザックの中で音がしないから、これは使った方が絶対に快適。昔は、本屋に行くたびに、本棚に並べる前の本に、同じようなバンドが使われていて、それが欲しかった。店員が外し忘れるのを期待しつつ、立ち読みするふりをして、そっと見ていたんですが、結局いつも外し忘れない。だから手に入らなかった。それが、ようやく100均で見るつけて手に入って、ほんまうれしいです」

色はグレーと黒があり、ジジイさんは、初見で6個購入して愛用しているそうだ。
「黒いバンドはホコリが目立つのでグレーがおすすめ」だそうです。

2.ダイソーのケーブルタイ

トラベル用を意識しているため、おしゃれな感じのロゴがプリントされた面ファスナーのケーブルタイ。LEDライトを吊るすためにあるようなサイズ感だ。

「これはダイソーで買ったんかな。ヘッドホーンのコードやスマホの充電器のコードなどをぐるっとまとめる面ファスナーのストラップです。たしか4本くらい入ってたかと。長さは15㎝ほど。これをいつも使っているLEDのランタンに着けたら、ほんと便利になりましたわ」

ジジイさん愛用のLEDランタンは、ロープなどに吊り下げるためのフックがついている。これが、細いロープにはかけやすいものの、自動車の中にセットしたポールには入らず。車中泊の際に不便で、思い付いたのが、このケーブルタイを使って吊るアイデアだったという。

「本来の用途とはちゃいますが、テントのポールにも吊るせるし、これは数本持っていると、色々使えて便利なんとちゃいますか」

車中泊用に様々な仕掛けが施されたジジイさんの愛車。インナーラックにLEDライトを吊り下げるジジイさん。

ちょっとした工夫で、今あるものモノをさらに便利にするのがジジイ流。これで車中泊が格段に快適になったそうだ。

3.セリアの小物ケース

スタイリッシュなjijiiオリジナルブランドの小物入れとランタンケース。じつは…。

「スパイスや小さなランタンなんかを入れるカッコええケースがないか? って探していて見つけたのが、このセリアの小物ケース。これ、色がアウトドアっぽくてええんちゃうかな。でも、そのまま使うのもなんだな、と思ってちょっとだけ細工をしてみました」

落ち着いた色調のケースのフタには、ジジイさんのロゴが!聞けば、元々あったロゴを耐水紙やすりで丁寧に落とし、カッティングマシーンで自作したオリジナルのロゴステッカーを貼って完成させたそうだ。最初からこんなオリジナル商品が売られているようにしか見えない出来栄えである。これこそが、ジジイさんお得意のチョイいじりテクニックだ。

ランタンケースとして使用するケースには、何かの包装に使われていたスポンジを利用した、衝撃吸収対策も施されている。「これだけで、移動中の破損や嫌な音も防げます」とジジイさん。さすがです。

4.ダイソーのアクティブポーチ

ほんのひと手間を加えるだけで、100均グッズに高級感が加えられるから不思議だ。

「これは、化粧ポーチとして売られてるもんです。そのまま使っても便利なんですが、色も何色かあったんで、ファスナーの色と合わせたストラップをつけてみました」

またしても最初からこの状態で売られているようにしか見えない小細工だ!

「材料は、細引きロープ。それにジッパータブのプラスチック部品。これは、アウトドアショップやホームセンターで買ったものです。作り方は、細引きロープを切って、ファスナーの穴に通し、タブをパチンて留めるだけ。簡単でしょ」

 ジッパーの色に合わせたジッパープルをつけるだけで、100均のポーチが、アウトドアブランドのポーチのように高級に見えるから不思議だ。ジジイさんは、歯ブラシなどの洗顔セット入れ、ライト類など用途によって色を変えて使い分けている。「同じサイズのものだと、収納も便利やし、色が違えば一目で何が入っているかわかるし、ええんちゃいますか」

 ちょっとしたアイデアと、わずかに手を加えるだけで、100均の商品が、魅力的な自分だけのオリジナルグッズになる。すぐにでも真似してみたくなるアイデアばかりだ。いくつかの情報は、YouTubeでも公開されているので、そちらも参考に、ぜひご自身のキャンプ道具に加えてみてはいかがだろう?

アウトドアで使える便利なアイデアを提案するジジイさん。次なるアイデアにも期待しています!

構成/山本修二

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着ユーザー投稿写真

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事