キャンプで世界の料理!ほったらかしで出来るしっとりポッサム(韓国茹で豚) | BE-PAL

  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • キャンプで世界の料理!ほったらかしで出来るしっとりポッサム(韓国茹で豚)

キャンプで世界の料理!ほったらかしで出来るしっとりポッサム(韓国茹で豚)

2021.09.05

季節ごとの食をdelivery華表由夏の子どもと作るキャンプ料理「キャンプで世界の料理!ほったらかしで出来るしっとりポッサム(茹で豚)」

キャンプの肉料理といえば、バーベキュースタイルで焼くかダッチオーブンでの煮込み料理が定番。
美味しいけれど炭の火力が思ったよりも強く、気が付くと焦げちゃった!なんてことも。(わたしだけ……?)

意外とキャンプではやらない、茹で豚はいかがでしょう?
お鍋に入れたら、ほったらかし。手順も簡単。ゆで汁もスープになるので自然にもやさしい、実は外あそび向けの料理なんです。

今回は、野菜もとれるように、葉野菜でくるむ韓国風のレシピをご紹介。 
葉野菜は、サンチュ、レタス、大葉、えごま、なんでも手に入りやすいものでオーケー。調味料はいろいろあると楽しいです!
塩、レモン、柚子胡椒に、味噌、スイートチリソース、ゴマ油など。冷蔵庫に眠っている調味料を総動員して、エンジョイしてくださいね。

わたしは白米が大好きなので、お米も一緒にくるんで食べてます。サンチュにお米をひとくち、茹で豚にゴマ油をちょんちょんとつけて、塩をぱらり。キムチも一緒にくるんで、ぱくっと食べるとおいしいですよ~!
バジルとスイートチリソースの組み合わせもおすすめです。いろいろ試して、自分好みの味を見つけるのも料理の楽しみのひとつですね。

材料

・豚かたまり肉 500gくらい
(豚肩ロースまたは豚バラなど脂身のあるものがおすすめ)
・塩小さじ1くらい
(5g、肉の1%)
・ニンニク3かけ
(煮崩れ防止のために皮ごと)
・ショウガスライス 2~3枚
・酒 50~100cc
・葉野菜いろいろ
(サンチュやレタスなど)
・香りのある葉野菜 いろいろ
(大葉、エゴマの葉、バジル、パクチー、ミントなどお好みで)
・お好みの調味料
(塩、味噌、レモン、コチュジャン、スイートチリソース、ゴマ油、柚子胡椒など)

作り方

茹で始める30分くらい前に、豚肉を室温に出しておく(※外の場合は直射日光が当たらないように注意)。
豚肉の表面の水分を拭いてから、豚肉全体に塩をすり込んでしばらく置く。

茹で始める前に、再度豚肉の表面の水分をふく。
塩を使うことで、肉の臭みとりや旨味を引き出してくれる効果があります。

鍋に豚肉を入れ、豚肉がかぶるくらいの水、酒、皮つきのニンニク、スライスしたショウガを入れて火にかける。お酒の香りが苦手な方は、お酒少なめで大丈夫!

沸騰するまでは中火で、灰汁が出たらとる。灰汁をとったら火を弱める。豚肉が水面から出ないように、足りなくなったら都度足しながら、ゆらゆらするくらいの火加減で茹でる。
大きさにもよりますが、大体40分強くらい。一度くらいは、豚肉の上下をひっくり返してあげると良いです。

中まで火が通ってるか確認する(※中心に串を刺してみて、透明な脂が出て来たら、火がきちんと通ってる。赤みがかっていても透き通っていれば大丈夫)。
火が通っていたら、鍋のまま手で触れるくらいの温度になるまで冷ます。
すぐに切るとおいしい肉汁まで流れてしまうので我慢!

5ミリくらいにスライスして、お好きな葉野菜と調味料で召し上がれ。ニンニクは皮を剥いて、フォークなどで潰せば美味しいペーストになるので、ぜひ試してほしいです!
ゆで汁は塩味を足してスープにしたり、ラーメンをつくるときに使うと美味しいですよ。

 

料理家
華表由夏(とりい ゆか)
青森生まれ、東京育ち。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のレシピ開発や広告のスタイリング、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。
この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 料理・レシピ
  • キャンプで世界の料理!ほったらかしで出来るしっとりポッサム(韓国茹で豚)

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。