採って食べよう!インスタントフォーで山菜とハーブのしゃぶしゃぶ | BE-PAL

採って食べよう!インスタントフォーで山菜とハーブのしゃぶしゃぶ

2021.05.01

季節ごとの食をdelivery華表由夏の子どもと作るキャンプ料理「採って食べよう!インスタントフォーで山菜とハーブのしゃぶしゃぶ」

待ちに待った山菜シーズン。

だんだんと山菜を見かけるようになってきました。例年ならば山菜採りに出かけるのですが、今年はまだ遠出ができない状況なので、身近で手に入るものを楽しんでいます。

山菜採りで思い出すのが、韓国で山菜料理を教わったときのこと。藤の花をつんで、その場で天ぷらを揚げてくれました。ふわっと甘い香りがして、まるでお城でご飯を食べてるような気分に。

どこの国にも、身近に採れるものを食べる文化があるんだなーと実感!ほかにも、摘みたての山菜のナムルも食べました。韓国語で春は「ポム」春野菜のナムルのことを「ポムナムル」といいます。なんだか可愛いですよね。

山菜は下ごしらえに手間がかかるものも多いですが、さっと食べられるものも色々あります。例えば、こごみやうるい。なんとなく和風メニューを想像しがちですが、エスニックも合いますよ。山菜と一緒にハーブも入れて、インスタントのフォーを使えば簡単にエスニックしゃぶしゃぶが楽しめます。レモンがあるとグッとエスニック感が増すので、ぜひ入れてみてくださいね~!

材料

インスタントフォー 1袋
レモン 1/2~1個
粒胡椒 小さじ1
好みの山菜やハーブ
・うるい
・パクチー
・レモンバーム
・バジルなど
牛肉 150g

作り方

メスティンにインスタントフォーに記載してある分量の水を入れ、沸騰させる。粉末スープと、粒胡椒、レモンは1~2

まずは、しゃぶしゃぶから。牛肉で山菜、ハーブをまいて食べるのがおすすめ!

〆は麺を入れて。牛肉からもいい出汁がでて、インスタントフォーがさらに美味しくなります!
ほかにも、山椒や、根三つ葉など、手に入りやすい山菜でおためしくださいね。

撮影/西山輝彦 https://www.plog.tokyo/blog

料理家
華表由夏(とりい ゆか)
青森生まれ、東京育ち。地図好きがこうじて世界の郷土料理を出すお店を営む。その後、飲食店のレシピ開発や広告のスタイリング、料理教室などに携わる。『こどもDIY部』で子ども向けの教えない料理教室“タベルノクラス”を開催している。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。