キャンプや登山ご飯に!簡単で美味しい鯖缶カレーうどん

2021.03.16

私が書きました!
「喫茶・喫酒おまめ」店主
坂田伊都子
福岡県で「喫茶・喫酒おまめ」を経営。四国出身の元ランナー。実業団で陸上部のマネジャーを務めたあと、京都から福岡に移住し「喫茶・喫酒おまめ」をオープン。休みの日は福岡近辺や九州県内の山を登山してまわるのが趣味で「おまめ登山部」としての活動も。メンバーと一緒に山で簡単に作れる料理が好評。

少しずつ春めいてきましたが、アウトドアで過ごすにはまだ気温が低い時もありますよね。そんなときは、温かいアウトドアご飯がぴったりです。今回は、鯖(サバ)の缶詰を使ったカレーうどんの作り方をご紹介します。

鯖缶カレーうどんの作り方

<材料>(2人分)

・鯖水煮缶 1個
・ミニトマト 1パック(他の野菜でも可能)
・うどん 2玉
・カレールー 2~3片
・にんにくチューブ 適量
・しょうがチューブ 適量
・煮卵(トッピング用お好みで)
・お湯 400~500ml(ボトルで持参)

<作り方>

前日
1.ミニトマト、煮卵を半分にカットして容器にいれておく。

当日
1.クッカーに鯖缶を汁ごと全部入れて身をほぐし、ミニトマトを入れる。

2.グツグツしてきたらにんにくチューブ、しょうがチューブを回し入れる。


3.お湯を入れ、沸騰したらカレールーを入れる。


4.とろみがついたらうどんを投入して、完成!

最後にお好みで煮玉子を乗せてお召し上がりください。

ポイント

冬や風が強い日などにオススメなのが、保温ボトルにお湯を入れて持参することです。寒い日にガスバーナーで最初からお湯を沸かそうとすると、時間もかかり、燃料の減りも多くなります。お湯が沸くのを待っている間に体も冷えてしまうので、あらかじめお湯を持参して、それを熱するほうが効率的です。お湯から調理するだけで時短になりますので、寒い季節はぜひトライしてみて下さい。

今回ご紹介したレシピはカレーを事前に仕込む必要もなく、とっても簡単なので、準備の時間がない日などに最適です。ぜひキャンプや山頂で作ってみて下さいね。

今回は、福岡県にある宮地岳と在自山を縦走して、自然のパワーを頂いてきました!

※地域の新型コロナウイルス感染状況に注意し、ソーシャルディスタンスをとって、アルコール消毒などを含む対策を心がけてください。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿記事

『 料理・レシピ 』新着ユーザー投稿写真

『 料理・レシピ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。