2018.05.12

【アウトドア試乗レポート】安全・快適装備をアップデート!ストレスフリーな「 ゆったり系ワゴン」スバル/レガシィ アウトバック

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

新設定色も美しい!
自然に溶け込むスタイリング

記者・櫻井&編集・沢木による試乗レポート。今回は、スバル/レガシィ アウトバック編です。

沢木 最近、SUVを見かけることがホント多いですね。
櫻井 選択肢が増えたのはうれしいけど、一方で押され気味なのが、乗用車感覚で乗れるステーションワゴン。
沢木 その点、スバルは今回テストしたレガシィ アウトバックをはじめ、レヴォーグ、クロスオーバーモデルのXVと豊富な品ぞろえですよね〜。
櫻井 なかでもステーションワゴンらしい奥行きのあるラゲッジを備えているのが、レガシィ アウトバック。
沢木 ひとまわり小さいレヴォーグと比べて、5人乗車だとラゲッジの奥行きはほとんど差がないけど、後席をたたんだ状態ではレガシィ アウトバックのほうが34㎝も長いんですね〜 !
櫻井 椅子やテーブルの積みやすさにも影響するし、自転車を積む人にとって、この差はすごく大きいんだ。
沢木 ただ、大柄なレガシィ アウトバックは、狭い場所での取り回しに気を使うんじゃないかと…。
櫻井 確かに全長4820㎜、全幅1840㎜のサイズは初めて乗ると「ちょっと大きいな…」と感じる。でも、意外とすぐに慣れるよ。
沢木 見切りがいいから?
櫻井 そう。鼻先は真下に向かって落ちているし、ロードクリアランスが高いから、横や斜め後ろもよく見える。

がっつり積みたい人もこれなら安心!

後席をたたんだ状態での奥行きは1,974㎜。SUVでは味わえない広さだ!

残念なのが後席の収納で、60:40のまま。真ん中だけを倒して長尺物が積める3分割式にしてほしい。

ホイールハウス間のラゲッジ幅は1,080㎜。大柄なぶん、積載能力はピカイチだ。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket