広くて走れる「デリカD:5」は最強のファミキャンギアだ!【PR】 | BE-PAL

広くて走れる「デリカD:5」は最強のファミキャンギアだ!【PR】

2021.10.07PR

さまざまなソト遊びを取材・実践するBE-PALの編集部員、早坂。今回はデリカD:5に乗り、妻と小学1年と4年生の愛娘と晴天のフィールドへ参上! 秋の風が気持ちいい~! 見晴らしが良く、周囲の障害物を見つけやすいからデリカ D:5は、フィールド内の走行も快適。風の通りと、景色が良い場所を見つけた早坂一家は、さっそく設営の準備に。

遊び道具もたっぷり積めて、家族4人のソト遊びは大成功!

ソト遊びが生活の一部になっている早坂家にとって、クルマ選びは重要なポイント。

「僕がギアを買い足し荷物がどんどん増えてしまうのと、娘たちも大きくなって、車内はどんどん手狭に……。そんなこともあって、デリカD:5は以前から気になっていました。愛用のギアを積み込んで、使い心地をリアルに体験しに来ました!」

何より快適だったのは、ラゲッジルームへの積載。「床がちょうどいい高さで積み下ろしがしやすく、左右に跳ね上げた3列目シートの出っ張りに沿って積むことで荷崩れもしにくい。だから積載で悩むことがなく、とってもイージー!」

キャンプ場までのドライブ中の会話もいつになく弾んだ。「娘たちはずっと上機嫌にはしゃいでいました。車内に開放感があって、よほど居心地が良かったんじゃないでしょうか」

デリカD:5の2~3列目シートは座面や背もたれが大人でも余裕のある大きさで、クッションも厚い。人に優しい設計だ。

「普段、3列目を使う機会は多くないでしょうが、キャンプでは便利。背もたれを寝かせて、たたんだ2列目とつなげれば、広くてフラットな空間に。テントを設営している間の、子供の休憩場所にも十分なりますね。ウチより小さなお子さんのいるファミリーにとっては、大きなメリットがあるのでは?」

そう話しながら、妻のいづみさんとキャンプサイトを完成させた。自転車で遊んでいた沙也葉ちゃんと野々葉ちゃんも駆けつけ、お昼ごはんに。

「今は整備されたキャンプ場が多いですが、娘たちがもう少し大きくなったら、もっとワイルドな場所にも行きたいです。SUVに匹敵する走破性を誇るデリカD:5なら、我が家の将来も明るく照らしてくれます!」

唯一無二のアウトドア・ミニバン、デリカD:5は、最強のファミキャンギアだ。

未舗装路でもスムーズに走れる!

クリーンディーセルエンジンの豊かなトルクで走るデリカD:5。3つの走行モードを備えた4WDシステムで安心!

1列目シートの背面はポケットが充実。子供の遊び道具やスマホをイン。

子供用のMTBも余裕で積めるラゲッジルームは積載のしやすさが魅力。

家族4人の荷物を楽々収納!

テールゲートを日除け代わりにベンチとしても使える。楽しい時間の始まり!

テントの設営にも心が弾む!

ペグ打ちはお任せ!

デリカD:5での快適なドライブは、キャンプ場に着いてからのやる気をアゲてくれる。パパとママがテントを設営している間、子供たちはフラットにした車内でゲームに興じる。

焚き火の準備はお任せあれ~

早坂家のキャンプは焚き火が定番。入念に研いだアウトドア用ナイフで薪を削る。

デリカD:5なら、遊び道具をもれなく積んでいける。疲れ知らずの子供たちの遊びが加速する。

デリカD:5なら余裕のあるキャンプが楽しめるんです!

デリカD:5は広い室内空間に加え、走行中の静粛性や8A/Tの滑らかな変速などによる快適な乗り味が特徴。ドライブで疲れを感じにくいから、キャンプにも余裕が生まれる!

三菱/デリカD:5 P8人乗り¥4,387,900

●全長×全幅×全高:4,800×1,795×1,875mm
●最低地上高:185mm
●最小回転半径:5.6m
●車両重量:1,980kg
●駆動方式:4WD
●エンジン排気量・形式:2,267cc 直列4気筒ディーゼルターボ
●最高出力:107kW(145PS)/3,500rpm
●最大トルク:380Nm/2,000rpm
●トランスミッション:8速スポーツモードA/T
●燃料種類:軽油
●燃費(WLTCモード):12.6㎞/L

提供/三菱自動車 0120-324-860
https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/index.html?intcid2=BP_d5_202110_na

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿記事

『 SUV・ミニバン 』新着ユーザー投稿写真

『 SUV・ミニバン 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。