「Blue Green Fes」に行ってきました!

こちらのグループは、キャンプの計画をしていたらたまたまイベントと同じ日程だったという事が判明。仲間とのキャンプだけじゃなくイベントも楽しめてラッキー♪

  • こちらのグループは、キャンプの計画をしていたらたまたまイベントと同じ日程だったという事が判明。仲間とのキャンプだけじゃなくイベントも楽しめてラッキー♪

10/1-2 滋賀県高島市で開催。
関西最大級アウトドアフェス

こんにちは!
関西在住カメラマン福田です。

10/1~2に滋賀県高島市の
マキノ高原キャンプ場とマキノサニービーチ高木浜で
開催された「Blue Green Fes」に家族で行ってきました。

「アウトドアを高島で!」をキャッチフレーズに
高島市を関西アウトドアの聖地にすべく、
びわ湖高島観光協会が立ち上げたイベントです。

bluegreenfes

 

関西でも少しずつアウトドアイベントが増えていますが、
実際にキャンプを楽しみながら遊べる
大規模イベントはまだまだ少ない。

そんななかで誕生した期待のイベント「Blue Green Fes」は、

とにかくアクティビティが多いのが魅力です。
SUP、SUPヨガ、カヤック、マウンテンバイク、熱気球搭乗会
メーカーブースの体験、試食会などなど。
森、里、湖がコンパクトにそろう高島だからこそですね。

 

ちなみに高島といえば、ハイカーのあいだでは

日本有数のロングトレイル「中央分水嶺・高島トレイル」が有名。

今回の会場も、高島トレイルのスタート地点、

国境高原スノーパークにほど近い場所になります。

 

会場はハイランドエリア(高原サイト)と
レイクエリア(湖)に分かれていて、
それぞれ20種ほどのアクティビティや
ワークショップが開かれていました。

夜にはステージでアイリッシュバンドの音楽が流れ
絵本の朗読会やナイトシアターまであります。
しかもそのほとんどがチケット代
(一日券=大人2,500円・子供1,000円)に含まれており、
当日はほぼ無料で遊べるのが嬉しい!

 

子供を連れていると、親を悩ます
「あれもしたい! これもしたい!」問題。
有料だと、つい「どっちがしたい?」 
なんて頭を悩ませることになりがちだけど
ここの場合、どのアクティビティも無料だから、
「行ってこーい!」と太っ腹に送り出せるのです。
一日券と二日券があったのですが
「一日では遊びきれない!」という声にも
うなずける内容でした。

bluegreenfes

こちらのグループは、キャンプの計画をしていたらたまたまイベントと同じ日程だったという事が判明。仲間とのキャンプだけじゃなくイベントも楽しめてラッキー♪

bluegreenfes

笑顔が可愛い爽やかカップル。「全部楽しむには一日じゃ遊びきれない!」と、次回にも参加意欲満々でした!

BLUEGREENFES

よくキャンプに出かけているというアウトドア大好きファミリー。今回が一回目の「ブルーグリーンフェス」が、どんな感じか分からずやってきた!

bluegreenfes

お父さんがBE-PAL愛読者で、BE-PALを見て育った息子家族もアウトドア好きに! 娘さんはスラッグラインに夢中でした!

bluegreenfes

やんちゃ兄妹を連れて遊びに来たという仲良しファミリー。子供たちもめいっぱい遊べて大満足!

bluegreenfes

お友達家族と共にブルーグリーンフェスへ。子供も楽しめるアクティビティは家族連れにぴったり!

個人的には「セコイヤチョコレート」の
メーカーブース『古田製菓』に、
テンションが上がりました。
小さいころ、父について行っていた床屋さんで
髪を切ってもらったら帰りに必ず
「セコイヤチョコ」をもらっていたのを思い出します。。。
私の中では今も昔も「セコイヤ=床屋さん」なんです。

懐かしの「セコイヤ」!

懐かしの「セコイヤ」!

でも、「セコイヤ」が、なぜこの滋賀で?!

じつはマキノピックランド付近からマキノ高原にかけて、
総延長2.4kmの区間に約500本ものメタセコイアが並んでいて、
マキノ高原へのアプローチ道として、読売新聞社の

「新・日本の街路樹百景」にも選定されているのです。
そんなわけで、マキノ高原限定パッケージの
「セコイヤチョコレート」が発売されることに。
それに伴い、試食用サンプルが無料配布されていました。

みんな大好きチョコレート。
子供たちは他のブースには目もくれず
「セコイヤ」めざしてダッシュです。
もしかしたら、このイベント中、
いちばんテンションが上がっていたかもしれません。。。

 

bluegreenfes _DSC7758

 

初回の今回は、「とりあえず一日券で」
というお客さんが多かったせいか、
夕方以降は人が落ち着いて
キャンプサイトも混雑するでもなく、ゆったり過ごせました。
キャンプ場内には嬉しい温泉施設もあり、終始快適でした。

 

キャンプ、フェス初心者や、子供のキャンプデビューに
もってこいのイベントですね。
大人も子供も大満足で帰れるイベントではないかと思います。
今後が楽しみな、頑張ってほしいイベントでした!

 

◎文・写真=福田磨弥