80年代の人気BMXが復刻!タイヤやウェアの新製品も登場。2022年の自転車シーンの動向は? | BE-PAL

  • ホーム
  • 自転車
  • 80年代の人気BMXが復刻!タイヤやウェアの新製品も登場。2022年の自転車シーンの動向は?

80年代の人気BMXが復刻!タイヤやウェアの新製品も登場。2022年の自転車シーンの動向は?

2021.10.13

BMXの代名詞ともいえるブランド『mongoose』からは、80年代の人気車をモチーフにした新製品が登場。

コロナ禍の新製品展示会。2022年、自転車業界の近未来をみた

長引くコロナ禍の影響で、生産工場の停止や原材料の調達が滞り、自転車業界全体の生産体制が厳しい状況に陥っている。その結果、日本国内でも「欲しい自転車、必要なパーツが買えない」という状況が続いている。

コロナ前には、毎年8~9月には各メーカーが翌年モデルの新型を発表し、秋ごろから新製品が店頭に並んでいた。ところが、昨年、今年と、多くのメーカーの新製品展示会は、中止やオンラインに切り替えられてきた。そんななか、感染症対策を徹底することで開催にこぎつけた『モトクロスインターナショナル』の展示会に出かけてみた。

愛知県名古屋市に本拠地を置くモトクロスインターナショナルは、アメリカを中心としたスポーツバイクと関連商品を扱う輸入代理店だ。1979年の創業時から『mongoose(マングース)』というBMXのパイオニアブランドの取り扱いからスタートし、のちに『HARO』『SURLY』『SALSA』など個性が光るブランドを広く取り扱っている。空気の循環がいい倉庫と駐車場を使ったオープンスタイルで開催された展示会場には、ワクワクの新製品がズラリ並んでいた。

なかでも目を引いたのは、mongooseのクラシックコレクションだ。「カリフォルニアスペシャル」というモデルは、1980年代前半に販売されていたフレームデザインをオマージュ。メッキのフレームに、カラフルなパーツを組み合わせ、デカールやパッド類に至るまで、過去に発売されていたモデルに近づけている。

マングース/カリフォルニアスペシャルの価格は60,500円。

80年代に憧れたが当時、手に入れられなかった方はもちろん、新しいお洒落なご近所バイクとして普段使いするにもよさそうだ。

ほかにループテールというフレーム形状を採用した「スーパーグース」も登場。スーパーグースは、ガチのBMXレースを手ごろな価格でスタートするために80年代に生まれた超人気モデル。オリジナルモデルとデザインは異なるが、こちらもレトロなmongoose BMXのデザインを見事にリメイクしている。

「スーパーグース」は70,400円。11月ごろの入荷を予定している。

新ブランドのスタイリッシュなマルチツール

TOR/8PCマルチツールは、価格5,500円。

新しく取り扱うブランドとして、アメリカのハイエンドMTBパーツブランド『TOR(トア)』が紹介されていた。洗練されたデザインのハブ、ハンドル、リム、ペダルなどを取り扱うこのブランド。なかでも気になったのが、8種類の工具を極薄にデザインした「8PCマルチツール」。2.5、3、4、5、6mmアーレンキー、+ドライバー、T-20、T-25トルクスというMTBツーリング先で必要な工具を揃えている。

気になる新ブランドのグラベルタイヤ

バイク全体の雰囲気を大きく変えられるスキンサイドのバリエーションも多くラインナップ。

2020年から正規輸入代理店として取り扱いを開始したという『テラベイル』のタイヤは、グラベルバイク用、MTB用を中心にラインナップ。SURLYやSALSAを傘下に置く『QBP』のオリジナルブランドだけに、品質や価格にも期待できる。

写真の「スパーウッド」というモデルは、27.5、29インチ用のグラベルタイヤ。しなやかなコンパウンドで上質な乗り心地と林道でのグリップ力に優れる。軽量化を狙った「ノーマルモデル」7,700円のほかに、耐パンク性能を追求した「デュラブルモデル」8,250円の2種類がある。デュラブルモデルなら、重いキャンプ道具を積んで走るバイクパッキングでも安心だ。

キャンプ場にも似合いそうなクルージングバイク

BMXを彷彿とさせるデザインのシングルスピード・クルーザー「THE TAJ(タジ)」。

完成車のニューモデルで気になったのは、『フェアデール』の「THE TAJ」。27.5×2.1インチのタイヤを履いたご機嫌なクルージングモデル。2022モデルの魅力はそのカラーリングにある。溶接跡が露骨に残るロウカラーのクロモリフレームにブルー系のクリアペイントを載せたスタイリッシュな仕上がりだ。BMXをルーツに持つブランドだけに、ストリートカルチャーの流行を上手に取り入れている。価格は、93,500円。こちらはすでに入荷済み。

このカラーリングがたまらない。

サイクリスト向けの機能性シャツ

MTBやグラベルバイクのユーザーに熱烈な支持を受けている『クラブライド』のサイクリングウェアでは、秋冬物が展示されていた。新しくラインナップに加わった「グリフィンフランネル」は、アウトドアシーンにもフィットしそうなデザインだ。伸縮性、速乾性に優れたポリエステル&スパンデックス生地を使用。開閉がラクなスナップポケットにより、風の流入をコントロールし、快適な温度を保てる。

クラブライド/グリフィンフランネルは、価格13,200円。裾の裏側にはサングラスなどを拭けるクリーナーが付いている。

「ヘリオスサンシャツ」は、肌さわりがサラサラの薄手のアウター。軽く通気性が良く、紫外線ブロック効果が高いので、使用期間が長いアイテムだ。サイクリングのみならず、ハイキングやキャンプのときにも役立ちそう。

ヘリオスサンシャツ、12,980円。こちらもメンズのみ。

女性用の「プルオーバーフーディー」も登場。ストレッチ性に優れたフランネル生地を使いかわいらしいデザインに。手を温められるハンドポケットのほかに、フロントには小物を入れやすいカンガルーポケットもあり。

女性用のプルオーバーフーディーは、価格13,200円。サイズは、XSから。

雪降る冬でも自転車で遊びたい人のために

これからの季節、とくに北海道や東北など、路面が凍結するエリアの方に向けた商品がスパイクタイヤだ。『45NRTH』は、冬用品専門ブランド。スパイクタイヤのほかに、-20度Cでも快適に走れる防寒ウェアやグローブなど、個性的なアイテムを揃えている。なかでもファットバイク用のスパイクタイヤは、北国の通勤サイクリストの必須アイテムというほど売れているそうだ。

北海道を中心に毎冬、驚くほどの数が売れているという45NRTHのスパイクタイヤ。

グラブダルは、グラベルバイクなどと相性がいい700x38Cサイズのスパイクタイヤ。2021モデルからパッケージが一新された。252本のスパイクが、凍った路面でもグリップ力を発揮する。ほかに650B仕様もあり。価格8,800円

気分が上がるデザインのソックス

オーストラリア発のグローブブランド『FIST』からはソックスが登場。鮮やかなカラーを使ったデザインがお洒落系サイクリストに人気。生地は、コットン、ポリエステル、スパンデックスの混紡で、ソフトな履き心地がいい感じ。

キュートなデザインのグローブで人気急上昇中の『FIST』。楽しいデザインのソックスも登場。価格2,552円。

ロードバイクを頂点とした日本のスポーツサイクリングシーン。しかし、ほんの少し視点を変えると、スタイリッシュかつ実用的なバイク関連グッズがまだまだあることを知った。今回紹介した商品が気になる方は、モトクロスインターナショナルのホームページから、お近くの取扱店を探して出かけてみて欲しい。

販売元

モトクロスインターナショナル
http://ride2rock.jp/

私が書きました!
ライター
山本修二
1963年東京生まれ、名古屋在住。自転車が得意なフリーランスライターとして、本誌を中心に25年以上東京で活動。2015年に名古屋へ移住し、スポーツバイクの輸入代理店でマーケティング広報を担当。2019年12月からライター活動を本格再開し、アウトドア遊びのパラダイス=名古屋からディープな情報をお届けします。著書『スポーツ自転車でまた走ろう』(技術評論社) http://yamabon.jp
この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自転車
  • 80年代の人気BMXが復刻!タイヤやウェアの新製品も登場。2022年の自転車シーンの動向は?

関連記事

『 自転車 』新着ユーザー投稿記事

『 自転車 』新着ユーザー投稿写真

『 自転車 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。