ニトリの「ジョイント人工芝」を敷いたら、ベランダで手軽におうちキャンプが楽しめた! | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナチュラルライフ

    2020.05.18

    ニトリの「ジョイント人工芝」を敷いたら、ベランダで手軽におうちキャンプが楽しめた!

    キャンプへ行けない日々が続くと、今まで以上に外で出かけたく人も多いのでは? 筆者もその一人。しかし、近場には緑があまりなく、デイキャンプをする場所もない。そんな人に、ベランダに人工芝を敷き、手軽なおうちキャンプをしてみてはどうか、と考えた。

    準備から購入、設置までをまとめたので、人工芝を検討している人は参考にしてもらいたい。

    いま人工芝を敷く人が増えているらしい

    ニトリ「ジョイント人工芝」1枚 ¥454+税、9枚入り ¥4,086+税

    今回購入したのは、ニトリが販売する「ジョイント人工芝」。30cm四方のマットをはめて敷く簡単な商品だ。芝はポリエチレンを使用しているが、直線状の2色のグリーン繊維とカールした褐色繊維を織り混ぜ、本格的な芝を表現している。

    水はけが良好になるようにメッシュ生地を採用。

    小さい脚を配置して水が抜けやすい設計に。

    芝丈は約40mmで、実際に触れると芝に負けないふかふか感!

    人工芝はマットタイプとロールタイプの2種類が主流で、後者は広げればすぐに敷くことができるが、ベランダなど限られたスペースの場所ではぴったりのサイズを見つけるのが難しい。そのため、マットタイプは都心に住む人を中心に人気を集めているそうだ。

    通販サイトを調べてみたところ、多くのショップで品薄が相次ぎ、商品の到着まで2週間を要するところもあった。

    まずはベランダのサイズを測る

    今回は片側のベランダのみ人工芝を敷く。

    では実際に人工芝を敷いてみよう。まずはメジャーを使ってサイズを測る。排水溝や柱、エアコンの室外機など動かせないものがあるので、それを抜いた有効面積(幅と奥行き)を調べる。

    実際にメモに書き出し、何枚必要かを確認。筆者は26枚あれば十分。

    商品が到着。公式の通販サイトで注文できるので便利。

    今回は26枚必要ということがわかったので、9枚入りを3箱注文。1枚が余る計算だが、もう片側のベランダで使用することにした。

    施工時間は30分ほど。行程はつける・芝を起こす、の2つ

    各パネルにはジョイント部品とくぼみがあり、それをはめていく。

    力がない人でも簡単にジョイントできるので、子供と一緒にやるのもいいだろう。

    はめる方法は簡単で、ジョイント部品をくぼみにはめるだけ。1枚を敷いたら、上から押してカチッとつけていく。この繰り返しだ。はめる際は軽く体重をのせるだけで問題ないので、女性や子供でもつけられるのが嬉しい。

    芝は一方向に流れているため、向きを間違えると見栄えが悪くなる。

    こちらが正しい向き。芝の流れを見ながら進めよう。

    少し硬めのブラシで芝を起こす。

    パネルの境目は円を描くようにブラッシングするときれいに整う。

    人工芝を敷き終えたら、次は横たわった芝を起こす作業。梱包されている芝は押しつぶされて届くため、芝が寝ている。これを整えることで、見栄えがよく芝らしいふかふかした状態になる。

    ポイントは、やや固めのブラシを使い、毛流れとは反対の方向に向けてブラッシングすること。筆者は短い豚毛のものを使用。ただし、強く起こすと芝を抜いてしまう恐れがあるため、あくまで軽く行うようにしよう。

    右がブラシをかけた状態で左がそのままの状態。境目がなくなり芝らしくなった!

    作業を始めて30分で完成! 本物の芝だと手入れが面倒だが、人工芝はメンテナンスが不要で、なおかつ化学繊維でできているので耐久性も高い。ベランダに出るときはいちいちサンダルなどを履いて出ていたが、これをつけたことで素足で気軽に外に出て、在宅ワークや読書などをするようになった。

    人工芝を敷く際に気をつけるべきこと

    素足でのると本物の芝のような感触。

    人工芝は手軽にアウトドア感を演出できる頼もしいアイテムだが、考えておかなければならないこともある。

    まずは費用面。今回は9枚入りを3箱購入したのは、費用は12,300円ほど。一方でマットタイプの芝生は、ものによるが安いもので10枚1束、1束500円前後で販売されている。今回は26枚必要なので、3束買ったとしても費用は1,500円で、じつにコストは1/10に抑えられる!

    また、人工芝は年中青々として風景が広がるが、一方で冬でも同じ景色が続くことになり、季節感を感じない意見もある。ベランダの外は雪が降っているのに、ベランダは緑の芝生……。その点をどうするかも考えたほうがいいだろう。

    さらに人工芝のマットタイプはカットができないため、サイズが合わなかった場合は別の場所で使うか保管することになる。ベランダの寸法を間違えたり予想外の敷けない場所が出たり場合のことも考えておこう。

    個人的には人工芝でプチアウトドアを満喫できて満足!

    思うように外出できないときに、人工芝を敷いていると気分も良くなった気がする。最近はキャンプ道具をベランダへ持ち出し、プチアウトドアも楽しんでいる。ちょっとでもアウトドア気分を味わいたい人は、試してみてはいかがだろうか。

    製品情報

    価格:1枚 454円+税、9枚入り ¥4,086+税
    サイズ(約):30×30×2.6cm
    重量(約):4880g

    ニトリの公式通販サイトはこちら
    https://www.nitori-net.jp/ec/

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    禁じられた熊狩りに挑む『プロミスト・ランド』ほか6月に観たい映画2選

    2024.06.15

    グルテンフリー&おいしい「ZENB(ゼンブ)」キッチンカーが東京、神奈川、千葉を巡回中

    2024.06.01

    富士山を望む絶景を独り占めできる穴場サイトをBE-PAL編集部員が発見!

    2024.05.07

    焚き火の「灰」を使って洗剤作りに挑戦!今日からできるSDGs的社会貢献とは?

    2024.04.28

    パスタの茹で汁、捨てないで!アウトドアでの驚くべき活用法があった

    2024.04.16

    GWにおすすめの映画2選!美しい自然と人との関わり方について考えさせられる

    2024.04.12

    えっ!? あの「ほりにし」からスパイス…じゃなくて“クリーナー”が爆誕したって知ってた?

    2024.04.05

    レジャーだけじゃない!「大学×アウトドア企業」で切り開かれる新たな可能性

    2024.03.23