人間工学に基づいた握りやすいグリップ 片手だけで刃が出せるサムホールが魅力 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2018.12.01

    人間工学に基づいた握りやすいグリップ 片手だけで刃が出せるサムホールが魅力

    人間工学に基づいた握りやすいグリップ 片手だけで刃が出せるサムホールが魅力

     ビクトリノックスがハンター向けに開発したステンレス製、両刃モデル。刃に穴が開いており、親指を引っかけることで、片手で刃を出すことができる。もう一方の手がふさがっていても、すぐにナイフを使うことが可能なので、狩猟に適しているというワケ。

     グリップ(柄)部分は人間工学に基づき、握りやすいように成形された軽量プラスチック製。刃は重厚だが、柄は軽く、なおかつポップなデザインと質感で威圧感を与えにくい。登山やキャンプなどで多用途に使えるだろう。

    人間工学に基づいた握りやすいグリップ 片手だけで刃が出せるサムホールが魅力

    10,584円

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ブレードはトヨクニが鋳造!重量わずか20gの立つミニナイフあります

    2024.07.16

    キャンプでの薪割りに必要な道具は?やり方は?手順を解説&おすすめアイテムを紹介

    2024.07.14

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14