純白の雷鳥、そしてデナリ。冬のアラスカに別れを告げて | 海外の旅 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 純白の雷鳥、そしてデナリ。冬のアラスカに別れを告げて

    2018.04.04 アラスカ山本高樹

    ベアー・ポイントの頂上にて。「ここは大好きな場所なんだ」とジョー。周囲は360度、見渡すかぎりの雪と氷の世界。冷え冷えとした風だけが、耳元で音を立てていました。

    北米大陸の最高峰、標高6194メートルの山、デナリ。先住民族の言葉で「偉大なるもの」という意味の名を持つ山です。普段は雲に覆われて見えないことが多いのですが、3日目の夕方になって、ようやくその全容を目にすることができました。手前にある建物が、カリブー・ロッジです。

    翌日の昼、タルキートナから迎えにきてくれたヘリコプターに乗り、僕はカリブー・ロッジを後にしました。眼下には再び、広大な冬のアラスカの風景が広がっているのが見えました。

    タルキートナの町で腹ごしらえをし、ビールを2杯ほど飲んでいるうちに、アンカレジへと向かうアラスカ鉄道のオーロラ・ウインター・トレインが駅に到着しました。わずかな日数の滞在でしたが、念願の冬に訪れたアラスカの原野での日々は、忘れられない記憶となりました。

    ◎文/写真=山本高樹 Takaki Yamamoto
    著述家・編集者・写真家。インド北部のラダック地方の取材がライフワーク。著書に『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)など。2018年3月22日(木)に新刊『ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット[増補改訂版]』を発売。
    http://ymtk.jp/ladakh/

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海外の旅 』新着編集部記事

    チベット文化圏スピティの村で遭遇した、収穫祭と神託の儀式

    2022.11.29

    知られざるインドのチベット文化圏、スピティへ

    2022.11.24

    学びの方法は無限!世界一周ヨット旅で子供たちの未来を育みたい

    2022.11.23

    マルチ冒険家 安東浩正さんに聞く「挑戦と無謀の境界線」【動画公開中】

    2022.11.22

    風光明媚な景色!スコットランドの天気用語をクイズ形式で解説

    2022.11.20

    豊かな森と清冽な渓流のある北インドの避暑地マナリで、つかの間の休息を

    2022.11.20