葉山を流れる川の源流をたどりながら、逗子の二子山までハイキング! | 山・ハイキング・クライミング 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 山・ハイキング・クライミング

    2018.01.12

    葉山を流れる川の源流をたどりながら、逗子の二子山までハイキング!

    2017年の後半は、かなり雨に泣かされた。キャンプやハイキングの予定を入れているときに限って、当日か前日、雨が……。暖かい日が多くて過ごしやすかったから、余計にくやしい。

    さて、12月初旬のある朝のこと。カーテンを開けると、青空が広がっていた。風は冷たいが、ハイキングするのにいいんじゃない?
    そこで、いつか行こうと思って調べておいた、葉山町の森戸川源流を目指すことにした。

    車がビュンビュン通る県道311号線から、住宅街に向かって歩き出すと、急にのどかな雰囲気に変わる。黄金橋(こがねばし)が見えてきたら、森戸川の源流へと続く林道が始まるはずだ。ところが、入口にはゲートが設置されていて「関係者以外立入禁止」の看板が。この道で合っているはずだけど……!? と思っていたら、あとからやってきたハイカーが、ゲートの脇から林道に入っていった。なるほど、右のほうに人が通るためのスペースが設けられている。どうやら、林道に私有地が含まれているため、らしい。

    いよいよ林道に突入。入ってすぐのところには、自然保護団体「森戸川村」による案内板があった。このグループは、放置林になっているこの林道内の土地で、保全活動をしているそうだ。
    土地を所有する地主の好意と、貴重な自然を守ろうとする団体の熱意によって、この道を歩けるんだなあ、とありがたく思う。さあ、マナーを守ってハイキングに出発だ!

    アップダウンがほとんどなく、とても歩きやすい道につき、7歳の息子も「楽勝だね!」と言いながらガンガン進む。ぬかるんだ箇所には細長い石が置いてあって、一本橋のようになっていた。こういうアスレチック的要素があると、子どもは俄然盛り上がる。

    10分ほどで川原が見えてきた。お、長靴を履いて川に入って遊ぶ親子がいる。そうだよね、川遊びって暑い時期じゃなくたっていいよね。
    葉っぱを流して観察するのが大好きな息子は、さっそくかき集めて川に投入していた。よく澄んだ川面を流れていく葉っぱを追いかけて、途中で石に引っかかったら「あー残念。もう1回!」というのを繰り返す。

    最初は1枚ずつだったが、次第にたくさん抱えて、一気にバサッと投げ入れる豪快スタイルになった。

    川原には手作りのベンチもあった。ここで昼食をとろうと思ったら、息子が「もっと歩きたい!」という。正午を過ぎているけれど、彼のやる気を優先しようじゃないか。インドア派の彼が、体を動かしたいと話す貴重な機会を潰しちゃいけない。ということで、ふたたび歩き出す。

    NEW ARTICLES

    『 山・ハイキング・クライミング 』新着編集部記事

    高尾山のその先へ。小仏城山・景信山を繋ぐ縦走登山で山登りの醍醐味を満喫

    2024.06.10

    愛知県で人気の低山=猿投山。見どころ満載!癒し系ルートを地元在住ライターが教えます

    2024.05.31

    愛犬と日光白根山ロープウェイで雲上ハイキング【災害救助犬 コアと家族の日記 Vol.16】

    2024.05.30

    南千住にある白髭富士を目指して【プロハイカー斉藤正史のTOKYO山頂ガイド File.60】

    2024.05.30

    BE-PALおすすめの低山24選!初心者も山好きもハイキングを楽しめる名山ばかり

    2024.05.30

    天保山、モエレ山、摺鉢山…あっという間に登れる!全国7大都市「お散歩登山MAP」

    2024.05.29

    登山の後は…温泉でまったり!ご褒美湯が近くにある低山10選 

    2024.05.29

    高尾山に登る際の服装は?最低限必要なものから、あったらいいものまで解説!

    2024.05.28