大注目のMt.SUMI(マウントスミ)!定番の薪ストーブほかおすすめギアを紹介 | アウトドアブランド 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    アウトドアブランド

    2024.06.08

    大注目のMt.SUMI(マウントスミ)!定番の薪ストーブほかおすすめギアを紹介

    京都発のアウトドアメーカー「Mt.SUMI(マウントスミ)」のおすすめギアを一挙紹介。代表的な薪ストーブ、焚き火台やグリルなどMt.SUMIらしい火にまつわるギアから、ホットサンドメーカーやランタンまで、アウトドアをさらに楽しめる優れものを厳選した。

    深型で長い薪もOK!二次燃焼焚き火台「バッドボンファイヤー」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    バッドボンファイヤー

    つぼみ(BUD)をイメージした、八角形の組み立て式二次燃焼焚き火台。炎が持続しやすい深型。底部分に取っ手が付いており、燃焼途中でも移動できるのがうれしい。40cmの薪が難なく燃やせる。

    ●サイズ:幅49×奥行き49×高さ28cm
    ●収納サイズ:幅44×奥行き41×高さ12cm
    ●重量:7kg
    ●材質:ステンレス

     

    開口部の直径は49cm、深さは28cmあり、長い薪もすっぽり入る。側板が二重になっていて、空気がよく通り抜けるようになっているので、二次燃焼が促され、煙が出にくく燃えカスも残りにくい。

    側板の外側下部から入った空気は、この内側の穴から抜けていく。

    薪1束を丸ごといけそうなすり鉢型の焚き火台。

    大き目サイズの焚き火台だが、分解式で収納はコンパクト。専用の収納バッグが付属するので収納や持ち運びはしやすい。

    下に敷くベースには移動のための取っ手が付いている。

    側板は重ねてベルトで固定して収納できる。

    7kgと重いけれど、専用のバッグが付属しているので、収納や持ち運びはしやすい。

    ▼関連記事
    Mt.SUMI (マウントスミ) / バッドボンファイヤー

    ▼参考記事
    長くて太い薪でも簡単に燃える!グッドな焚き火台がお望みなら、この「バッド」をどうぞ

    組み立て1秒のスマートなグリル「パーフェクトグリル スクエア」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    パーフェクトグリル スクエア

    組み立てと折りたたみがそれぞれ1秒で済む優れもの。収納状態は一枚の正方形の板状になっていて、それをカチャッと裏返すと組み立てられる。しまうときはまたカチャッと裏返す。付属の薄いコットントートバッグにすっぽり収まる。火床と焼き面が大きいわりに、きわめてスマートなグリルだ。

     

    2枚の拡張プレートを取り付けられるので、焼けた料理を置いておくことができる。トングも付属。

    全セット品。重さは約3.5kg。

    たたむと約2cmの厚さになる。

    このグリルだけでも楽しいけれど、せっかくなら憧れの「肉の丸焼き」も楽しんでみてはいかがだろうか。

    別売りの「パーフェクトグリル ロティサリー」をセットすると、単三電池3本(別売り)の電力で、ロティサリーがゆっくり回転してくれる。高さを変えられるから火加減も簡単だ。

    ロティサリーでかたまり肉を焼く。

    グリルとロティサリーはネジで固定。このネジの位置を上下に変えることで、ロティサリーの高さを変えられる。

    ▼参考記事
    カチャっと1秒でたためるお利口グリル。ロティサリーもセットでどうぞ

    ハンドルが折りたためるコンパクトな「ホットサンドメーカー」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    ホットサンドメーカー

    ハンドルがおりたためる画期的なモデル。ハンドルはプレートのくぼみに収まるので、とてもコンパクト。専用バッグも付いていて、持ち運びもしやすい。食パンを斜めにカットできるため、一度に4つのホットサンドが完成する。

     

    このホットサンドメーカーは、食パン2枚を平行に置けて、なおかつそれらを斜めにカットできる。

    斜めの区切りによってホットサンドに切れ目が作られる。

    つまり一度に4つのホットサンドが完成する。4人家族でも順番を争わずに、みんなで同時に熱々を食べることができるのだ。

    2枚に分割できるので、それぞれをフライパンとしても使用できる。なおかつ洗いやすい。

    ハンドルは竹製。末端で固定できる。

    上下のハンドルをそれぞれ左右に折りたたむ。

    クッション入りのバッグ。

    ▼参考記事
    一度に4つが焼けるホットサンド器。ハンドルもたためる!

    静音設計がうれしい「ストーブファン」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    ストーブファン

    静音設計で、稼働中の騒音が気にならないストーブファン。静かに暖かい空気を循環させる。消耗したモーターは交換可能(別売り)なため、長きにわたって使えるのも魅力の一つ。約85~350℃の温度範囲で動作し、約902gの軽量設計で場所を問わず持ち運びが可能だ。

    ●サイズ : W21 × D21× H12.5cm
    ●重量 : 902g

     

    ▼参考記事
    ストーブファンはなぜ電気不要で動く?仕組みやおすすめ商品を紹介

    調光&調色可能で電撃殺虫機つき「LEDモスキートランタン」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    LEDモスキートランタン

    上部に紫外線ライトを装備し、蚊を誘導して電撃殺虫機で一撃。USBでの充電タイプで、ライトは6段階調光&調色が可能。

     

    ▼参考記事
    強風、大雨、虫が~!大好きなキャンプにあふれている27のピンチにプロがズバリ回答します!

    より美しく、より使いやすい「アウトドア薪ストーブ オーラ ver.2」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    アウトドア薪ストーブ オーラ ver.2

    前面、左右の3方向のガラスから炎をじっくりと眺められる「オーラ」が、「オーラ ver.2」として、“炎がより美しく、より使いやすい” 薪ストーブへと進化。

    ●サイズ:外寸/W57cm × D40cm × H48cm(脚展開・煙突含まず)、W74.5cm × D40cm × H53cm(脚展開 & グリッド & 煙突立ち上げ含む)、燃焼室/W41cm × D32.5cm × H約22cm
    ●収納サイズ:W46cm × D38cm × H37cm(煙突立ち上げ含む)
    ●煙突サイズ:直径80mm × 長さ325mm(有効長270mm)× 8本繋ぎ、最大煙突長/2.21m
    ●使用時最大の高さ:2.7m(煙突 + 本体)
    ●投入可能な薪サイズ:45cm以下
    ●重量:20kg(本体のみ)
    ●素材:本体/スチール、煙突・グリット・火かき棒・煙突固定用リング/ステンレス、耐火煉瓦/セラミック

     

    圧倒的な炎の美しさ、操作性を追求して進化した二次燃焼薪ストーブ

    まず前面のガラス窓がさらに大きくなったことで、よりダイナミックな炎の揺らぎを体感できるようになった。扉と天板の高さを揃えることで、すっきりとしたデザインに。

    写真で見てわかるように、よりダイナミックな炎を楽しめる!

    さらに手前底面に吸気口を新たに搭載したことで、より空気を取り込みやすくなった。燃焼効率を高めるだけでなく、燃焼中の炎の調節、焚き付け・薪を追加する際の吸気調節も容易になる。

    また、背面の二次燃焼用吸気口の位置を調整したことで、二次燃焼効果がさらに向上。空気循環しやすくなった結果、炉内の隅や奥でもしっかりと燃えるように。まるで火のレイヤーが幾重にも重なっているような奥行きのある炎を堪能することが可能だ。

    安定した熾火状態をつくることができるため、見て楽しむだけでなく、調理にも活用できる。炉内でピザを焼いたり、オーブン料理を作ってみたりしてはいかがだろうか。

    いろいろな料理を作ることができる!

    その他、熱による天板のゆがみを軽減させたり、背面の吸気口の開閉状態がわかるようにしたりと、使いやすさが格段にアップしたほか、「オーラ」ではオプション機能であった左右の「持ち手」を標準装備。

    さらには、収納バックを開け閉めのしやすい仕様に改良するなど、利用前後のことまでユーザーファーストで考えていることがわかる。

    収納バッグはクッション性があり、開け閉めのしやすい仕様に。

    ▼参考記事
    完売する前にチェック必至!Mt.SUMI史上最小の薪ストーブほか新モデル3種ついに発売

    歴代最軽量 & 最小!初心者にもおすすめ「アウトドア薪ストーブ マイクロ」

    Mt.SUMI(マウントスミ)
    アウトドア薪ストーブ マイクロ

    Mt.SUMI 歴代最軽量 & 最小の二次燃焼薪ストーブ。煙突やアクセサリーもすべて炉内に収納できるコンパクトサイズ、高い燃焼力、クリーンな煙、灰が残りにくい構造を実現。初めて薪ストーブを使う人にもおすすめ。

    ●サイズ:外寸/ W29cm × D22.5cm × H38.5cm(展開時・煙突含まず)、W29cm × D22.5cm × H43.5cm(脚 & 煙突立ち上げ含む)、燃焼室/W27cm × D18.5cm × H約20cm
    ●収納サイズ:W29cm × D22.5cm × H21.5cm(煙突立ち上げ含む)
    ●煙突サイズ:直径58mm × 長さ250mm(有効長198mm)× 6本繋ぎ、最大煙突長/1.24m
    ●使用時最大の高さ:1.6m(煙突 + 本体)
    ●投入可能な薪サイズ:20cm以下
    ●重量:5.9kg(本体のみ)
    ●素材:本体/スチール、煙突・煙突固定リング用・火ばさみ・焼き網/ステンレス

     

    1台3役の優れもの薪ストーブ

    天板での調理はもちろん、天板を外すと二次燃焼構造の焚き火台としても使用でき、付属の焼き網を使えばグリル調理も楽しめる3WAYタイプ。

    火の状態がわかりやすく、吸気口や扉を開けて火の調節ができるため、グリルとしても使いやすい構造となっている。1台あればかなり重宝しそうだ。

    サイドのガラス窓から炎の様子が確認できるため、上から眺める焚き火とはまた違った火の見え方を楽しむこともできる。

    「オーラ ver.2」と同様、素早い着火性と高い暖房能力を発揮する。

    ソロキャンプにもおすすめ!

    ▼参考記事
    完売する前にチェック必至!Mt.SUMI史上最小の薪ストーブほか新モデル3種ついに発売

    あわせて読みたい

    BBQグリルおすすめ20選!大型、卓上…タイプ別に人気モデルを紹介

    おすすめの最強バーベキューコンロ22選|ソロ向け卓上コンパクトから大人数向けの大型まで一挙紹介!

    完売する前にチェック必至!Mt.SUMI史上最小の薪ストーブほか新モデル3種ついに発売

    薪ストーブデビューに備えて~今季も完売必至の「Mt.SUMI」の3モデルをチェック

    Mt.SUMI (マウントスミ) / バッドボンファイヤー

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアブランド 』新着編集部記事

    グリップスワニーの名品グローブ特集!各種類のおすすめポイントも解説

    2024.06.21

    ノースイーグルはコスパ優秀!新作タープからメスティンまでおすすめギアを紹介

    2024.06.20

    GORDON MILLERの魅力とは?おすすめのアイテムも7個紹介

    2024.06.19

    ニュートラルアウトドアのおすすめアイテム10選!お手頃でハイスペックなギア特集

    2024.06.16

    DODのキャンプギア22選|カマボコテントやグッドラックテーブルなど人気アイテム特集

    2024.06.14

    「MOZAMBIQUE」ってブランドを知ってる? 都市生活者のアウトドアを表現し再スタート

    2024.06.11

    夏に着たいシマノの万能ウェア4選!熱中症対策や撥水性などの機能がすごいぞ

    2024.06.09

    日本発のおすすめアウトドアブランド12選。ジャンル別に紹介

    2024.06.03