【アウトドア試乗テスト】たっぷり積めて、車中泊もできる軽トールワゴン「ダイハツ/ウェイク」 | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 【アウトドア試乗テスト】たっぷり積めて、車中泊もできる軽トールワゴン「ダイハツ/ウェイク」

    2017.12.30 ダイハツ軽トールワゴン

    アウトドア達人も満足する万能ランゲッジ

    記者・櫻井が、たっぷり積める軽トールワゴン ダイハツ/ウェイクを試乗レポート。

    ダイハツ/ウェイク ¥1,250,000~

    編集部 軽のトールワゴンでは、抜群のユーティリティーを誇るダイハツ/ウェイクの存在が光ります。
    櫻井 デッキボード付きのラゲッジは、荷物に合わせてアレンジしやすいし、シート表面は撥水仕様。そのうえリアシートの背もたれの裏、つまりたたんだときの床となる部分はナント防水仕様。ギア感漂うデザインといい、遊びグルマの魅力が満載!
    編集部 でも、このボディーカラーはちょっとなあ…。
    櫻井 カメムシみたいでいいじゃない(笑)。ほかにもブラウンやカーキ、グレーなども用意されたウェイクは、色選びも楽しいクルマだよ。
    編集部 家族でのキャンプは正直ツラいけど、値段も手ごろだし、自分専用のセカンドカーとして現実的な選択肢ですね。
    櫻井 ただし、軽トールワゴンは重心が高いので、急カーブでのスピードの出しすぎに注意。どちらのメーカーも、足回りには相当手間をかけているけど、やっぱりこういうクルマはてくてくのんびりと走るのが似合うし、気持ちいいと思う。
    編集部 そのほうが経済的ですしね。

    内装も直線基調。助手席側の前面にある小物入れは広くて使いやすい。

    ラゲッジの床下収納は4WDよりも2WDのほうが大容量。

    助手席の背もたれを前にたためるウェイクは、車中泊に最適。自転車も立てたまま2台積める。

    床下収納のふた(デッキボード)には足が付き、写真のように高さを変えた収納も可能。

    すでに発売から3年が経つが、直線基調の個性的なデザインに、古びた印象はない。ボディーカラーは全9色と豊富。

    ウェイク Gターボ
    レジャーエディションSA Ⅱ(2WD)

    ●全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,835㎜
    ●車両重量:1,020㎏
    ●最低地上高:140㎜
    ●最小回転半径:4.7m
    ●乗車定員:4名
    ●総排気量:658cc
    ●エンジン:直列3気筒DOHCターボ
    ●JC08モード燃費:23.8㎞ /ℓ
    ●価格:¥1,590,000

    ダイハツ https://www.daihatsu.co.jp/

    ◎構成/櫻井香 撮影/見城 了、篠原晃一

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    ホンダ・ステップワゴンは外遊びグルマの永世定番になる!

    2022.11.22

    電動化&高級志向で人気沸騰! タフで遊べる新型エクストレイルをテスト

    2022.10.14

    ドアを開けると夢の世界が!超高級SUV「レンジローバー」をテスト

    2022.09.10

    アウトドアに寄り添う実用性!最新装備のルノー・キャプチャーをテスト

    2022.09.08

    日産アリアからフィアット、ボルボまで!2022年上半期登場のEVをテスト

    2022.08.15

    リッチな気分に浸れて悪路もイケる!ビッグなグランドチェロキーを試乗レポート

    2022.07.29