ストームクルーザーとは?モンベルの看板モデルの魅力を徹底解剖 | アウトドアウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドアウェア

    2024.06.05

    ストームクルーザーとは?モンベルの看板モデルの魅力を徹底解剖

    モンベルの看板モデル・ストームクルーザーの購入を、検討している人は多いでしょう。ストームクルーザーが人気の理由や優れた機能性、ジャケットとパンツのおすすめモデルを紹介します。アウトドア用のレインウエアを探している人は、チェックしましょう。

    ストームクルーザーとは?人気の理由

    「ストームクルーザーという名前は聞いたことあるけれど、詳しくは知らない」という人に向けて、モンベルのストームクルーザーがどのようなモデルかを解説します。人気の理由にも迫っていきましょう。

    モンベルの代表的なレインウエア

    ストームクルーザーは、モンベルを代表するレインウエアであり、同社の主力商品です。1982年の発売から何度も改良を重ね、今では多くの人から愛されるモデルになっています。

    ストームクルーザーは、モンベルのラインアップの主軸となっていることも特徴の一つです。新商品を企画するときは、ストームクルーザーを基準に軽量性やリーズナブルさを追求しています。

    ユーザーにとっては、ストームクルーザーをエントリーモデルとし、ニーズに合わせて他商品を買うといった選び方ができます。

    2015年に大幅なリニューアル

    2015年に登場した第8世代モデルにて、ストームクルーザーに大幅なリニューアルが施されました。『GORE C-ニット バッカー テクノロジー』を新たに搭載し、より軽くてしなやかな着心地を実現しています。

    現在販売されているのは、2019年に発売された第9世代です。日本の着物から着想を得た『K-MONO(ケイモノ)CUT』というパターンを新たに採用し、できるだけ縫い目を少なくしているのが特徴です。

    モンベルは、常にコンパクト・軽量さを追求しており、前モデルから重くなることはないと断言しています。今後も、より軽量で便利なストームクルーザーが誕生するでしょう。

    ストームクルーザーの機能・魅力

    ストームクルーザーの具体的な機能性を、四つのポイントに分けて解説します。細部を見ると、多くのキャンパーから愛される理由が詰まっていることが分かります。

    縫い目を可能な限り減らし動きやすさを実現

    第9世代となる現在のストームクルーザーの目玉は、着物をヒントに独自開発した『K-MONO CUT』というカットパターンです。

    縫い目を減らし、部分的に曲線になるよう仕上げたことで、動きやすさも向上させています。縫い目が少ないと水分の侵入経路が減るため、防水性も確保できる一石二鳥の技術です。

    防水性については、余分な縫い合わせ部分をカットし、上から厚さ約13mmのシームテープで保護する『スマートソーイング』を採用しています。糸そのものにも防水加工を施し、軽量ながらも高い防水性を発揮するのが魅力です。

    ゴアテックスの高い防水透湿性

    ストームクルーザーの核となっているのが、ゴアテックスの『GORE C-ニット バッカー テクノロジー』が搭載された素材です。奇しくもゴアテックス素材と同じ頃に誕生したモンベルでは、ストームクルーザーの開発に当たり、ゴア社と何度も折衝を重ねてきた歴史があります。

    『GORE C-ニット バッカー テクノロジー』では、レインウエアでは薄手な20デニールの表地と、超薄手なニットの裏地を採用しています。ゴアテックス本来の防水透湿性はそのままに、しなやかな着心地を実現しました。

    表地には、引き裂き強度に優れたバリスティックナイロンを使用しているため、耐久性も抜群です。

    使い勝手抜群のフード

    ストームクルーザーのフードは、簡単な操作で調節ができます。首元と後頭部にはドローコードがあり、さらに頭頂部にはベルクロが設けられています。

    3方向から自由自在にフードの締まり具合やひさしの角度を調節できるため、素早く視界を確保できるでしょう。さらに、ひさしの先端には芯が入っているのも特徴です。

    アウトドア中に雨や雪がぱらぱらと降ってきた際、傘を差さなくても顔がぬれるのを防げます。ストームクルーザーがあれば、どのような天候になっても怖くありません。

    豊富なカラーバリエーション

    ストームクルーザーのジャケットは、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。

    メンズ用のストームクルーザー ジャケットには7種類のカラー展開があり、視認性の高い色から自然に溶け込む色までさまざまにあります。そのため、自分のコーディネートにぴったりの色を選べるでしょう。

    また、サイズ展開が細かく分かれているのもポイントです。通常のXS~XLに加え、着丈がゆったりとしたサイズ、2カラー展開のXXLも販売されています。ストームクルーザーなら、自分の好きな色で、ぴったりのサイズのものを見つけられるでしょう。

    ストームクルーザーのおすすめジャケット

    ストームクルーザーのおすすめジャケットを紹介します。それぞれメンズ・ウィメンズモデルが販売されているので、性別を問わず購入が可能です。

    ストームクルーザー ジャケット

    ストームクルーザーのフラッグシップモデルです。メンズ用は約254g、ウィメンズ用は約227gという軽量性には、ストームクルーザーの神髄が表れています。

    高いレベルの防水性と透湿性を兼ね備え、縫製部分を極限まで減らす『K-MONO CUT』により、抜群の着心地のよさを実現しました。シンプルで洗練されたデザインは、アウトドアのみならずタウンユースにも適しており、幅広いシーンでの活躍が期待できます。

    メンズ用は身幅にゆとりのあるW・Rサイズも展開されており、腰回りのつっぱりや二の腕にきつさを感じやすい人におすすめです。一着あれば、雨風を気にせず外出できる心強いアイテムです。

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー ジャケット Men’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー ジャケット Men’s

    ●サイズ/XS〜XL
    ●重量/254g

     

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー ジャケット Women’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー ジャケット Women’s

    ●サイズ/XS〜XL
    ●重量/227g

     

    ストームクルーザー デタッチャブル フード

    フードが着脱可能なモデルです。スナップボタンで簡単に取り外しでき、防水ハットと合わせたり、外してスタイリッシュな印象に早変わりしたりと、コーディネートの幅が広がります。通常のストームクルーザー ジャケットに比べ、さまざまなシーンでの使用に対応できるでしょう。

    防水性に優れた『GORE C-ニット バッカー テクノロジー』素材を使用し、メンズ用は約280gと軽量ながら約2万mmの耐水圧を誇ります。表地には従来の2倍の強度を誇るバリスティックナイロンを採用しており、耐久性も高くなっています。

    フラップいらずで水の侵入を防ぐ『アクアテクトジッパー』が使われているため、激しい雨の中でも安心です。袖のアルパインカフや裾の調節機能が付いており、体型に合わせてフィット感を自由に変えられます。

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー デタッチャブル フード Men’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー デタッチャブル フード Men’s

    ●サイズ/S〜XL
    ●重量/280g

     

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー デタッチャブル フード Women’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー デタッチャブル フード Women’s

    ●サイズ/XS〜XL
    ●重量/253g

     

    ストームクルーザーのおすすめパンツ

    ストームクルーザーにはパンツもあり、セットアップとしてそろえるのがおすすめです。もちろん単体でも着用できるため、防水性の高いパンツを探している人はチェックしましょう。

    ストームクルーザー パンツ

    ストームクルーザー パンツのスタンダードモデルです。メンズ用は約195gという軽さで、登山中も軽やかな動きをサポートします。

    素材にはもちろん『GORE C-ニット バッカー テクノロジー』を採用し、防水性・透湿性を確保しています。

    レギュラー丈だけではなく、股下を約6cm調節したショート丈とロング丈も選べるため、身長や体型にジャストフィットするサイズが見つかるでしょう。

    裾を絞ることも可能で、激しい運動時でもパフォーマンスを発揮できるアイテムです。

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー パンツ Men’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー パンツ Men’s

    ●サイズ/XS、S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、S-L(ロング)、M-L(ロング)、L-L(ロング)、XL-L(ロング)
    ●重量/195g

     

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー パンツ Women’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー パンツ Women’s

    ●サイズ/XS、S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、XXL-S(ショート)、S-L(ロング)、M-L(ロング)、L-L(ロング)
    ●重量/173g

     

    ストームクルーザー フルジップパンツ

    サイドジッパーを全開にすることで、簡単に着脱できるモデルです。登山靴を履いたままでも、ストレスなく着替えられるでしょう。

    メンズ用は約217gという軽量性に加え、『GORE C-ニット バッカー テクノロジー』による防水透湿性により、快適な履き心地を実現しています。

    ストームクルーザー フルジップパンツも、レギュラー丈・ショート丈・ロング丈の三つから選択が可能です。持ち運びに便利なスタッフバッグ付きなので、いざというときに使うレインウエアとして持っておきましょう。

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー フルジップパンツ Men’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー フルジップパンツ Men’s

    ●サイズ/S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、S-L(ロング)、M-L(ロング)、L-L(ロング)、XL-L(ロング)
    ●重量/217g

     

      • 商品名:モンベル「ストームクルーザー フルジップパンツ Women’s」
      • 公式サイト:商品はこちら

    mont-bell(モンベル)
    ストームクルーザー フルジップパンツ Women’s

    ●サイズ/XS、S、M、L、XL、M-S(ショート)、L-S(ショート)、XL-S(ショート)、XXL-S(ショート)、S-L(ロング)、M-L(ロング)、L-L(ロング)
    ●重量/200g

     

    まとめ

    ストームクルーザーは、モンベルの代表的なレインウエアであり、発売から40年以上たった今でも多くのファンから愛されています。

    発売当初から改良を重ねており、第9世代となる現行モデルは、縫い目を減らすことで動きやすさと防水性を強化しています。

    上下セットアップでの着用も可能なので、レインウエアを探している人はストームクルーザーを手に取ってみましょう。

    あわせて読みたい

    「フェス行くときはGORE-TEXウェア!」 ビームス日高さんの“夏野外アウター”選び。

    「フェス行くときはGORE-TEXウェア!」 ビームス日高さんの“夏野外アウター”選び。

    【アウトドア一石二鳥グッズ】ポンチョにもなるレインコート

    【アウトドア一石二鳥グッズ】ポンチョにもなるレインコート

    【親子でアウトドア】フェスにも登山にも活躍するパタゴニアのレインウェア

    【親子でアウトドア】フェスにも登山にも活躍するパタゴニアのレインウェア

    2024年のモンベル、注目すべきモノ&コトは?辰野岳史社長に直撃インタビュー

    MILLETの高透湿防水レインウェアは“耐水圧20,000mm以上”なのに蒸れない!ゴワゴワしない!

    Patagonia史上初!日米共同開発の「新レインウェア」は、ココがスゴい!!

    Patagonia史上初!日米共同開発の「新レインウェア」は、ココがスゴい!!

    FUJI ROCKで見つけた! フェスラバーたちのフェステク

    FUJI ROCKで見つけた! フェスラバーたちのフェステク

    mont-bell (モンベル) / ストームクルーザー ジャケット Men's

    NEW ARTICLES

    『 アウトドアウェア 』新着編集部記事

    コロンビアのおすすめレインウェア10選!独自の防水透湿技術も紹介

    2024.06.17

    バーベキューに行く際の服装は?注意したいポイントからおすすめのコーデ例まで解説

    2024.06.15

    コットンだけどベトつかない!「ドビー織り」パンツで涼しい夏を楽しもう

    2024.06.13

    ナンガの2024年夏新作はファミリー向け水陸両用ウェアほか8アイテム!

    2024.06.11

    短パンにも長パンにも変身!ファイントラックの涼やか素材パンツは夏キャンプの必需品だ

    2024.06.11

    パタゴニアのバギーズショーツは水陸両用で夏に大活躍!おすすめのポイントからコーデまで紹介!

    2024.06.01

    「DOD」「niko and …(ニコアンド)」人気ブランド同士のスペシャルコラボが帰ってきた!

    2024.05.25

    「ユニクロ」で登山服はそろえられる?コスパ抜群のアイテムも紹介!

    2024.05.24