アルコールストーブを使った「自動炊飯」でリッチなソロキャンを楽しんでみない? | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アルコールストーブを使った「自動炊飯」でリッチなソロキャンを楽しんでみない?

    2022.12.23 BE-PAL公式通販

    内容物

    全セット品。手前は自動炊飯シリンダー(右)とチタン製アルコールストーブ(左)。奥は100mlの燃料ボトル(右)と収納袋(左)。

    アルコールストーブは、軽量で燃焼音がしないのが魅力だが、火力の調節がむずかしいのが難点。着火すると最初は弱火だが、アルコールが熱せられるとどんどん強く燃えだして、あっという間にアルコールが燃え尽きてしまう。湯を沸かすだけならそれでもよいが、ご飯はうまく炊けない。マニアの間では、この難点を解決するために、アルコールストーブの中にカーボンフェルトを入れて、アルコールの燃焼を遅らせるというアレンジが行なわれているが、この方法でもある程度の強い火力が続いて、アルコールはなくなってしまう。

    米を炊くのにちょうどいい火力にするにはどうすればよいか。その観点から開発されたのが、この「自動炊飯シリンダーセット」だ。1合の米を25mlというわずかのアルコールで炊くことができる。カーボンフェルトを使うのは同様だが、これをアルコールストーブに直接入れるのではなく、筒状のシリンダーに入れて、そのシリンダーをアルコールストーブの中に入れる。これによって、米を上手に炊くためのあの格言、「始めチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いても蓋取るな」のとおりに炊くことができる。

    つまり、シリンダーに着火をしてアルコール全体が温まるまでは「チョロチョロ」。シリンダーだけでなくストーブ全体のアルコールが勢いよく燃えだしたら「中パッパ」。ストーブのアルコールがなくなり、シリンダーのカーボンフェルトに染み込んだアルコールだけが細々と燃えているのが「赤子泣いても」の余熱の状態。アルコールを足すことなく、アルコールがなくなったら炊飯終了。まさに「自動炊飯」だ。

    今回はチタンのアルコールストーブと容量目盛り付きの燃料ボトルとのセットで販売。ミニマムスタイルのソロキャンパーや身軽に歩きたいハイカーにおすすめ。

    分解されたシリンダー

    シリンダーの中に、巻いたカーボンフェルトが入っている。

    大きな炎

    シリンダーを含め、ストーブ全体のアルコールが燃えている「中パッパ」の状態。

    小さい炎

    ストーブ内のアルコールが燃え尽きて、シリンダー内のアルコールだけが燃えている。「赤子泣いても」の余熱の状態。

    人物

    商品の開発者の堀秀則さん。東京の浅草橋で企画、生産、輸入卸商社の「アングル」を経営。長年のノベルティーグッズなどのモノづくりの経験を生かして、オイルライターで有名な「イムコ」ブランドのひとつとして今回の商品を企画した。製造は中国だが、現地に自前の検品所を設けて品質を管理している。

    サンプル

    多くの試行錯誤を繰り返して完成に至った。

    ※この商品は[通販サイト]「小学館百貨店」から購入できます。

    チタンアルコールストーブ&自動炊飯シリンダーセット/イムコ 5,800円

    https://www.pal-shop.jp/item/A55301007.html

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    無骨なデザインで多機能なのがたまらない!「THE IRON FIELD GEAR」の3way鉄製火ばさみ

    2023.01.26

    ロゴスの焚き火台は火床2段仕様!多彩な料理が楽しめる「ファイヤークックピット」

    2023.01.25

    燃料は木炭!かまど&炭コンロの「遊火」アイテム7選

    2023.01.17

    握りやすいスマートフォルム!火吹きと薪ばさみ兼用タイプの決定版

    2023.01.02

    冬キャンプにウインドスクリーンは当たり前?知っておくべき役割と効果

    2022.12.29

    ファミリーキャンプにぴったりな焚き火台を選ぶ6つのポイント

    2022.12.28

    z