キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ! | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2024.03.13

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    フジカーズジャパンといえば海外支店を含む全国18拠点、共有在庫5000台を誇る巨大カーディーラー。また広島と 茨城には自社工場を構えており、オリジナルブランド「FOCS(フォックス)」シリーズを製造するキャンピングカーメーカーとしても知られています。

    フォックスシリーズの特徴は、カーテンやシートの縫製も含め、全てを自社で一貫生産しているところ。また神社やお寺を建設するときに宮大工が用いる日本の伝統的な大工工法「宮大工工法」を用いて家具類を製造。

    ホゾで組み付ける事により、強度を高めることができるといいます。またオプションで用意される「北海道断熱」と呼ばれる寒暖差プラスマイナス50℃にも耐えられる断熱性にこだわっているのもポイントです。

    今回はそんなフォックスシリーズに新たに追加された「FIKA(フィーカ)」を紹介しようと思います。このモデルはハイエースのワイドミドルルーフのワゴンGLがベース。セカンド&サードシートを廃して3人がけの二の字シートを採用しているのが特徴で、8名乗車を実現しています。

    シリーズに新たに仲間入りした「フィーカ」

    二の字レイアウト

    運転席・助手席の後方にキッチンを置くことで、後方すべてが居住スペースになり開放感が高いレイアウトが特徴。Fuji Cars「FOCS FIKA」全長×全幅×全高:4840×1880×2100mm/乗車定員:8人/就寝定員:3人

    フィーカはレイアウトも特徴的で前方にL字キャビネットを配し、後方の二の字シートはサイドウインドウよりも低い位置にすることで視覚的な圧迫感と見晴らしのよさ、採光性を両立させることに成功。家具類を極力減らし、シート下を収納スペースとすることも功を奏しています。

    ワイドミドルルーフベースのキャンピングカーは数多くありますが、それらに比べても開放感が高くゆったりとできる空間になっています。実際、身長179cmの筆者でも視界の広さも相まって、居心地よく車内でくつろげました。中央に動線があることで車内の移動もしやすく、後方の荷物を取るときにもいたってスムーズ。これはフロントキッチンレイアウトによる効果がはっきりと現れています。

    後ろからの眺め

    横向きの二の字シートを採用。片側に3人ずつ、合計で8人乗車を可能としている。

    ベッドモード

    ベッド展開はシートの背もたれを中央にセットするだけ。サイズは長さ1960×幅1690mmで大人3人就寝が可能。

    LED照明

    薄型の飾り板付きLEDライン照明は室内全体を優しく照射し、快適。調光機能もあるので好みの明るさに調整できる。

    キッチン

    シューズラック

    スライドドアの左側にはシューズラックを装備。手すりも備わり出入りしやすい。

    専用コンソール

    運転席と助手席の間には専用コンソールもオプションで用意。小物を置いたりペットのケージ置きにも使える。キャビネットと同じ高さというのもうれしい。

    キッチンキャビネット

    キッチンキャビネットには外からもベッド側からもアクセスしやすい位置に集中スイッチと調光スイッチを配置。

    基本装備に加え手に届きやすい価格がうれしい

    装備面はキッチンキャビネットにコンパクトなシンクのほか、45L両開き冷蔵庫を標準装備。上部にすっきりとインストールできるDC12Vクーラーはオプションで用意されているので、必要なら装着しておきたいところ。

    ほかの装備については105Ahサブバッテリーや走行充電システムが標準装備で、インバーターはオプション設定でさまざまな出力から選べるようになっています。ほかにも高断熱処理などは最初から施工されていますが、セラミック断熱塗装などの「北海道断熱仕様」はオプションで設定。

    運転席後方のキャビネット

    運転席後方のキャビネットは上部に照明、天板にはドリンクホルダーを装備。冷蔵庫は45Lの両開き式を内蔵。

    車載用のクーラー

    車載用のクーラーはオプションで用意。装着しない場合は収納庫になる。

    FFヒーター

    二の字シートの下に収まる別売りのFFヒーター。真夏以外で3シーズンで活躍する人気オプション。

    電装システム

    二の字シート下には電装システムが収まる。サブバッテリーの容量は105Ahが標準でインバーターなど含めオプションで拡張可能。

     そのぶん、価格は437.8万円からと装備・内容などを考えるとリーズナブルなプライスを実現。大人数でもくつろげるゆとりの空間がほしい。価格はなるべく抑えたい。という人はチェックしてみてはいかがでしょう?

    問い合わせ先:フジカーズ

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。他誌にて全国のRVパークを巡り、その魅力を紹介中。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    車内の傘立て、天井収納…100均「セリア」で買えるキャンピングカー快適化アイテムを試してみた

    2024.07.10

    車中泊の暑さ対策!キャンピングカーライファーが教える注意点と対策、おすすめアイテム

    2024.07.05

    松本明子さんが始めた軽キャンピングカーのレンタカー業、そのきっかけは?

    2024.06.28

    関東エリアほか絶景を楽しめるRVパーク続々誕生!富士山麓、夕日海岸、瀬戸内海で車中泊

    2024.06.28

    キャンピングカー旅の本場・ヨーロッパでの車中泊スポットの見つけ方!便利なアプリや治安事情も

    2024.06.20

    車中泊におすすめの寝袋38選!選ぶポイントからおすすめのメーカーまで紹介!

    2024.06.18

    夢の周遊旅へ!ヨーロッパでキャンピングカーをレンタルする方法・注意点を紹介

    2024.06.12

    500泊したキャンピングカー旅で厳選!欠かせない&あると便利なおすすめ車中泊グッズ10選

    2024.06.10