最低3日分の食料、備蓄してる? 実際に備蓄しているおすすめの食品例を紹介! | サバイバル・防災 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • サバイバル・防災

    2024.04.07

    最低3日分の食料、備蓄してる? 実際に備蓄しているおすすめの食品例を紹介!

    近年、日本では震災や大雨による水害、台風など予期せぬ災害が頻発しており、私たち一人ひとりが防災意識を高めていかなければいけない状況になっています。

    そんな環境下で、ぜひともおすすめしたいのが食品の防災備蓄です。

    備えておくことで万が一のときに役に立ち、命を繋いでくれることもあるかもしれません。

    実際に著者が活用している食品備蓄の方法も紹介しますので、災害への対策を行うきっかけにしていただければと思います。

    食品の防災備蓄が必要な理由

    大きな災害が発生したときは、水道や電気、ガスなどのライフラインが使用できなくなる場合があります。また、道路が使用できない状態になるなどの二次災害もあり、物流機能が停止してしまうかもしれません。

    そうなった場合、スーパーやコンビニで食料が手に入らない、交通網が麻痺して自宅から動けない、といった状況に陥ります。

    そのような状況でも食べ物に困らないために、日頃から食品を備蓄しておくことが大切です。農林水産省から発行されている「災害時に備えた食品ストックガイド」によれば、最低3日〜1週間程度の食料備蓄が望ましいとされています。

    農林水産省が推奨している「ローリングストック」

    「ローリングストック」とは、普段の食品を少し多めに買い置きしておき、賞味期限を考えて古いものから消費し、消費した分を買い足すことで、常に一定量の食品が家庭で備蓄されている状態を保つための方法です。

    上記引用元:「災害時に備えた食品ストックガイド」

    私も実践している上記のローリングストックは、日常のちょっとした心がけで食料を備蓄することができる方法です。この方法を活用することで、いざとなったときに賞味期限が切れていて食べることができない……。というリスクを回避することもできます。

    食品ロスの観点からも、日常の生活でぜひとも取り入れて欲しい方法です。

    実際に備蓄している食品は?

    それでは、実際に私が備蓄している食品を紹介していきたいと思います。ここで紹介するのは、前述の「災害時に備えた食品ストックガイド」を参考に、3日間を想定した1人分の食品となります。好みに合わせて量や種類を変更しているので、備蓄の際はそれぞれの家庭やお好みに合わせて調整してください。

    飲料水/2L×6本、500ml×4本

    飲料水

    飲用や調理などに使うので多めにストックしておきましょう。

    必ず準備しておきたいのが、飲料水です。飲み水としてだけではなく、調理にも使用できるので多めに備蓄しておくと安心です。市販のミネラルウォーターのほかに、備蓄向けに賞味期限の長い「長期保存水」も販売されているので、活用してもいいでしょう。

    パックごはん/4パック

    パックごはん

    湯煎ができるか必ず確認しておきましょう。

    主食としてエネルギーの源になるお米は、湯煎できるタイプを備蓄するのがおすすめです。電気が止まってしまった場合、電子レンジが使えないので、お湯で温められるかどうかは事前に確認しておきましょう。

    レトルト食品/約4食分

    レトルト食品

    温めるだけなので手軽で便利。

    ごはんにかけて食べられるレトルト食品は、数種類備蓄しています。有事の際に手の込んだ調理は大変なので、牛丼やカレーなどかけるだけで食べられるものが手軽で良いでしょう。

    こちらも、湯煎できるタイプを選ぶようにしてください。

    インスタント味噌汁・スープ/約20食分

    インスタント味噌汁とスープ

    温かい飲み物は気持ちも落ち着かせてくれます。

    インスタント味噌汁や即席スープは、賞味期限も長く、お湯を注ぐだけで飲めるのでとても便利です。冬場など寒い環境では温かい飲み物があると嬉しいので、少し多めに備蓄するようにしています。

    カップラーメン・袋麺/5食分

    袋麺とカップラーメン

    手軽に食べられるのが魅力です。

    私は袋麺とカップラーメン、どちらも備蓄するようにしています。カップラーメンはお皿がなくても食べられるので、備品が少ない場合などに重宝します。袋麺は砕いてスナック菓子のように食べるなど、アレンジすることも可能です。

    パスタ/7食分

    パスタ

    ソースの種類は豊富に用意しておきましょう。

    主食のバリエーションは多い方が良いので、パスタは必ず備蓄しています。茹でるだけと調理も簡単。ソースをいくつか用意して、飽きないように心がけています。ソースはパウチタイプと混ぜるタイプを準備しています。

    お菓子・ドライフルーツの嗜好品/必要に応じて

    お菓子などの嗜好品

    お菓子やドライフルーツなど好みに合わせた備蓄でOK。

    糖分補給も大切なので、普段から食べているスナック菓子やクッキーなども備蓄におすすめです。また、ドライフルーツなど栄養補給できるものも入れておくと良いでしょう。一見すると必要なさそうな嗜好品ですが、間食や気分転換にはもってこいです。

    一緒に準備しておきたい備品類は?

    備品類

    カセットコンロは忘れずに準備しておきましょう。

    食品だけではなく、調理器具も忘れないように準備しておきましょう。1番重要になるのが、熱源です。お湯を沸かしたり温めたりできると料理の幅が広がるので、カセットコンロなど火を扱える器具は必ず備えておきましょう。

    そのほかに私が準備しているものは以下になります。

    • カセットガス(3本)
    • 箸やお皿などの食器類
    • キッチンペーパー
    • ポリエチレン袋
    • ラップ
    • アルミホイル

    日頃から万全の準備をしておこう

    災害はいつ起こるかわからないので、日頃から備えておくことが大切です。わざわざ備蓄をしよう思うとハードルが高く感じてしまいますが、ローリングストックを活用することで、日常の延長で気軽に備蓄しておくことができます。

    いざという時に慌てないよう、この機会に防災備蓄を始めてみてください。

    プロフィール
    私が書きました!
    ライター
    ヒロ
    東京都出身、山形県在住。フルーツ愛ゆえに農家を目指して日々研修中。学生時代にキャンプや車中泊での日本1周を経験。趣味は格闘技(ムエタイ)、サウナ・温泉、サバイバルゲーム、ゴルフなど。最近スノーボードを始めました!

    NEW ARTICLES

    『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

    みんな大好き!? 挽き肉油焼きレシピ【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.12】

    2024.05.19

    セルビアのメスキットで豚肉のごった煮レシピ!【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.11】

    2024.05.13

    愛犬とのキャンプ時間で水彩スケッチに挑戦!【災害救助犬コアと家族の日記 Vol.15】

    2024.05.12

    家族で散歩をしながら被災シミュレーション! マイ"防災マップ"を作るポイントとは?

    2024.05.10

    DIYで、神ギアで、料理術で災害に備えるべし!アウトドアプロ5人の「生き抜くための知恵袋」

    2024.05.06

    元自衛隊・衛生兵が伝授!キャンプや災害時の強力アイテム「レスキューシート」活用術

    2024.05.06

    さばいどる かほなんと楽しく学ぼう!いざという時の「災害サバイバル術」

    2024.04.29

    目的別に何を入れたら良いかがわかる!防災バッグの選び方&バッグの中身を紹介

    2024.04.25