冬でも美味しい!キャンプ場でもいだ、夏みかんの素材そのままレシピ5選 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2024.01.06

    冬でも美味しい!キャンプ場でもいだ、夏みかんの素材そのままレシピ5選

    なっている夏みかん

    館山のキャンプ場で、たわわに実っていた夏みかん。

    夏みかんを冬に食べたらどうなのでしょう?

    先日のこと。千葉県館山のキャンプ場で学生時代の友人ファミリー8人でキャンプをしてきました。私たちのテントサイトには、ちょっと大きめの柑橘が風に揺れていて、「食べてもいいけど、夏に甘くなるミカンだからめーっちゃ酸っぱいよ!」と管理人のオジサン。好奇心旺盛な10歳の長男が試したところ、「たしかに酸っぱいけど、おいしい」。そしたらオジサン、「せっかくだから持っていって~」と。袋にたくさんもらってきたのでした。

    ミカンといえば、こたつでいただく冬の風物詩的な食べ物が思い浮かびます。一方で今回もいできた夏みかんとか甘夏とか、暑い夏に食べると耳の下がキュッとなるような、ちょっと苦くて後味さわやかな柑橘もあります。今回いただいてきたのはまさにソレ。

    とはいえ夏に食べる柑橘、収穫は冬の間にするそうですよ。貯蔵庫で保管されているうちに「減酸」という工程で酸が抜け、甘くてほどよく酸っぱい夏のミカンに生まれ変わるとか。へぇ。

    キンカン

    キャンプ場には「キンカン」もたくさん実っていました。

    夏みかんを持つ筆者

    自宅に帰ってさっそく調理しました。

    長男は「酸っぱいけどおいしい」とは言っていましたが、そのまま食べてみるとやはりそれなりに…。なんというかレモンをかじったような、強い酸味に目が覚めるようでした。なので果物としてではなくサラダなどでいただくことに。

    簡単、夏みかんの皮むき作業

    皮むき器

    柑橘の皮むき器があるとラクですよ。

    毎年2月になると、高知で生姜農家を営む友人が大きな土佐文旦を送ってくれます。分厚い皮に覆われた文旦は、むくのが一苦労。皮の上下を包丁で切り落とし、たくさんの切り込みを入れないとおいしい実までたどり着けません。そんなときの救世主がこの「ムッキーちゃん」。100均でも類似品が売っていますので、ご興味あればぜひ。

    皮むき器の内側

    切り込みを入れた瞬間、爽やかな柑橘の香りが漂います。

    ①皮に十字の切り込みを入れる

    まずは皮むき器の白いフタに付いている「ツメ」で、外皮を縦方向に十字の切り込みを入れます。夏みかんくらいのサイズと皮の薄さなら、これだけで十分むきやすくなります。

    ②房ごとにバラバラに分ける

    ミカンの薄皮を剥く

    まぁまぁ種もありますね。

    ③薄皮を剥く

    皮むき器の黄色の本体に付いている刃に、内側の筋の部分をスライドさせれば、あっという間に薄皮がむけます。夏みかんひとつ分バラすのに3分ほど。皮むき器をキャンプに持参すれば、いろんな種類の柑橘が楽しめますね。

    小房にむく

    小房ごとに、きれいにむくことができました。

    夏ミカンを使ったクニリツ流レシピ5選

    次に夏みかんを使ったレシピを紹介します。

    その1.夏みかんサラダ

    夏みかんサラダ

    サラダと相性抜群。

    サラダ菜に夏みかんを載せるだけですが、酸味と苦みがおいしい一品になります。このとき使った葉っぱはルッコラとサラダ菜。貝割れ、スプラウト、ベビーリーフ、ケールなどなんでも合います。味付けはドレッシングを掛けてもいいのですが、私の好みはオリーブオイルと塩胡椒。素材がグッと前に出てきます。また、調味料が少なく済むので荷物も軽い。

    その2.キャベツと夏みかんとレーズンのマリネ

    キャベツと夏みかんとレーズンのマリネ

    ボリューミーな唐揚げに添えました。サッパリ!

    厚めの千切りにカットしたキャベツを塩もみ。水分を切り、細かく砕いた夏みかんをまぶしてレーズンを載せました。こちらも味付けはオリーブオイル、塩胡椒だけでシンプルに。

    その3.夏みかんヨーグルト

    夏みかんヨーグルト

    わが家のヨーグルトは私の手作り。といっても液体のR1(発酵乳)と紙パック牛乳を混ぜて、ヨーグルトメーカーを使って40度、8時間放置するだけですが。

    小房の夏みかんをただ載せただけです。実を砕いてヨーグルトと一緒に食べてもいいし、最初に夏みかんだけをつまみ、そのあとヨーグルトをいただくととっても甘く感じます。二度美味しいかも(笑)。ほかの種類のフルーツもドサッと入れて朝食にいただけば朝から元気になりそう。

    その4.夏みかんの果汁はそのままで

    夏みかんの果汁を蒸し牡蠣に

    夏みかんは果汁が豊富。牡蠣の昆布蒸しにたっぷりかけていただきました。

    レモンとはまた違うおいしい酸味が口のなかでふわっと。

    その5.夏みかんハイボール

    夏みかんハイボール

    クエン酸やビタミン類が多く含まれている夏みかん。飲みながらリフレッシュ!

    夏みかんを絞る

    キュッと絞るとさわやかな柑橘の香りとともに、みずみずしい果汁が味わえました。

    ジャムとかスイーツ系に加工するのではなく、柑橘の素材そのままをいただいてみました。サッとできるので、キャンプにもおすすめです。

    私が書きました!
    旅のエッセイスト
    国井律子
    1975年東京生まれ。大学卒業後ラジオレポーターなどを経て二輪雑誌でエッセイスト・デビュー。現在は、オートバイのほか、旅、クルマ(キャンピングカー所有)、自転車、サーフィン(ショートもロングも)、スノーボード、ファミリートレッキングなど多趣味をいかしたエッセイを執筆中。旅が好きなのと同時に、おうちも大好き。家での一番の趣味は収納(整理収納アドバイザー1級資格取得)。いかにラクするか考えること、「時短」という言葉も大好き。嫌いな言葉は「二度手間」。インテリア、ネットショッピング、お取り寄せグルメ・酒、手抜きおつまみ作りに熱心。「痩せたい」というのが口癖。直近は苦手な掃除をがんばっている。飼い犬はボストンテリア。ふたりの男児の母でもある。https://ameblo.jp/kuniritsu/

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    The Coleman Day Camp 2024で体験できる「フランス発ホットサンド」の激ウマ&簡単レシピ

    2024.06.12

    タフまるJr.×スキレットで作れる!キャンプで簡単おつまみレシピ5選

    2024.06.11

    夏の簡単キャンプ飯34選!初心者におすすめの定番からおつまみやデザートまで紹介

    2024.06.10

    ソロキャンプ飯のレシピ28選!初心者が簡単に作れるおすすめを厳選

    2024.06.09

    口当たりが軽いライスヌードルの簡単アレンジレシピ2選!夏場のキャンプにピッタリ

    2024.06.08

    人気の駄菓子を燻製してみたら…大人の味にレベルアップしたぞ!

    2024.06.07

    スペアリブレシピ10選|バーベキューで絶対食べたい!漬けて焼く・煮るだけの簡単レシピ集

    2024.06.06

    “無印のナン&バターカレー”でキャンプ飯が本格インドカレーに!おすすめアレンジ5種も紹介

    2024.06.05