大ブレイク必至!? イタリアンに味変する「食べるオリーブオイル」を使ったパスタ&カルパッチョレシピ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2023.12.03

    大ブレイク必至!? イタリアンに味変する「食べるオリーブオイル」を使ったパスタ&カルパッチョレシピ

    食べるオリーブオイルのカルパッチョ

    あっという間にできた野菜とサーモンの”イタリアンカルパッチョ”。

    「ほりにし」をはじめ、さまざまなスパイスが発売されキャンプでも活用されています。今回はそんな中から、ネクストブレイク有力候補の調味料としてODAWARAYAの「食べるオリーブオイル」をピックアップ。

    キャンプ飯にもおすすめのイタリアンレシピを2つご紹介します。

    食べるオリーブオイルとは?

    ODAWARAYA「食べるオリーブオイル」

    ダンディなにんにくのキャラクターが目印。

    今回ご紹介するのは、福島でさまざまなオリジナル調味料を生産しているというODAWARAYAさんの「食べるオリーブオイル」。オリーブオイルの中にフライドガーリックやフライドオニオンなどがブレンドされていて、素材と塩の旨みが光る一品です。

    ODAWARAYA「食べるオリーブオイル」

    食感を生かすため液体は不使用。

    サクサク感が無くならないように液体は使っていないとのことで、その濃厚な口当たりは、洗練されたイタリアンはもちろん、手軽に作れるキャンプ飯との相性もバッチリ。

    ちなみに、商品はインターネット販売のほか、LOFTなどでも購入することができます。

    食べるオリーブオイルで作るメスティンパスタのレシピ

    食べるオリーブオイルで作るメスティンパスタの材料

    こちらが食べるオリーブオイルで作るメスティンパスタの材料です。

    材料(1人分)

    • スパゲッティ 100g
    • 水 200ml
    • ハーフベーコン 4枚
    • ホワイトマッシュルーム 2個(約30g)
    • サラダ油 小さじ1
    • 食べるオリーブオイル 大さじ1
    • 粗挽き黒こしょう 少々

    1品目は簡単メスティンパスタのレシピ。食べるオリーブオイルの風味と食感を生かすため、具材はベーコンとマッシュルームだけを使います。

    食べるオリーブオイルで作るメスティンパスタの作り方

    ホワイトマッシュルームは薄切りにする

    まずは、ホワイトマッシュルームを薄切りにします。

    ハーフベーコンは1cm幅の短冊切りにする

    さらに、ハーフベーコンは1cm幅の短冊切りにします。

    メスティンでハーフベーコンを炒める

    焦がさないようじっくりと。

    メスティンにサラダ油を熱したら、ハーフベーコンを加えて炒めましょう。弱火でじっくり炒めて、コクと旨みを引き出します。

    ホワイトマッシュルームを加えて炒める

    同じようにマッシュルームの旨みも引き出します。

    さらに、マッシュルームを加えて炒めます。

    具材をフタに取り出しておく

    具材は仕上げに加えます。

    マッシュルームがしんなりしたら、具材は一度フタに取り出しておきましょう。

    メスティンに水とスパゲッティを入れる

    スパゲッティを割り入れます。

    メスティンに水とスパゲッティを入れたら煮立たせて、弱火にして表記時間どおりに茹でましょう。

    茹で上がる直前に具材を戻し入れる

    具材をメスティンに入れましょう。

    茹で上がる1分ほど前にベーコンとマッシュルームを戻し入れて混ぜ、水分を飛ばしてしまいましょう。

    食べるオリーブオイルの登場

    ここで今回の主役の登場。

    食べるオリーブオイルを加える

    たっぷり加えます。

    仕上げに食べるオリーブオイルを絡めて、火から下ろします。

    食べるオリーブオイルで作るメスティンパスタ

    ベーコンの色合いが鮮やか。

    食卓に出したら、粗挽き黒こしょうをちらし完成!

    食べるオリーブオイルで作るメスティンパスタ

    スタンダードながらも新鮮。

    具材と食べるオリーブオイルをしっかり絡めて頰張ると、もっちりとしたスパゲッティにフライドガーリックとオニオンのサクサク小気味よい食感、さらにベーコンとマッシュルームの旨みが絡んで絶品に。オリーブオイルの香ばしい香りのおかげで、口当たりは濃厚ですが後味はすっきり。スタンダードながらも新鮮な食べごたえのパスタに仕上がりました。

    食べるオリーブオイルで作るカルパッチョのレシピ

    食べるオリーブオイルで作るカルパッチョの材料

    こちらが食べるオリーブオイルで作るカルパッチョの材料です。

    材料(2人分)

    • サーモン(刺身用) 120g
    • 玉ねぎ 1/2個(約90g)
    • ベビーリーフ 30g
    • 食べるオリーブオイル 適量

    2品目はサーモンを使ったカルパッチョ。材料を切って盛り付けるだけなので、レシピと呼ぶには申し訳ないほど簡単に作れてしまいます。

    食べるオリーブオイルで作るカルパッチョの作り方

    玉ねぎは薄切りにする

    まずは、玉ねぎを薄切りにして……

    玉ねぎを水にさらす

    シェラカップがちょうど使いやすいです。

    シェラカップなどで水にさらして辛みを抜いておきましょう。

    サーモンは薄切りにする

    続いて、サーモンは薄切りにします。

    中央に玉ねぎを盛る

    食欲をそそられる見た目に。

    あとは、具材を盛り付けるだけです。お皿にベビーリーフを敷き詰めたらサーモンを並べ、水気を絞った玉ねぎををこんもりと盛ります。

    食べるオリーブオイルを回しかける

    ここで主役の登場。

    仕上げに、食べるオリーブオイルをたっぷり回しかけて……

    食べるオリーブオイルで作るカルパッチョ

    食卓に出したら完成!緑・白・赤のイタリアンカラーが鮮やかです。

    食べるオリーブオイルで作るカルパッチョ

    まさにイタリアン。

    具材をしっかり絡めて食べてみると、サーモンのとろり、玉ねぎのシャキシャキに、フライドガーリックのサクサク食感と香ばしい香りが絡んで情熱的な味わい。

    しっかりとした食べごたえとさっぱり感のバランスがよく、晴れた日に外で食べれば、地中海気分を味わえそうな一品に仕上がりました。

    「食べる油ブーム」は再燃する……かも?!

    今回はネクストブレイクの調味料として食べるオリーブオイルをご紹介しましたが、「食べる油」といえば2009年頃にラー油にいろいろな具材をブレンドした『食べるラー油』が大ブームになりました。

    アウトドアスパイスと比べて、より味変をさせて、さらに「食べる油」はサクサクとした食感をプラスしてくれます。

    簡単なキャンプ飯をイタリアンに変える”魔法の油”。ぜひチェックしてみてください!

    私が書きました!
    筋肉料理研究家
    Ryota
    学生時代運動経験ゼロ・病気で精神病院に入院するも筋トレとお料理で立ち直り、現在は料理研究家・パーソナルトレーナーとして活動中。企業やメディアへのレシピ提供を行う傍ら、ボディメイクコンテストにも出場。父方の実家は港町、母方の実家は山に囲まれていて、幼少期には海や山道を走り回っていた。自然の中で本を読むのが趣味だが、最近は料理研究家活動が忙しく、1人でキャンプめしを作って気を紛らわしている。

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    カルディで見つけたおすすめ調味料10選!人気商品の活用方法もあわせて紹介

    2024.03.03

    缶詰を使って簡単・旨い!失敗しない炊き込みご飯レシピ3選

    2024.03.02

    飯盒で作る“ねぎま汁”レシピ!そのままでもご飯にかけても旨い【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.7】

    2024.02.29

    春に採れる山菜の種類。山菜を使ったおすすめレシピも紹介

    2024.02.27

    ビア缶チキンの美味しい作り方!キャンプやバーベキューで簡単に美味しくできる新定番

    2024.02.25

    季節ごとの代表的な食べられる雑草!見分け方のハンドブックも紹介

    2024.02.25

    余ったマシュマロを再活用!一粒で二度美味しい「キャラメルポップコーン」の作り方

    2024.02.25

    最優秀賞受賞「サワークリーム スパイス」で作るアウトドアおつまみレシピ2選

    2024.02.24