貝がらで作れるぞ!キャンプで使える癒しのオリジナルキャンドル | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自作・DIY

    2023.11.11

    貝がらで作れるぞ!キャンプで使える癒しのオリジナルキャンドル

    実際に作っていたキャンドル。

    海岸に落ちている貝がらなどを収集したり、観察したりするビーチコーミング。

    そんなビーチコーミングで見つけた貝殻に、ロウを流し込み、キャンドルを作ってみませんか。

    キャンドルが作り出す温かみのある炎のゆらめきは、最高の癒しの時間に。

    そして実は、全国にはビーチコーミングができるキャンプ場があります。

    キャンプサイトで自分の作ったキャンドルで夜を過ごせば、忘れられない思い出になること間違いなしです!

    今回は、そんな自然からの贈り物を活用し、簡単にキャンドルを作る方法をご紹介します。

    キャンドルを作るための事前準備

    貝がらはキレイに洗います。

    まずは、拾った貝がらをよく水洗いし、乾かしておきます。

    拾ったものをそのまま使うと、砂が付着していたり磯の匂いが強烈だったりすることがあります。

    あらかじめ洗っておき、キャンドルをスムーズに作れるように準備しておくのがおすすめです。

    材料

    フライパンは古くなったものを使用

    作っていくために必要な材料と道具は以下です。

    • 貝がら
    • ロウソク
    • 使い捨てのアルミ容器
    • 割り箸
    • ハサミ
    • ミツロウクレヨン
    • キャンプ用グローブ(または軍手)
    • グルーガン
    • ガスコンロ

    作り方

    作り方はシンプルで、貝がらにロウを注ぐだけです。

    お子さんと一緒に作ることができます。

    貝がらを安定させる

    グラグラする貝がらの下にシーグラスを張り付けます。

    まずは、貝がらを水平になるように置きましょう。

    貝がらが傾いていると、ロウが貝がらの外へこぼれてしまう恐れがあるためです。

    貝がらの外側に、一緒に拾った小さい貝や石を置き、グルーガンなどで接着します。

    ロウソクを溶かす

    芯を取り出します。

    続いて、使い捨てのアルミ容器にロウソクを入れます。

    そして、水を入れたフライパンを熱し、湯煎にかけます。

    ロウソクが溶けたら、芯を割り箸で取り出します。

    その際、芯をできるだけまっすぐに伸ばし、乾かしておきます。

    容器を触ると熱いので、作業の際は手袋の着用をお忘れなく!

    ロウソクの芯を立てる

    貝の中央に芯をくっつけます。

    先ほど土台として作った貝がらに、ロウソクの芯をグルーガンなどで接着します。

    貝がらの中央にグルーガンをたっぷりだし、L字に折ったロウソクの芯をのせると安定します。

    芯の長さは、キャンドルの火をつけやすいくらいであればOKです。

    2cm以上はロウの上に芯が出るようにするのがおすすめ。長すぎたら、完成後カットすれば大丈夫です。

    クレヨンで着色してもOK

    着色せずにそのままのロウの雰囲気を楽しんでもいいですし、クレヨンで着色するのもおすすめです。

    クレヨンは基本的に、ロウと顔料でできています。そのため、少量溶かして入れることで、着色が可能。

    使用するのは、色素の成分の安全性が確認できるミツロウクレヨンが◎。

    キャンドル用の染料が販売もされているので、より本格的に作りたい方はそちらを活用するのもいいでしょう。

    クレヨンで着色する場合は、アルミの容器に好きな色のクレヨンを削り入れておきます。

    削ったクレヨンにロウを入れます。

    そして、そのアルミ容器を湯煎に置き、その中に溶けたロウを入れて着色します。

    クレヨンが溶けにくければ、爪楊枝などで少しかき混ぜてみてもいいでしょう。

    貝がらにロウを入れる

    熱いので気をつけて!

    アルミ容器から、貝がらにゆっくりロウを注ぎます。

    すぐに固まってしまうので、テキパキ行いましょう。

    一度に入れきると、表面がぼこぼこせず滑らかに仕上がります。

    装飾する

    カラフルに仕上がりました。

    ロウが乾いてきたら、拾った小さな貝がらで装飾をします。

    ちょこんとのせるだけで、一気に見た目もかわいくなり、子どもたちのテンションも上がりますよ。

    なお、燃えやすいものなどをのせると危険なので、貝がらなどで装飾するようにしましょう。

    平らな場所にしばらく置いておき、ロウが完全に固まれば完成です。

    作り方のコツ

    貝がらを安定させること

    できるだけたくさんのロウを貝がらに入れるために、貝がらの下に石など置いて安定させるのが上手に作るコツです。

    こうすることで火をつけた後も、ロウがこぼれ落ちることを防げるので、おすすめです。

    もちろん貝だけで作っても大丈夫ですが、その際は、貝の下に器などを置いて、ロウが下に垂れないように工夫するといいでしょう。後片付けが簡単になります。

    芯を付けるのにグルーガンを使用すること

    ロウを入れてから、芯を固定することもできますが、グルーガンで固定しておくと、作業が楽になります。

    お子様と一緒の場合や、初めて作る場合には、グルーガンで芯を固定するのがおすすめです。

    割り箸で芯を支えます

    グルーガンで芯を立てたけど倒れてきてしまった、という場合は割り箸やヘアピンなどを使い挟んで固定しても大丈夫です。

    完全に固まる前に固定してみましょう。

    手軽に作れるオリジナルキャンドルでキャンプを彩ろう!

    ロウを溶かして入れるだけで簡単にできてしまうキャンドル作り。

    貝がらが拾えない場合は、市販の貝がらを利用してもいいですね。

    自分だけのオリジナルキャンドルを、ぜひキャンプでも作って楽しんでみてください。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    ムスカリ
    経験ゼロスタートの2児の母キャンパー。アウトドアブログ“ブッシュクラフトLIFEWORK”を運営する傍ら、アウトドアインストラクターのアシスタントとしても活動中。アウトドアで人生が変わる!をモットーに子どもと一緒にファミリーキャンプ&ブッシュクラフトキャンプを満喫。焚き火とキャンプ飯、そしてモノづくりが好きで、アウトドアグッズを商品化するのが夢。

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    不用品をキャンプファニチャーにアレンジするスゴ技教えます!

    2024.07.07

    タイダイ染めで世界で1枚のTシャツを作ろう!やり方を徹底解説

    2024.06.04

    DIYでミニテーブルを作成! 端材を有効活用して自分だけの道具を作ろう

    2024.05.14

    ソーホースブラケットとは?DIYアイデアやおすすめ商品を紹介

    2024.05.06

    「最強の竹とんぼ」の作り方を伝授!奥の深い知育玩具を親子で楽しもう

    2024.04.10

    DIY初心者におすすめしたいお役立ち道具11選!ひと味違うDIYを実現できる個性派ショップも

    2024.03.04

    ハンモックを自作しよう!布で作る簡単な作り方教えます

    2024.01.03

    クリスマス工作のすすめ!拾ったどんぐりや木の葉でサンタハウスを作ろう

    2023.12.08