「クナイフ」のモチーフは忍者の“くない”!使い方無限大のナイフで紙や野菜、魚を切ってみた | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2023.09.25

    「クナイフ」のモチーフは忍者の“くない”!使い方無限大のナイフで紙や野菜、魚を切ってみた

    ナイフ3本

    左から「剣型」「角型」「出刃型」。柄の輪によって工具のように吊るして保管することができる。

    忍者の“アレ”がナイフになった「クナイフ」

    アニメや漫画に出てくる忍者を見ていると、たいてい柄に丸い輪のついた線対称の刃物を持っている。いわゆる「苦無(くない)」である。この苦無をヒントにして、3本のミニナイフを作った。形は、「剣型」「角型」「出刃型」の3つだ。

    手に持つ

    丸い輪は単なる飾りではなく、小指や薬指を通すと力をこめやすい。

    剣型

    「剣型」は先端が細いので、切り込みを入れるのに向いている。カッターナイフやペーパーナイフがわりに、段ボールや手紙の開封に使いやすい。

    段ボール開封

    紙がスッと切れる。

    角型

    「角型」は、刃幅が広いので、小さな菜切り包丁として、野菜の押し切りに向いている。

    野菜を切る

    アウトドアでの簡単な調理に。

    出刃型

    「出刃型」は、角度の違う2つの刃が付いているので、1本でさまざまな作業ができる。根元側は広い面を削ることができる。

    また、「出刃型」の先端は、繊細な作業に向いている。3本とも全長約16cmと小さいので、手の小さな子どもでも扱える。

    木を削る

    木を削るのに最適。

    鉛筆を削る

    鉛筆削りにも。

    クナイフでアジの刺身を作ってみた

    江戸時代の忍術書『万川集海』では、苦無は「登器」の欄に掲載され、用途として「投げたり、打ったり、掘ったり、岩間に打込んで支えにして登ったり」と記されている(『完本 万川集海』国書刊行会)。

    また、「必要以上の(忍器の)携行は無駄である。忍びの功者は一つの忍器を多目的に使いこなすものである」と書かれている。「功者」をめざして、試しにアジをさばいてみた。

    アジのゼイゴをとる

    ゼイゴをとるには、刃先のカーブした「剣型」が使いやすい。

    アジの腹を裂く。

    腹を裂くには、先端が尖っていて、なおかつ刃の全長が長い「出刃型」が向いている。

    アジの頭を落とす

    頭を落とすには、上から峰を押して力を込めやすい「角型」がよい。

    身と骨を分ける

    身と骨を切り分けるのは、刃がまっすぐな「角形」がやりやすい。

    皮をはぐ

    皮をそぐときも、刃がまっすぐな「角型」が使える。

    身を切る

    身を細く切っていくときは、刃が細くて柳刃包丁に似た「剣型」が向いている。

    刺身完成

    3本を使って刺身を作ることができた。

    薄型のケース付きでどこにでもしまえる

    ちなみに、クナイフには専用のケースが付属している。

    ケースもごく薄いものにしたことで、持ち運びしやすい。アウトドア用のバッグはもちろん、キッチンやデスクの引き出しに、そっと忍ばせよう。

    ケース入り

    ケースの素材は、水濡れに強い人工皮革。

    ※この商品は[通販サイト]「小学館百貨店」から購入できます。

    クナイフ/BE-PAL OUTDOOR PRODUCTS 各3,960円(税込み)
    https://www.pal-shop.jp/item/A55310002.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17