待望の新フレーバー!レモン風味「海のほりにし」で作る絶品アクアパッツァ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2023.09.07

    待望の新フレーバー!レモン風味「海のほりにし」で作る絶品アクアパッツァ

    ほりにしレモンで作るアクアパッツァ

    「ほりにしレモン」で作るアクアパッツァ。

    今年、あのアウトドアスパイス「ほりにし」に、待望の新フレーバーであるレモン風味が登場しました。その名も「海のほりにし」。

    今回は新たに仲間入りした「海のほりにし」を、キャンプ飯にもおすすめのアクアパッツァに活用するレシピを紹介します。

    ついに登場「海のほりにし レモン風味」!

    ほりにしレモン

    モデルのマーシーさんが監修しています。

    今年のはじめに新フレーバーとして発売された「海のほりにし レモン風味」は、モデルとして活躍中のマーシーこと三浦理志さん監修の一品。

    マーシーさんは発売当初からほりにしを愛用されていて、ご自身の好物であるレモンを使って「自分好みのほりにしを作りたい」と思っていたところ、新フレーバー監修の打診があったそうです。

    これまでのほりにしではうま味や辛み、燻製の風味がありましたが、今までにない爽やかな香りを楽しめるということもあり、筆者もその発売を心待ちにしていました。

    ほりにしレモンの粉末

    今までになかった爽やかなレモン風味。

    実際に味見をしてみると、最初にレモンの爽やかな香りがスッと広がって、あとからうま味がブワッと追いかけて来るような風味が印象的。

    にんにくが抑え気味になっているので、奥深いのに後味さっぱりという、まさに「海のほりにし」の名にピッタリの味わいで、魚介やオリーブオイルとの相性がバツグンです。

    レモン風味のほりにしで作るアクアパッツァのレシピ

    ほりにしレモンで作るアクアパッツァの材料

    こちらが今回の材料です。

    材料(2人分)

    • タラ(切り身) 2切れ(約120g)
    • あさり缶詰 1個(125g)
    • ブラックオリーブ(スライス) 1袋(25g)
    • ミニトマト 8個
    • オリーブオイル 大さじ1
    • おろしにんにく 小さじ1
    • 海のほりにし レモン風味 適量
    • 刻みパセリ 適量

    魚はタラの切り身、あさりは缶詰、ミニトマトはそのまま煮込み、さらにブラックオリーブはスライスを使用…となんと包丁いらずの簡単レシピ。

    素材のうま味と「海のほりにし」がまとうレモンの香りを生かすため、白ワインなども使用せずに仕上げます。

    作り方

    タラに塩を振りキッチンペーパーで水気を拭き取る

    塩を振って置いておきます。

    まずは調理前の準備として、タラの両面に塩(分量外:ふたつまみ)を振って10分ほど置いておき、キッチンペーパーで表面の水気を拭き取りましょう。

    こうすることで、魚の臭みを抑えることができます。

    タラの水気を拭き取る

    これで準備万端です。

    白身魚はクセが少ないのでそのまま調理しても美味しいのですが、今回はよりレモンの風味を生かすために、ひと手間かけて下ごしらえしておきます。

    ミニトマトのヘタを取る

    ヘタを取ります。

    続けて、ミニトマトのヘタを取りましょう。こちらは切らずにそのまま蒸し煮に。丸ごと調理すれば、弾けるような食感を楽しむことができますよ。

    ミニトマトのヘタを取る

    ヘタを取って下処理完了!

    なお、今回は使用していませんが、お好みできのこをプラスして作るのもおすすめです。

    スキレットにオリーブオイル、おろしにんにくを熱する

    今回はアルミスキレットを使用しています。

    スキレットにオリーブオイル、おろしにんにくを加えて弱火で熱します。ちなみに、今回は直径約20cmのアルミスキレットを使用しています。

    タラを皮から焼く

    皮から焼くとより香ばしく仕上がります。

    にんにくの香りが立ってきたらタラを皮から焼いていきます。皮から焼くことで、より香ばしいアクアパッツァに仕上がりますよ。

    あさり水煮缶を缶汁ごと加える

    うま味の溶け込んだ汁ごと。

    あとは順番に具材を加えていくだけ。まずはあさり水煮缶を汁ごと加えて…。

    タラの周りにミニトマトを並べる

    仕上がりの彩りを考えて配置します。

    タラの周りにミニトマトを並べます。

    ブラックオリーブを加える

    ブラックオリーブは色も味もアクセントになります。

    ブラックオリーブをちらしたら…。

    ほりにしレモンを振りかける

    たっぷり振りかけましょう。

    今回の主役、「海のほりにし レモン風味」を10~15回ほど振りかけましょう。

    アルミホイルでフタをして蒸し煮にする

    蒸し煮にしていきます。

    煮立たせたら弱火にし、アルミホイルでフタをして10分ほど蒸し煮にします。

    フタを取り火から下ろす

    ミニトマトの彩りが鮮やかです。

    煮えたらフタを取って火から下ろしましょう。

    ほりにしレモンで作るアクアパッツァ

    海の香りがします。

    食卓に出したら、刻みパセリをちらして完成。魚介とレモンが交わって、まさに海のような香りが漂ってきます。

    ほりにしレモンで作るアクアパッツァ

    口の中を潮風が通り抜けていくような味わい。

    一口頬張ると、レモンの香りをまとったタラはさっぱり風味ながらもジューシー。

    ミニトマトの酸味とブラックオリーブの塩気をまとった甘みがアクセントになって、口の中を潮風が通り抜けていくような味わいが楽しめるアクアパッツァに仕上がりました。

    「海のほりにし」は魚介との相性バツグン!

    爽やかな香りが楽しめる「海のほりにし」は、今回紹介したアクアパッツァはもちろん、カルパッチョや魚介を使ったパスタ、エスニックメニューなどとの相性もバツグン。

    もちろん、何にでも合うという従来のほりにしの万能さはそのままなので、肉や野菜、ごはんなどに振りかけても、おいしく楽しめます。

    スパイス界に旋風ならぬ潮風を巻き起こす「海のほりにし レモン風味」、ぜひいろいろなキャンプ飯で味わってみてください!

    私が書きました!
    筋肉料理研究家
    Ryota
    学生時代運動経験ゼロ・病気で精神病院に入院するも筋トレとお料理で立ち直り、現在は料理研究家・パーソナルトレーナーとして活動中。企業やメディアへのレシピ提供を行う傍ら、ボディメイクコンテストにも出場。父方の実家は港町、母方の実家は山に囲まれていて、幼少期には海や山道を走り回っていた。自然の中で本を読むのが趣味だが、最近は料理研究家活動が忙しく、1人でキャンプめしを作って気を紛らわしている。

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    簡単・おいしい・ヘルシー!人気料理家・山田奈美さんの「砂糖なしおやつ」レシピ2選

    2024.05.25

    「インドカレー屋さんの謎ドレッシング」で絶品に! メスティンで作るビリヤニ風レシピ

    2024.05.24

    かっぱえびせんを使ったアレンジレシピ5選!キャンプでも簡単に作れるおすすめを紹介

    2024.05.23

    野菜嫌いの子供もパクパク!? 噂の万能スパイス「ふ~塩」を使った簡単キャンプ飯レシピ

    2024.05.23

    みんな大好き!? 挽き肉油焼きレシピ【自衛隊出身芸人トッカグン小野寺の極上サバイバル飯 VOL.12】

    2024.05.19

    カルディで見つけた万能調味料「ガーリックバターソース」のアレンジレシピ5選!

    2024.05.18

    キャンプご飯の手抜きでもおいしいレシピ!おすすめのレシピを7つ紹介!

    2024.05.18

    メスティンでできるキャンプ飯レシピ35選!プロのおすすめを厳選

    2024.05.16