超快適仕様のハイエースも登場したぞ! 東京キャンピングカーショー2023レポ | キャンピングカー・車中泊 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンピングカー・車中泊

    2023.07.09

    超快適仕様のハイエースも登場したぞ! 東京キャンピングカーショー2023レポ

    多くの来場者で賑わいをみせた2日間

    7月1日()〜2日()にお台場にある東京ビッグサイトで開催された「東京キャンピングカーショー2023」。過去最大の90社・200を超す車両が展示されるということもあり、開催前から大きな話題を集め、2日間で1万6000人を超える多くの来場者で賑わいを見せて幕を閉じました。ちなみに、昨年の来場者は2日で約9000人だったことをみてもいかに盛り上がったかわかると思います。

    初日は朝からあいにくの雨模様でしたが、2日目は真夏のような暑さ。両日共に開場前から入り口には多くの来場者で賑わいをみせ、東京ビッグサイト横の臨時駐車場も来場者のクルマがあふれていました。

    東京キャンピングカーショーは新型キャンピングカーの展示はもちろんのこと、各社のラインナップを直接見たり、触れたりできるまたとない絶好のチャンス。車両の展示以外にも話題の新製品の販売や最新の技術やシステムが展示されるなど、充実した内容となっていました。

    今回はそんな会場内にあった最新モデルのなかから、気になるモデルをレポートしていこうと思います。

    話題のフィアット・デュカトをベースにした「ヴェローナ」が初披露

    ホワイトハウスキャンパー「ホワイトライン・ヴェローナ」。乗車定員:4人・就寝定員:4人。

    ホワイトハウスが製造するホワイトライン・ヴェローナは、国内に正規導入されて今年話題となっているデュカトのL3H2がベース。全長約6mのボディがもたらす広々とした空間には前方にリビングを置き、後方には縦置き2段ベッドやキッチン、サニタリールームをレイアウト。

    樹脂と木材を巧みに組み合わせたインテリアはホワイトハウスが得意とする樹脂造形が多用されており、その美しさにはため息がでるほど。そんな上質な空間に加えリビングの壁にあるコントロールパネルによる一括管理など、先進性もアピール。1480万円〜という高級モーターホームが見られるのもショーならではの魅力でしょう。

    フロントシートを回転させてセカンドシートとリビングモードを展開。間接照明も備わり夜もムーディ。

    最後部には2段ベッドとサニタリールームを配置。上段ベッドへ上がるためのステップもしっかり装備。

    各種照明のスイッチをはじめ、サブバッテリーの電圧などをひとめで管理できる大型モニターをリビングに搭載。

    問い合わせ先:ホワイトハウス 

    カトーモーター初の軽キャンパー「Hacosiki(ハコシキ)」デビュー

    カトーモーター「ハコシキ」。乗車定員:4人、就寝定員:2人。

    カトーモーターが拠を構える新潟県燕市は、夏は40℃を超え冬も-10℃になる日があったりする過酷な気象の地域ということもあり、天井、壁、床の断熱にはとくにこだわって製作。また、家具類についてもその仕上がりのよさにファンも多いビルダー。

    そんな同社の初となる軽キャンパーが「ハコシキ」。ベースはスズキ・エブリイで荷台左側に大型2段キャビネットを搭載し上段にはポータブル電源、下段にはスリムシンクを内蔵。右側にはキャビネットを設けず、取り外しのできる棚や可倒式テーブルを装備。シンプルかつ使い勝手を重視して製作されており、普段使いもしやすい仕様となっています。価格は2934800円〜。

    写真のようにテーブルをセットし、お座敷感覚でくつろぐことが可能。

    優雅な1人旅仕様としてもお薦め。

    キャビネット上段にポータブル電源、下段にシンクが備わる。

    問い合わせ先:

    カトーモーター 

     

    AtoZから軽トラベースの小型キャブコン「アレン・ミニ」が登場!

    軽トラベースのアレン・ミニ。詳細は追って紹介します。

    軽キャンパーから本格キャブコンまで、幅広いラインナップを誇るAtoZ。そんな同社からは初の軽ベースキャブコン「アレン・ミニ」を出展。ベース車両はマツダ・スクラムトラック(スズキ・キャリイトラックのOEM車)で、大型のシェルを搭載して白8ナンバー(普通車)登録仕様に架装。軽自動車らしい小回り性能を残しつつも、車内は軽自動車ベースとは思えない広さを実現。価格は3894000円〜で車両はまだ開発中のため、詳細については改めて報告します。

    179cmの筆者がたったまま楽に移動できる室内高を確保。バンク部分は荷物置きとしても利用が可能。

    問い合わせ先:

    AtoZ

    新型セレナにポップアップルーフを搭載した「セレナP-SV」も発売

    新型セレナにポップアップルーフを架装した「セレナP-SV」。

    日産ピーズフィールドクラフトは日産東京販売の「キャンピングカー&RVプロショップ」として1994年6月に設立し、日産車ベースのキャンピングカー&車中泊カーを販売。今ショーで初披露となったのは、202212月にデビューしたばかりの新型セレナにポップアップルーフを搭載した「セレナP-SV」。P-SVはポップルーフ・スリーピング・バージョンの略で、ルーフの架装によりテント内に2人就寝が可能。テント部分は全開放、メッシュ、全閉の3モードが可能。また、オプションのマルチベッドがあれば最大4人での就寝も行える仕様になっています。

    問い合わせ先:

    日産ピーズフィールドクラフト

    超快適仕様のハイエース「リークIIIエボライト」

    ナッツRV「リークIIIエボライト」。乗車定員:7人、就寝定員:4人。

    国内大手のキャンピングカービルダーであるナッツRVからは、ハイエースのなかでも最大サイズのスーパーロングワイドハイルーフをベースにした「リーク3」を初展示。こちらは既存のリーク2にはない、家庭用エアコンが標準装備。さらに断熱材には「エアフォリア」と呼ばれる素材を採用することで従来以上の断熱性を実現しています。

    また、エボライトと呼ばれる同社オリジナルの充電システムを搭載することでサブバッテリーへ短時間で充電が行えるようになっている点も見逃せません。車内で使う電気についてもストレスフリーかつ、エアコンによる快適性も抜群。家具の作り込みの高さも同社ならではとなっています。価格は759万円〜。

    セカンド、サードシートにはキャンピングカー専用のFASPシートを採用し、反転やフラットも楽々。

    エアコンにはダイキンのルームエアコン「リソラ」を搭載。

    問い合わせ先:

    ナッツRV

     

    アメリカ・オハイオ生まれのキャンピングトレーラー「T@B Tear drop Camper 320S

    nuCamp「T@B Tear drop Camper 320S」。就寝定員:3人。

    アメリカンキャンピングトレーラーを多く取り扱うボナンザでは、オハイオのブランドであるnuCampが製造するコンパクトトレーラーの「T@B Tear drop Camper 320S」を初展示。ティアドロップ型のボディは全長約4.8mに全幅約2mとコンパクト。

    車重は883kgなのでけん引免許は必要ですが、扱いやすいサイズは大きな魅力。65Lの冷蔵庫にカセットトイレ、外部シャワーなど装備が充実しているほか、2〜3人でゆったりできる室内も大きな魅力。オプションのサイドバイザーも個性的です。価格は743万円〜。

    コの字型のリビングは全面ベッドに展開が可能。電子レンジも装備。

    跳ね上げ式シンク付きの洗面台にカセットトイレを装備。

    フロント側にキッチンを装備。窓も備わり、通気や採光も抜群。

    問い合わせ先:

    ボナンザ

     

    以上、東京キャンピングカーショーでお披露目となった7モデルを紹介しました。

    この後も、夏から秋にかけて全国各地でキャンピングカーショーが開催されますので、実際に足を運んで最新モデルに触れてみてはいかがでしょうか? 

     

    私が書きました!
    編集者・ライター
    伴 隆之
    大学卒業後、自動車専門誌の編集者として勤務し、その後独立。1999年から2年ほどカリフォルニアに住んでいたこともあり、アウトドアと旅が趣味。ニュージーランドでのキャンピングカー旅が特に好きで南北計4回ほど走破。現在は旅やキャンピングカーを中心にアウトドアやオートバイなどの誌面や動画を製作。愛車は1967年式イノチェンティ・ランブレッタと日産エルグランドをベースに自身で製作した車中泊カー。

    NEW ARTICLES

    『 キャンピングカー・車中泊 』新着編集部記事

    キャンピングカーの内装に注目!バンや軽、DIYスタイルまで一挙紹介

    2024.04.14

    新型キャンピングカー「ベルーガ」は普段使いもイケる!フレックスのハイエースがベース 

    2024.04.13

    最安グレードは180万円台!軽キャンパー「ミニチュアクルーズ」の姉妹モデル、「ミニチュアボックス」の中身は?

    2024.04.02

    日産・キャラバンがベースのキャンピングカー「UTONE300」は上下2段ベッドが広いぞー!

    2024.03.24

    キャンピングカー「フィーカ」はハイエースの広さを生かした8人乗車・3人就寝仕様だ!

    2024.03.13

    winpy-jijiiさんが夫婦で改造したキャンピングカーがすごい!製作期間2カ月半、改造費30万円以下

    2024.03.04

    キャンピングカーの中でなに食べてる?子連れ車中泊旅のリアルな食事事情をご紹介

    2024.02.18

    アネックスのポップアップルーフ付きキャンピングカー「UTONE(ウトネ)500-ER」はハイエースで多人数就寝を実現!

    2024.02.18