色にこだわり豊富なアクセサリーで遊ぶ! これがデリカミニの正しい選び方だ | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2023.07.08

    色にこだわり豊富なアクセサリーで遊ぶ! これがデリカミニの正しい選び方だ

    幅広い世代に指示されている三菱の新型車、デリカミニ。BE-PALではいち早く取材し、すでに記事もいくつか配信済み。今回は5月9日発売の本誌に掲載した取材記事からお届けしよう。レポートするのは、本誌クルマ記事担当記者の櫻井と編集の早坂だ。

    外遊びを楽しむなら4WDと運転支援機能はマスト

    三菱/デリカミニ T Premium(4WD)

    ¥2,238,500
    問い合わせ先:三菱自動車 0120-324-860
    https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

    便利なトールワゴンに力強さをプラス

    最低地上高こそ160㎜にとどまるものの、15インチタイヤとホイールアーチの黒いアクセントでSUV風のスタイリングに。

    カラーは全12色。アクティブなトールワゴンとして楽しめる。

    前後にはプロテクターを想起させるデザインを施し、立体的な「DELICA」ロゴを配置している。

    :タフなテイストを取り入れたeKクロス スペースと入れ替わる形で登場したのが、デリカミニ。愛嬌のあるヘッドライトやグリル周りの造形、大径タイヤなどによって、かわいくて頼もしいキャラクターに仕上がってますね。
    :うん。近年のデリカシリーズでは、コンパクトワゴンのデリカD:2、そしてすでに販売が終了したミニバンのデリカD:3もあった。もっとも、この2車種は他社から供給を受けて販売するOEM車種。それらに比べると、デリカミニには三菱らしいこだわりが強く感じられるね。

    積むにも休むにも便利な室内空間

    「T Premium」および「G Premium」は、汚れをふき取りやすいラゲッジボードと後席シートバックを標準装備。安心してキャンプ道具を積める。

    前後席を後ろに倒した状態。くつろげます!

    後席は足元が広々。座面は撥水仕様。助手席のシートバック側にはミニテーブル付き。

    後席は片側ずつ320㎜も前後スライドができて、荷物の量に合わせてアレンジ可能。

    :4WD車にはアウトドアにも便利な機能がふたつ付いています。急な下り坂でクルマが滑り落ちないように電子制御で車速を制御するヒルディセントコントロールと、滑りやすい路面での発進をサポートするグリップコントロールです。
    :特にグリップコントロールは大雨に見舞われたキャンプ場やその周辺で助かる装備。片側の駆動輪がぬかるみなどで空転したときにブレーキ制御して、確実に前へ進めるんだ。
    :しかも4WD車は足回りに専用チューニングを施していて、砂利道などでの安定性を保ちながら、車内に振動を伝えにくい設計。

    快適・安全装備も抜かりなし

    コクピット周りの質感は高い。ターボ車のみ、ハンドルから手を放さずにCVTを疑似変速できるパドルシフトが付く。

    周囲のカメラ画像を映し出すモニター付きデジタルルームミラーは「T Premium」と「G Premium」に標準装備。

    収納も充実。

    :荷物を積んで高速道路や山道を走ることを考えたら、テスト車両の「T Premium」がおすすめ。エンジンパワーのあるターボ付きの4WD車で、両側電動スライドドアやステアリングヒーターなどの実用装備に加え、運転支援機能「マイパイロット」も標準装備されているよ。
    :テスト車両とノンターボで装備充実の「G Premium」4WD車との価格差は8万9100円。最も安いノンターボ「G」の2WD車は180万4000円で価格差は43万4500円と大きいですが、外遊びを楽しむなら4WDと運転支援機能はマストです。

    個性を高めるアクセサリーが豊富にそろう

    ディーラーオプションの「ワイルドアドベンチャースタイル」を装着したカスタマイズ例。加飾パーツやデカールで自分だけの1台に仕上げて、キャンプを楽しもう!

    :うん。デリカミニはボディーカラーが多彩で、実用装備や加飾パーツなどのアクセサリーも豊富に用意されている。デリカD:5の忠実なミニ版ではなく、三菱が提案するアクティブライフの新しいカタチとして考えれば、とてもお得感のあるクルマだと思う。
    :僕も一目でわくわくしました。遊び用に欲しい!

    SPECIFICATIONS

    【駆動方式】 4WD

    【ボディー寸法】
    全長 3,395㎜
    全幅 1,475㎜
    全高 1,830㎜
    最低地上高 160㎜
    最小回転半径 4.9m
    ホイールベース 2,495㎜
    トレッド 前1,300㎜/後1,290㎜
    タイヤサイズ 165/60R15
    車両重量 1,060㎏
    乗車定員 4名

    【エンジン】
    排気量・種類 659cc直列3気筒ターボエンジン最高出力 
    47kW(64PS)/5,600rpm
    最大トルク 100N・m/2,400~4,000rpm
    燃料タンク容量 27ℓ
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
    燃費(WLTCモード) 17.5㎞/ℓ

    【トランスミッション】 CVT

    ※構成/櫻井 香 撮影/小倉雄一郎 

    (BE-PAL 2023年6月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    新型ミニクーパーEVの新しさとは?バルセロナで金子浩久が乗ってきました!

    2024.06.14

    太平洋に浮かぶ楽園=八丈島をスバルのSUV「クロストレック」「アウトバック」で走ってきた

    2024.06.13

    スバル「レヴォーグ レイバック」試乗レビュー!"地面から200㎜"の余裕が行動範囲を広げるぞ

    2024.06.02

    オフロードで実感!ヨコハマタイヤ「ジオランダーA/T4」は週末のソト遊びにフィット

    2024.05.22

    北京のSUVがヤバいです! 仰望(ヤンワン)の「U8」は1200馬力でドローンまで搭載

    2024.05.20

    フォルクスワーゲンで一番人気の「T-ROC」、アウトドアフィールドでの使い勝手&走りはどう?

    2024.05.12

    ランドクルーザー250にランクル300のオーナー(ピストン西沢)が乗ってみた!

    2024.04.27

    夢はでっかくポルシェでキャンプ!「カイエン」ってこんなに楽しいぞ~

    2024.04.23