キャンプでピザやグラタンも思いのまま!400度調理ができる「焚き火オーブン」登場 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

キャンプでピザやグラタンも思いのまま!400度調理ができる「焚き火オーブン」登場

2017.04.15

ハイポジ&遮温カバーがついて『KAMADO』がパワーアップ

 オーブン料理と鍋料理が同時にできる「ロゴス」の『LOGOS the KAMADO』に、2つのオプションが誕生。格段に使い勝手がよくなった。

 ひとつめのオプションは『遮温カバー』(3300円)。

 石窯のようにポッカリ口が開いたままの『LOGOS the KAMADO』だが、ここをふさぐことで内部を400℃にまであげることができるのだ。

 これの何がすごいかというと、高温でピザやパンをパリッと焼き上げられるということ。短時間だけ300℃に達するものがあるけれど、家庭用の電気オーブンの上限は、基本的に250℃まで。

『LOGOS the KAMADO』は、遮温カバーのおかげで温度管理がかなり楽になり、家庭用オーブンよりも「石窯」に近い高温でオーブン料理ができるようになったのだ。
 
『LOGOS the KAMADO』専用の遮温カバー。取り付けは工具不要。左右に2cmほどスライドできるので、そっと中をのぞくこともできる。

取っ手はスッキリ収納できるよう、可倒式。

 

もうひとつはハイポジション用の『専用スタンド』(1万3200円)。昨今のキャンプは「ロースタイル」が主流となっているが、調理はやはり、立ったままのほうが都合がいい。とくに『KAMADO』で石窯料理をする場合は、ハイポジションのほうが、奥まで焼き具合を確認しやすくなる。
 

テーブルと並べた際の高さを考慮した設計

 すでに『LOGOS the KAMADO』ユーザーであるなら、各オプションを購入することになるが、これから購入するなら『LOGOS the KAMADOコンプリート』(3万4800円)一択。オプションをそろえるよりお得だし、スタンドはジョイントの数を変えるだけでハイポジションとローポジションを簡単に交換できるのだから。

 元祖『KAMADO』は高さ57cm(ピザ窯面28cm)で、オプションスタンドを用いるとハイポジションで97cm(同68cm)。同社の新顔テーブルである『グランベーシック 丸洗い3FDスリムテーブル』(69cm)と高さがほぼそろう。並べた際の美しさも、コンプリート版に軍配があがる。

 もっとも、ロースタイルにこだわっていて、キッチンもロースタイルだけでいいなら、元祖『KAMADO』+『遮温カバー』という選択肢は十分ありだ。

 
■問い合わせ ロゴスコーポレーション
http://www.logos.ne.jp

◎構成=大森弘恵

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。