スキレットで簡単キャンプ飯レシピ!「ローストポークとゴロゴロ野菜」 | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 料理・レシピ

    2023.04.03

    スキレットで簡単キャンプ飯レシピ!「ローストポークとゴロゴロ野菜」

    スキレットにローストポークと野菜が盛りつけられている。

    彩り野菜を添えて見た目も華やかなローストポークを作ります。

    今回ご紹介するのは、スキレットでつくるローストポークとゴロゴロ野菜のレシピです。

    簡単に作ることができ、かつ見栄えも良いため、グルキャンでの持ち寄り飯にもおすすめ。

    スキレットは一般的なフライパンよりも蓄熱性に優れており、肉や野菜にじっくりと火を通すのに向いています。時間をかけて丁寧に焼き上げた食材は、旨味が閉じ込められて絶品の仕上がりになりますよ!

    ローストポークに合うタレの作り方も合わせて紹介するので、ぜひ次回のキャンプ飯の参考にしてもらえればと思います。

    材料

    材料や調理器具が机に並んでいる。

    今回の材料はこちら。

    タレとメインの料理に使う食材・調味料をそれぞれ用意します。

    タレの材料

    • 料理酒 大さじ2
    • 醤油 大さじ2
    • 酢 大さじ1
    • 砂糖 大さじ1
    • 玉ねぎ 1/4個
    • にんにく 1片

    ローストポークとゴロゴロ野菜の材料(2~3人分)

    • 豚かたまり肉 300〜400gほど
    • 塩こしょう 適量
    • 人参 1/2本
    • れんこん 10cmほど
    • じゃがいも 小サイズ1個
    • パプリカ 1/2個
    • 玉ねぎ 1/2個
    • サラダ油もしくはオリーブオイル 大さじ1
    • イタリアンパセリ 適量

    豚かたまり肉はどの部位を使用してもOKです。赤身と脂身のバランス重視であればロース肉、赤身が多くあっさりしているのがお好みであればモモ肉がいいでしょう。こってりと油も楽しみたいならバラ肉を選択してみてください。

    スキレットは、ニトリの直径約19cm(8インチ)のものを使用しました。別売りの蓋を使えばスキレットの内側に熱を留め、じっくりと調理することができます。

    使用するスキレットのサイズに合わせて、野菜の量を調整してくださいね。

    タレの作り方

    まずはタレから作っていきましょう。材料をすべて合わせてひと煮立ちさせるだけで仕上がります。

    すりおろしたにんにくと、みじん切りにした玉ねぎが机に並んでいる様子。

    すりおろしたにんにくと、みじん切りにした玉ねぎを用意します。

    玉ねぎをみじん切りにし、にんにくはすりおろしましょう。

    鍋の中にタレが入っている様子。

    ひと煮立ちしたら出来上がりです。

    すりおろしたにんにく、みじん切りした玉ねぎ、料理酒、醤油、酢、砂糖を鍋に入れ、ひと煮立ちするまで火にかければ出来上がりです。

    ローストポークとゴロゴロ野菜の作り方

    続いてメインのローストポークを作っていきます。

    1.肉と野菜の下準備をする

    パットに大きめにカットされた野菜が入っている。

    大き目にカットしたほうが美味しく仕上がります。

    肉の表面にまんべんなく塩こしょうを振り、15分ほど放置して下味を付けます。

    野菜はなるべく大き目にカットしましょう。そのほうが旨味をたっぷりと感じられ、美味しく仕上がります。

    2.肉の表面を焼く

    トングで塊肉をつかんでいる様子。

    トングでつかんで肉の前面を焼きましょう。

    スキレットに油を薄く引き、強火にかけます。煙が立ち上り、スキレットが温まったら、火を少し弱めてかたまり肉を乗せましょう。片面が焼き上がったらひっくり返し、もう一方の面も焦げ目が付くまで焼いてください。

    3.野菜を追加してじっくりと焼き上げる

    スキレットの中に塊肉や野菜が並んでいる。

    隙間に野菜を置いて火にかけましょう。

    かたまり肉の脇のスペースに大き目にカットした野菜を乗せ、蓋をして弱火にかけます。じっくりと具材を焼き上げましょう。

    かたまり肉の厚さや野菜の切り方にもよりますが、25〜30分程度が目安です。

    調理途中で焼き加減が気になる場合は、蓋を開けて中を確認しましょう。じゃがいもやれんこん、人参は、串を刺したときにスッと入っていったら火が通っている証拠です。

    また、調理中はスキレットや蓋の表面が高温になっています。持ち上げる際は鍋つかみや皮手袋を使用して、やけどをしないように注意しましょう。

    4.ローストポークをカットする

    まな板の上にカットされた塊肉が並んでいる様子。

    内側までしっかりと火が通っていることを確認!

    火を消し、トングなどを使ってローストポークをまな板の上に取り上げます。お好みで0.5〜1cmほどの厚さにカットしましょう。

    5.タレをかけてできあがり!

    スキレットの中のローストポークと野菜にタレをかけている様子。

    タレをかければできあがり!

    カットしたローストポークをスキレットに戻して盛り付け、タレをかければできあがりです。お好みでイタリアンパセリなどのハーブを添えると、より雰囲気が出ますよ。

    ローストポークとゴロゴロ野菜をキャンプでどうぞ!

    スライスしたローストポークを箸でつかんでいる様子。

    ジューシーで柔らかく仕上がりました!

    スキレットを使ってかたまり肉をじっくりと調理することで、肉汁が全体にいきわたります。冷めてもジューシーな食感が楽しめますよ。

    紹介したタレは、さっぱりとした酸味と甘みがあり、食材の旨味を引き立ててくれます。

    ローストポークとゴロゴロ野菜は、下準備さえしてしまえば、火にかけて放置するだけでできあがるので簡単。誰にでも作れて手間がかからない料理です!

    ぜひ次回のキャンプで試してみてくださいね。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    のまどう
    行く先のあてもないバックパッキング、ソロキャンプ、登山が大好物です。とはいえフラフラは出来ず、最近は子供とのキャンプと自宅に並べたギアを眺めての想像の旅に夢中です。千葉の最南端在住。田舎暮らし満喫中。

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    バーベキューは肉の量が重要!ゲスト満足度を高めるポイント

    2024.06.20

    豪快な肉のキャンプ飯23選!肉の種類別に簡単おすすめレシピを紹介

    2024.06.17

    ビーフシチューのお肉はどの部位がおすすめ?美味しく食べるためにお肉を柔らかくする方法も紹介

    2024.06.16

    カルディ「バカッタレ丼のたれ」で悪魔級の美味しさ!キャンプでも簡単に作れる丼レシピ2選

    2024.06.16

    ピクニックのお弁当に作りたい!おかず・サンドイッチなど簡単おすすめレシピ集16選

    2024.06.15

    The Coleman Day Camp 2024で体験できる「フランス発ホットサンド」の激ウマ&簡単レシピ

    2024.06.12

    タフまるJr.×スキレットで作れる!キャンプで簡単おつまみレシピ5選

    2024.06.11

    夏の簡単キャンプ飯34選!初心者におすすめの定番からおつまみやデザートまで紹介

    2024.06.10