今度は森に小屋を建設中!さばいどる かほなんが新しい秘密基地を作りはじめた | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自作・DIY

    2023.03.06

    今度は森に小屋を建設中!さばいどる かほなんが新しい秘密基地を作りはじめた

    雪に覆われた森

    雪に覆われた静かな森の一画。ここが、これからかほなんが新しいベースを開拓する場所。

    シェルターの次は、森の中に木造の小屋を作ること

    2022年末。さばいどる かほなんは、チェーンソウを持ち、新たなるベースの木を切りはじめた。

    チェーンソウで木を切るかほなん

    新しいベースの開拓は、自らチェーンソウを持ち、木を切るところからスタートした。

    全国へ広がる森林レンタルシステム「forenta」

    かほなんのベースは、岐阜県東白川村にある。2020年11月から森林レンタルシステムとしてスタートした「forenta」内。これまでかほなんは、アドバイザーとして、forentaの1区画を開拓しながら、アウトドアで修行する様子をYouTubeなどで紹介してきた。そして、昨年秋から、今まで使ってきたベースはそのままに、新たな区画の開拓をスタートしたという。

    かほなんが使用するforenta-GIFUは、名古屋の中心部からクルマで2時間弱という交通至便な場所にある。このエリアの1区画の利用料は、1年間7万円以下。約200~300坪の林間を自由に使えるとあって、開業当初の9区画はすぐに定員に。運営会社の山共は、さらに区画を増やし続けてきたが、現在は77ある区画のすべてがふさがっているそうだ。

    それどころかforentaは、北海道から福岡まで全国9道府県に広がり、森で自由に過ごしたいアウトドア好きの遊び場として親しまれている。

    かほなんが作ったシェルター

    これまで使ってきた最初の区画にあるシェルター。冬でも暖かく過ごせるように自作のストーブもある。

    新しい小屋作りがスタート!杭だって自分で作る

    そんなforentaで、かほなんが新たに開拓するベースにお邪魔した。

    「以前の区画では、丸太で柱を組み、ODシートを被せて囲ったシェルターを作り、そこでキャンプをしたり、様々な作業をしていました。無人島21日間チャレンジの前に、シェルターの作り方や強度を試すことができたのは、よかったです。今回は新たな区画に、木を使って小屋を建てる予定です」

    2022年秋ごろからライブ活動も復活。全国各地でのテレビやイベント出演のため忙しく過ごすかほなん。ようやく仕事が落ち着いた2022年末に、小屋作りをスタートさせた。

    「今回も、植林されたエリアにある木を、許可を得て切っています。最初に、小屋のベースとなるウッドデッキを作りました。基礎の部分には切り株の根本と、ここで倒した丸太で作った杭状のものを使っています」

    杭を持つかほなん

    基礎として使う鉛筆のような形に加工された杭。もちろん自作。

    あらかじめウッドデッキの高さとして使いやすい長さを残して木を切った。切り倒された木は、短くして先を鉛筆のようにとがらせ、それを地面に打ち込んで基礎にしたという。

    「基礎に使った切り株は2本。ほんとは3本使いたかったんですけど、丁度いい場所に木がなかったので。作業をしていると、地中に大きな岩があったりして、それを除けるように工夫しました。基礎となる柱を立てて、その上に角材を載せてベースを作り、さらに板を載せて釘を打てばデッキのできあがりです。これ、1日で作っちゃいました」

    木槌で杭を打ち込むかほなん

    大きな木槌で杭を打ち込むかほなん。たくましい!

    デッキの下の基礎の様子

    杭を打ち込んだ基礎と、切り出した木の根の部分(奥)を利用した2種類の基礎が混在する。

    地元産の木材にこだわる

    もはや大工さん?と思わせるほどの仕事の速さだ。続いて使用した材料について教えてくれた。

    「デッキの部分は、ここを運営している山共さんの本業が林業なので、そこで製材してもらいました。このエリアで伐採した木なので、材料はオール東白川製です。小屋の上物は、まだ決めてないけど、ホームセンターでコンパネなどを買ってきて、壁を貼って、天井をつけようと思ってます」

    ウッドデッキのベース

    ウッドデッキのベースとなる角材を基礎の上に配置した状態。

    デッキを載せるかほなん

    3本の角材の上にデッキを載せていく。

    釘を打ってデッキを固定する

    釘を打ってデッキを固定する。

    すべては無人島を買って暮らす日のために

    ではなぜ今回は小屋を作ることにしたのだろうか?

    「ちょっとした家みたいなものを作ってみたかったんです。先々の無人島生活に向けて家作りをちょっとずつ体験しておくためです。ここで家作りの経験を積みながら小屋を建てて、楽しく使う。楽しみです!」

    完成したウッドデッキとかほなん

    「ジャーン!ウッドデッキ完成です!」

    テントやハンモックを使ったキャンプから、自らが作ったシェルターへとステップアップし、今度は小屋作りに挑戦するかほなん。果たしてどんな秘密基地ができあがるのか、楽しみでならない。

    取材協力/forenta  https://www.forenta.net/

    (取材・構成/yamabon)

    私が作りました!
    さばいどる
    かほなん
    サバイバルするアイドルで「さばいどる」。キャンプ、釣り、登山などのアウトドアが大好きな女の子。普段は東海地方をベースに、全国のテレビ番組やイベントでもアイドル(さばいどる)として活動。夢は、無人島を買って暮らすこと。そのためのスキルを身につけるため修行中。YouTube「さばいどるチャンネル」では、アウトドア道具の使い方や自腹で買った商品のテスト、登山、釣り、車中泊、キャンプレポなどを楽しく紹介している。チャンネル登録者数は、468,000以上。著書『お金をかけない! 山登り&ソロキャンプ攻略本』(KADOKAWA)、『アウトドアが100倍楽しくなる! さばいどるのワイルドキャンプ』(すばる舎)、『飯ごうレシピマスターブック 最強クッカーでおいしいソロキャン時間!』 (立東舎)。http://survidol.com/

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    ドリームキャッチャーの作り方!必要なものからオシャレな飾りまで紹介!

    2024.07.22

    不用品をキャンプファニチャーにアレンジするスゴ技教えます!

    2024.07.07

    タイダイ染めで世界で1枚のTシャツを作ろう!やり方を徹底解説

    2024.06.04

    DIYでミニテーブルを作成! 端材を有効活用して自分だけの道具を作ろう

    2024.05.14

    ソーホースブラケットとは?DIYアイデアやおすすめ商品を紹介

    2024.05.06

    「最強の竹とんぼ」の作り方を伝授!奥の深い知育玩具を親子で楽しもう

    2024.04.10

    DIY初心者におすすめしたいお役立ち道具11選!ひと味違うDIYを実現できる個性派ショップも

    2024.03.04

    ハンモックを自作しよう!布で作る簡単な作り方教えます

    2024.01.03