アウトドアで少し本格的な写真を撮りたい人にリコー「GR Ⅲx」がおすすめの理由 | アウトドア・外遊び 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • アウトドア・外遊び

    2023.02.24

    アウトドアで少し本格的な写真を撮りたい人にリコー「GR Ⅲx」がおすすめの理由

    リコー「GRⅲx」

    リコー「GR Ⅲx」。

    登山やアウトドアでは、「綺麗な写真を撮りたい」と思う機会が多いもの。

    最近は、スマートフォンのカメラでも十分綺麗な写真を撮ることができますが、せっかくアウトドアへ出かけたなら、少し本格的に写真を楽しんでみたいと思いませんか?

    今回は、そんな方におすすめのカメラ、筆者愛用中のリコー「GR Ⅲx」を紹介します。

    リコーの「GR Ⅲx」はコンパクトデジタルカメラ

    リコーの「GR Ⅲx」は、コンパクトデジタルカメラに分類されます。

    コンパクトデジタルカメラは、一般的にミラーレス一眼といったカメラよりも小柄で軽量なため、取り回しの良さが特徴。その名の通りコンパクトサイズではありますが、一眼レフやミラーレス一眼にも搭載されているAPS-Cセンサーを搭載しており、申し分のない綺麗な写真を撮ることができます。

    また、コンパクトデジタルカメラは本体からレンズを取り外さない“レンズ一体型カメラ”。替えのレンズが必要なく、アウトドアでも気軽にポケットへ入れて持ち歩くことができるでしょう。

    身軽にアウトドアや登山を楽しみながら綺麗な写真を残したい、という方にとっては、「GR Ⅲx」は最適なカメラと言えるのです。

    なぜリコーの「GR Ⅲx」を選ぶのか

    リコーの「GR Ⅲx」には、以下のようなおすすめポイントがあると筆者は考えています。

    • 片手で持てる小型サイズ
    • スマートフォンとほぼ同じ262gの軽量ボディ
    • スナップで使いやすい焦点距離
    • 立ち上がりが早い
    • イメージコントロール(※画像設定とエフェクトを統合した仕上がり調整機能)の種類が多い

    筆者はミラーレス一眼レフを所有しているため、以前は登山の際にそれを持参して写真を撮っていました。

    しかし、ミラーレス一眼レフは綺麗な写真が撮れる半面、替えのレンズなども含めると重量がある上、荷物がかさばります。さらに、首にかけていると肩こりになってしまい、それらをデメリットに感じていました。

    しかし、リコーの「GR Ⅲx」は重量が262gと、スマートフォンとほぼ同じ重さ。サイズも片手で持てるくらいの大きさであるため、ポケットに入れて簡単に持ち運びができます。

    他にも、「GR Ⅲx」は立ち上がりが早いという特徴があり、電源をオンにしてから約0.8秒で起動します。そのため、どんな瞬間も逃さず撮影することができるでしょう。

    このように「一眼レフやミラーレス一眼は少し手に余るけど、スマートフォンよりも少し本格的に写真を撮ってみたい」という方にはおすすめのカメラなのです。

    「GR Ⅲx」で撮影した作品例を紹介

    ここからは、実際に筆者が「GR Ⅲx」で撮影した写真を紹介しながら、搭載されている様々な機能を解説していきます。

    山での写真

    GRⅲxで撮った登山道

    ポジフィルム調では柔らかく優しい雰囲気で撮ることができます。

    「GR Ⅲx」に搭載されているイメージコントロールを使用すると、簡単におしゃれな写真を撮影できます。

    こちらの写真はイメージコントロールをポジフィルム調に設定して撮影した写真です。ポジフィルム調以外にも、スタンダードやビビッドなど12種類の中からイメージを選ぶことができ、どれも味のある写真に仕上がります。

    もちろんGRシリーズの強みであるモノトーンやハードモノトーンなど、モノクロの写真を撮るモードも多数あります。

    山ご飯の写真

    GRⅲxで撮影した山ご飯

    水滴まで綺麗に写るので、山ご飯の美味しさもより鮮明に残すことができます。

    「GR Ⅲx」は、4種類から露出モードを選択することができます。

    筆者はP(プログラムAE)をよく使用しています。Pだと絞りやシャッター速度を自動的に制御してくれ、被写体の明度に応じた露光が得られるようになるため、簡単に綺麗な写真を撮影することができます。

    また、「GR Ⅲx」では自分でお気に入りの設定を保存しておくこともできます。

    慣れてきたら色味や絞り、露出などを調整して好きな雰囲気の写真が撮れるように設定してみるのもおもしろいと思います。

    日常のふとした瞬間の写真

    街のスナップ

    日常をそのまま切り取ることができる点がおすすめです。

    アウトドアのシーンだけでなく、街でのスナップ写真にも向いているのが「GR Ⅲx」の魅力の1つです。

    先ほども述べた通り、片手で持てて、カメラの起動が早いため、歩きながらでもサッと撮りたい風景を収めることができます。

    現像やレタッチをしなくても、撮って出しで十分に綺麗な写真を撮ることができるのもおすすめのポイントです。このカメラで、日常のふとした瞬間を切り取る楽しみ方もありでしょう。

    モノトーンの写真

    モノクロで撮影したお花

    色味がないだけでいつもとは違った切り取り方ができます。

    「GR Ⅲx」にはモノトーン、ソフトモノトーン、ハードモノトーン、ハイコントラストの4種類のモノクロがあります。

    モノトーンで撮影すると、いつもと同じ風景も少し違った視点での撮影に。

    上の写真はハードモノトーンで撮影したものですが、同じ「モノクロ」でも設定によって黒と白の強弱などに違いが生まれます。同じ景色を、色々な設定で撮ってみてお気に入りを見つけるのも楽しいですよ。

    夜の写真

    夜のスナップ写真

    被写体に焦点をあてて、味のあるスナップを撮ることができました。

    ISO感度設定などを変更することで、夜でも綺麗に撮影できます。

    また、絞りを変更することで、背景のぼけ感を表現するなど色々な写真が撮れるでしょう。

    スマートフォンのナイトモードでも綺麗な写真を撮ることはできますが、「GR Ⅲx」を使えばスマートフォンとはまた一味違う、やわらかな温かみのある写真になるはずです。

    アウトドア好きにおすすめのカメラ

    「GR Ⅲx」には、今回紹介していない機能ももちろんたくさん搭載されています。そのため、細かい設定から自分好みの写真を撮ることができます。

    たくさん設定を試して、とっておきの一枚を撮影してみるのもいいですね。

    登山などのアウトドアから、街でのスナップまで、様々なシーンで使用できるおすすめのカメラです。

    私が書きました!
    アウトドアライター
    maho
    大学時代に日本一の山に登りたい!と富士山に登ったことがきっかけで山登りにはまり、今年で8年。現在は、全国各地の山登りを楽しんでいます。登山をしてみたい!と思ってもらえるように、山登りの魅力を発信していきます。

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア・外遊び 』新着編集部記事

    カリフォルニア州にあるモハーベ砂漠をハイキング。見えるものは白い砂と青い空のみ

    2024.04.22

    【2024年】キャンプブランド30選|おすすめ最新・名作ギア&ヒストリーも紹介

    2024.04.22

    アークテリクスのおすすめジャケット9選!選び方も徹底解説

    2024.04.21

    コアラの睡眠時間は?野生のコアラを見つける方法は?ほか全4問!【動物ドッキリクイズ・その1】

    2024.04.21

    ジャーナリスト 丸山ゴンザレスさんに聞く「危険な取材の面白さ」とは【動画公開中】

    2024.04.20

    ヒマラヤツーリングで直面したトイレ&お風呂問題【38歳女芸人・橋爪ヨウコの爆夢旅その6】

    2024.04.19

    白い煙を出すこの海藻の種類は…「カゴメノリ」!輪が集まったような不思議な形

    2024.04.18

    アゲハチョウを見つけるならトゲのある「カラタチ」の木をチェック!花の写真もあり

    2024.04.18