e-POWERだと遠出も気持ちいい~!日産「新型セレナ」試乗レビュー | 試乗記 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 試乗記

    2023.03.05

    e-POWERだと遠出も気持ちいい~!日産「新型セレナ」試乗レビュー

    "日本3大ミニバン"のひとつ、日産/セレナが6年ぶりにモデルチェンジ。先進技術を満載し、家族の外遊びをサポートします! 本誌編集・早坂と記者・櫻井のレビューをお届け!

    日産/セレナ e-POWER ハイウェイスターV

    ¥3,686,100
    問い合わせ先:日産自動車 0120-315-232 https://www.nissan.co.jp/

    視界の良さに配慮したボディーデザイン

    早:新型セレナ、精悍でカッコいいですね。ボディーサイドは前に行くほど窓の下枠が下がっていて、運転席からの視界も良好です。
    櫻:機能面でも優れたデザインだね。車内に乗り込むと、新しいクルマに乗っている感覚はより強くなる。

    image

    取り回しのしやすさ、前方や下方向の視界の良さを追求するなど、ファミリーカーとしての快適性を高めながら、モダンなスタイリングを実現。フロントマスクは最新の日産車に共通するデザインを採用した。

    image

    image

    早:びっくりしたのがシフト操作。ナビ画面の下に並ぶスイッチで切り替える形式になっていますよ!
    櫻:このシフト機構は電子制御式といって、車外から操作するリモートパーキング機能に必要なものなんだ。
    早:ということは、新型セレナは狭い場所などで車外から駐車できる?
    櫻:うん。ただし、リモートパーキング機能が付くのは最上位モデルのみ。479万8,200円もするけど。
    早:…自力で駐車します。

    新感覚の操作系を加えたコクピット

    image

    メーターまわりからセンターコンソールまですっきりとしたデザインに。通常は中央に付くシフトレバーがなくなり、停車時の席間移動も容易に。

    シフト操作はエアコンの操作パネル上にあるスイッチで。慣れれば使いやすい!?

    櫻:あと、1列目シートの大型アームレストを後ろにスライドさせて2列目中央に、シートとしてセットできる「マルチセンターシート」が、従来型のe-POWER搭載車にはなかったけれど、今回の新型で初採用された。つまり、新型セレナはe-POWER搭載車でも〝2-3-3〟の8人乗りが選べるということ。

    フルフラット時のシート形状を改良。より快適に寝られるようになった。

    3列目も前後にスライドできるのはセレナならでは。

    早:ラゲッジはこれ以上ない広さで文句なしですが、ここにも改良ポイントが。
    櫻:リアゲートの上半分だけを開閉できる「デュアルバックドア」の開口下端が低くなり、外から床下まで手が届きやすくなったね。
    早:いつも荷物をぎゅうぎゅう積んで、リアゲートを開けた途端に雪崩を経験することが多い僕としては、本当にありがたいっす!

    優れた積載能力を継承!

    image

    3列目の収納は従来型同様の跳ね上げ式。

    3列目の状態にかかわらず、大容量の床下収納が使える。

    「デュアルバックドア」の開口部を改善。荷物が取り出しやすくなった!

    櫻:乗り味もいい。e-POWER搭載車は走行中のエンジンの存在感が小さくなり、サスペンションやシートなどの設計を工夫することで、背の高いボディーを感じさせない揺れの少なさ、滑らかな動きを実現。クルマ酔いの不安が少ない。
    早:経済的で快適で、室内のアレンジも多彩な新型セレナなら、家族でこれまで以上に遠くへ行けますね。

    「e-POWER」の気持ち良さは格別!

    発電用エンジンは新開発の1.4ℓに(従来型は1.2ℓ)。最先端のエネルギーマネジメントと遮音性の向上で、より静かに走る。箱型ミニバンが苦手とする横風の対策も施し、ふらつきを抑えた走行で遠出をサポートする。

    image

    櫻:ちなみにe-POWER搭載車はナビとリンクしてルート上の充電・放電を先読みする機能付き。キャンプ場に向かう途中は積極的に発電、目的地に近づくと静かでエンジンを稼働させないモーター走行になるという具合だ。 早:すごいっ! 自然にも優しいミニバンなんですね。

    SPECIFICATIONS

    【駆動方式】 
    2WD

    【ボディー寸法】
    全長 4,765㎜
    全幅 1,715㎜
    全高 1,870㎜
    最低地上高 135㎜
    最小回転半径 5.7m
    ホイールベース 2,870㎜
    トレッド 前1,475㎜/後1,485㎜
    タイヤサイズ 205/65R16
    車両重量 1,810㎏
    乗車定員 8名

    【エンジン】
    排気量・種類 1,433㏄直列3気筒
    最高出力 72kW(98PS)/5,600rpm
    最大トルク 123N・m/5,600rpm
    燃料タンク容量 52ℓ
    燃料種類 無鉛レギュラーガソリン

    【モーター】
    最高出力 120kW
    最大トルク 315N・m
    燃費(WLTCモード) 19.3㎞/ℓ

     

    ※構成/櫻井 香 撮影/三浦孝明 

    (BE-PAL 2023年2月号より)

    NEW ARTICLES

    『 試乗記 』新着編集部記事

    このクルマ知ってる?軽EV「ASF2.0」はたっぷり積めてよく走るぞ!

    2024.04.16

    ピストン西沢が「ハイラックス Z“Revo ROCCO Edition”」 で、憧れの都会的ピックアップトラック生活体験!

    2024.04.15

    三菱「トライトン」を激坂凸凹道で試乗!パジェロの遺伝子を受け継ぐ本格4WDの実力をチェックしてみたぞ

    2024.04.10

    小型車に革命をもたらした名車「ミニ」の2024年最新型・クーパーが登場!BMW版「MINI」の魅力とは?

    2024.03.26

    BYDの電気自動車「ドルフィン」登場!秀逸デザインかつコスパ抜群で災害時給電もできるぞ

    2024.03.25

    アウトドア目線でレビュー!スズキのハコ車「スペーシア」「スペーシア カスタム」なら軽自動車でも遠出が楽ちん

    2024.03.21

    試乗レポ!クラウンスポーツは小回りが利いて荷物も積める高級SUVだ

    2024.03.14

    マセラティの人気SUV「グレカーレ」にはソト遊び好きのイタリア魂が宿っていた!内装、価格もチェック

    2024.03.12