タキビストへの道はもうすぐ!達人が教える焚き火のハウツー【レッスン3~5】 | 焚き火のコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • タキビストへの道はもうすぐ!達人が教える焚き火のハウツー【レッスン3~5】

    2023.01.09

    image

    焚き火の基本から七輪を使った炭の活用術まで、その道の名人たちが徹底伝授。正しい手順やコツを知って、次のキャンプに役立てよう! 今回は「達人がイチから伝授!キャンプライフが楽しくなる焚き火のハウツー【レッスン1~2】」に続き、着火剤、薪の組み方などをご紹介。

    先生

    ヒラバヤシワークス代表 髙橋幸一さん

    image

    建設会社を営みつつ焚き火にハマり、2017年から道の駅などでスウェーデントーチの販売を開始。その後、薪販売をしつつ、焚き火台を開発。2021年に「M.S.Tメタルスウェディッシュトーチ」を発売。火おこし講習なども行なう。

    教わった生徒

    BE-PAL編集部員 おがちん

    image

    最新ギアを使った野営をこよなく愛し、アウトドアショップ巡りするのが週末の楽しみ。愛犬マロとの犬キャンプにハマり中。夢はキャンプ場の経営。

    LESSON3

    自然は着火剤の宝庫の巻

    ほら、そこにもあそこにも着火剤(になるもの)が!

    image

    髙:次は着火剤になるものを探しに行こう
    お:ハイ、先生!

    image

    髙:日当たりいちばん。くまなくなー。
    お:まるで宝探しのような……

    フィールドで見つけやすい〝燃えやすいもの"はコレ!!

    キノコ類

    image

    杉の葉

    image

    枯れた笹の葉

    image

    焚き付けは杉の葉を筆頭に、カサカサに乾いたキノコ類や立ち枯れした笹の葉も有効。松の葉も松脂が含まれるので着火剤代わりになる。

    image

    髙:小枝も焚き付けになるよ。
    足で折ろう!

    枝も大きさごとに分けておくべし

    image

    左から葉など、細枝、太枝

    焚き火マスターへの道③

    あったらいいな! 着火のヘルプアイテム

    焚き付けへの火付け役として、火口も用意しておくといい。いちばん身近なのが、荷造り用のジュートの麻ひも。ガマの穂綿もよく使われる。

    麻紐&松ぼっくり

    image

    麻ひもは撚ってあるものをよくほぐし、松ぼっくりは乾かしておく。

    湿った焚き付けにも着火可能なマッチ

    image

    image

    圧縮した木材繊維に植物性ワックスを染み込ませているので約8分燃焼する最強マッチ。

    【知っておきたい焚き火用語】

    ファイヤースターター

    マグネシウム合金や鉄とセリウム合金(フェロセリウム)のロッド(棒)と金属を使って火花を作る、現代版火打ち石。

    熾火さえできればこっちのもの

    薪の準備ができたら、薪に火を移すための焚き付け探しだ。

    髙:「これも乾燥していることが重要。日の当たる林の縁で探せば、結構見つかる」
    お:「落ち葉じゃダメですか?」
    髙:「あれはね、ジワーっと燃えるだけで意外に炎が立たないからダメなんだよ」
     
    焚き付けの代表選手は杉の葉。なるべくたくさん集める。立ち枯れた枝や倒木なども薪になるので、拾っておくといい。
     
    材料がそろったら、いよいよ薪を組んでいく。

    髙:「薪の組み方にはいろいろあるけど、なんといっても井桁が最強。煙突効果で燃えやすいから、炎を愛でたい初心者にはオススメだな。だからって高く積みすぎるべからず」
    お:「でも、どんどん燃えるから、薪がもったいない気が……」
    髙:「ノンノン。最初は早く火力を上げて、熾火を作ることが重要」
     
    熾火さえできれば、炎はいつでもおこせる。逆に熾火作りを粗末にすると、目を離した隙にせっかくの火が消えるという失態も! 焚き火台に焚き付け用の細い薪を組み、中に入れた麻紐にファイヤースターターで着火する髙橋さん。

    髙:「格好いいだろ〜」

    LESSON4

    簡単かつ定番な井桁式焚き火術の巻

    ちっちゃなキャンプファイヤーを作るイメージで。

    image

    髙:いよいよ実践だけど、適当にすすめちゃダメー!!

    お:き、キビシーな先生……

    焚き火マスターへの道④

    井桁を制するものが焚き火を制する

    キャンプファイヤーなどで使われる井桁型。薪を2本ずつ互い違いに重ねて層にした組み方。煙突のような形で上昇気流が起こり燃えやすいので、早く火力を上げたいときには最適。

    ❶中太の薪を井の字に置く。

    image

    ❷中央に焚き付けを置き、

    image

    ❸小太の薪を重ね

    image

    ❹火口を置き

    image

    ❺ファイヤースターターで着火。

    image

    ❻安定したら太い薪を足す。

    image

    お:ぜんぜん火がおこせないよ。ナンデー

    image

    髙:焚き付けや火口は多めにね!

    image

    先生、できましたー!

    image

    髙:着火ヨシ、安全もヨシ、組み方ヨーシ!

    お:立派な焚き火に育ちました!

    深く考えすぎないことも大事

    あとは各々の焚き火時間を楽しむ。ただただ炎をボーッと眺めるも良し、語り合うも良し、コーヒーを淹れるも良し、調理するも良し。

    髙:「まずはお気に入りの場所を探すことかな。仕事の合間にでもいい河岸をチェック。次に道具を決めて、食べ物を用意する」
     
    焚き火はもっとカジュアルに楽しむべきだと、髙橋さんは話す。あれこれ準備して大掛かりにするのではなく、最低限の道具と必要な分の薪だけで十分。

    髙:「僕はデイキャンがほとんど。空き時間にサクッと焚き火するのが好きなんだよね。バイクに薪1束と焚き火台積んで、ポタリングするのが楽しい」
     
    100人いたら100通りの焚き火があって然り。焚き火は深く考えすぎないことも大切だ。

    髙:「だって、要は火遊びに過ぎないから(笑)。自然に一歩踏み込むための道具だと思えばいい」

    LESSON5

    知っておきたい薪の組み方あれこれな巻

    焚き火台のカタチに合う置き方もマスターしよう。

    髙:薪の組み方を工夫!
    焚き火台の特徴に合わせて組んでみては?

    逆四角錐タイプ

    image

    円柱タイプ

    髙橋さんのステンレス製
    スウェーデントーチ型焚き火台

    image

    底がすぼんだ逆四角錐や円柱タイプは薪を縦に差し込む。下から燃えるので、ときどき薪を押し込み、炎を維持する必要がある。

    image

    髙:火が弱くなったらファイヤーブラスターで空気を入れよう!

    お:先生、ぼくもふーふー得意です!

    焚き火マスターへの道⑤

    心頭滅却すれば焚き火もきれいに後始末できる

    焚き火は火床が白っぽくなるまで完全燃焼させ、最後まで薪を燃やし切るのがマナー。燃やしきったら余った薪や太めの枝などで炭を突いて粉々に。火消しツボがあれば持ち帰り、燃えるゴミとして処分。ない場合は、水を加えて混ぜ、完全に鎮火してから土に埋める。

    焚き火のお片付け3か条!

    ❶ 薪は最後まで完全燃焼させる
    ❷ 焚き火跡を残さない
    ❸ 残り炭は肥料として庭にまく

    image

    Very Good!

    image

    番外編

    ヒラバヤシワークス流・焚き火ごはんの楽しみ方

    image

    うっ……美味すぎる!

    手軽なパウチが極上つまみに

    image

    髙橋さんお気に入りの鳥モモ燻製を熾火で焼いていただく。さらに燻煙がかかり、旨味もアップ!

    image

    格好いいラーメンカーン

    image

    ODショップのオリジナルラーメンは、器要らず。アウトドアスパイスで味変するのも美味!

    image

    漢(オトコ)の煮出しコーヒー

    image

    image

    image

    その場で挽いたコーヒー豆を煮立て、しばらく置いて沈殿させたら上澄みをいただく。

    image

    焚き火調理はアウトドア料理の基本!

    ※構成/大石裕美 撮影/小倉雄一郎

    (BE-PAL 2022年12月号より)

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火のコツ 』新着編集部記事

    100均のファイヤースターターは使える?火をつけるコツとおすすめアイテムも紹介

    2023.01.23

    煙の出にくい遊火道具!高効率設計の二次燃焼焚き火台4選

    2023.01.16

    「遊火」道具の選び方!炎を愛でる最高の焚き火台6選

    2023.01.15

    「薪を割り、燃すこと」は生きることそのもの…家から薪ストーブまで何でも作る達人の暮らしとは

    2023.01.14

    焚き火好きのあなたは全問正解できる?「炎の必需品・焚き木検定」

    2023.01.13

    火は人の営みの原点だ!薪ストーブの達人が実践する「火日常」の暮らし

    2023.01.12

    z