おしゃれな焚き火ポンチョを紹介。メリットや選び方のポイントは? | 焚き火のコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • おしゃれな焚き火ポンチョを紹介。メリットや選び方のポイントは?

    2021.10.20

    焚き火の際、洋服がすすで汚れてしまったり、時には火の粉で服に穴が開いてしまったりすることがあります。衣類のダメージが気になる人におすすめなのが『焚き火ポンチョ』です。近年人気の焚き火ポンチョのメリットや選び方、おすすめ商品を紹介します。

    なぜ焚き火でポンチョが人気なの?

    (出典) photo-ac.com

    キャンプでは、頻繁に焚き火をする機会があります。調理をしたり暖をとったりする焚き火ですが、家で取り扱うときとは違って薪や炭を使うため、道具だけではなく服装や素材にも気を使う必要があります。

    そこでおすすめの服装が『焚き火ポンチョ』です。アウトドアファンからの人気を集める秘密を探ってみましょう。

    焚き火ポンチョの魅力  

    大きなメリットの一つが、火の粉による生地の損傷を防げることです。

    一般的に、アウトドアウエアは化学繊維が中心なので決して熱に強いとはいえず、飛んでくる火の粉で簡単に穴が開いてしまいます。生地が傷むだけでなく、フリースなどの防寒服は燃え広がってしまうケースもあるのです。

    その点『焚き火ポンチョ』は火や熱に強い素材を用いていることから、安全性が確保できます。アウトドア向けに作られていますが、デザイン性に優れているためコーディネートが気になる人にもピッタリです。

    また、着脱のしやすさもポイントです。天候が変わりやすく、気温の変化も考慮する必要があるアウトドアレジャーでは、ポンチョの手軽さは大きなメリットといえるでしょう。

    焚き火ポンチョのメリット

    ここからは、キャンプにも適した焚き火ポンチョのメリットを具体的に掘り下げていきます。有効性がより理解できるでしょう。

    火の粉・臭い対策ができる

    焚き火は、安全性を確保しつつ楽しむことが重要です。火に直接触れなくても、屋外では思わぬときに火の粉が飛んでくるため、服装には注意を払わなければなりません。

    焚き火ポンチョには、難燃素材を用いたタイプが数多くあります。化学繊維に比べて、極めて燃えにくく火に強い性質を持っているため、他の着衣に影響しづらく安全に焚き火を楽しめるでしょう。

    衣類の上に被って着ることから、臭い対策としても有効です。焚き火では、思いのほか臭いが衣類に付くものですが、ポンチョを着用しておくことで、気になる臭いを防げる点もメリットです。

    動きやすく着脱もしやすい

    屋外で活動するキャンプでは、動きやすい服装でいることも大切です。野外で活動し慣れない場所で火を使い、さまざまな器具を用いるため、スムーズな動きができないと危険につながる可能性があります。

    ポンチョならば、身頃もゆったりとしていて窮屈さを感じません。体を自由に動かせると同時に安全性も備わっている点で、キャンパーには心強い味方といえるでしょう。

    急な雨や変動する気温にも対応する必要があることから、着やすさ・脱ぎやすさも求められます。この点においても、ポンチョの特徴が有効に機能します。

    サッと被ってしまえばすぐに着用でき、脱ぐときも簡単です。着脱のしやすさは、アウトドアレジャーでは大きな利点といえます。

    焚き火ポンチョの選び方

    (出典) photo-ac.com

    多彩な商品が発売されているため迷ってしまいますが、どのような観点で選べばよいのでしょうか。焚き火をするキャンパーに適したポンチョの選び方について、そのポイントを解説します。

    燃えにくい素材で選ぶ

    焚き火ポンチョの素材は、『コットン』や『ウール』などの天然素材や、『混紡素材』などを選びましょう。難燃性能や耐熱効果があり、燃え広がりにくく熱に強いという特徴があります。

    ブランドによっては独自の難燃性を備えた生地を使っていることもあるので、素材をチェックすることがおすすめです。

    もちろん、全く焦げないわけではありませんが、着ることで穴開きなどの影響をかなり減らす効果があります。

    また、撥水加工や防水加工が施されている素材もあり、軽い雨程度なら弾いてくれるので便利でしょう。

    サイズで選ぶ

    ポンチョにも多様なサイズがありますが、自分の体形にフィットしたタイプを着るようにしましょう。

    フリーサイズが多い焚き火ポンチョですが、ゆとりがあった方がよいだろうと考えて大きすぎるポンチョを選んでしまうと、中で体が泳いでしまい、動きにくくなってしまいます。風にあおられると、余った生地が体にまとわり付いたり、荷物を倒してしまったりなどして危険です。

    反対に、小さいと動きを制限してしまいます。足元が安定していない場所や狭い場所での行動も多いアントドアでは、いつでもスムーズな動きがとれることが大切です。

    安全に活動するために、自分の体に見合ったサイズを選択するようにしましょう。

    おすすめの焚き火ポンチョ

    (出典) photo-ac.com

    焚き火にも安全に対応できるポンチョが、多数のメーカーから数多くリリースされています。その中から、厳選した5アイテムを紹介します。

    Grip Swany「GSJ-40 FIREPROOF PONCHO

    Grip Swany社は170年の歴史を誇る、アメリカのブランドです。Grip Swanyのグローブは独自の黄色で『スワニーイエロー』と呼ばれ、中でも焚き火用キャンプウエアに定評があります。

    この焚き火用ポンチョは、GRIP SWANYオリジナル難燃生地「ブレイズシールド」を使用。火の粉を受けても穴があきにく、焚き火を存分に楽しみたい人にぴったりです。胸には大型のポケットがあり、ちょっとした小物が収納できます。

    堅固な素材と作りで、火の粉や汚れから体をしっかりと守ってくれるでしょう。

    • 商品名:Grip Swany「GSJ-40 FIREPROOF PONCHO
    • 楽天:商品ページ

    オレゴニアンキャンパー「ファイアープルーフ 焚き火 ポンチョ」

    素材には、安全性の高い『難燃性コットン』を100%採用しています。機能性はもちろんのこと、アウトドアでの活動にマッチするデザイン性とコストパフォーマンスを兼ね備えたポンチョです。

    難燃性の糸で丁寧に織られた生地は、耐火・耐熱の効果が高く、丈夫さも備わります。難燃性のコットンは、生地上に火の粉が飛来しても、繊維が炭化されていることから延焼を防いでくれるのです。

    サイズは最大幅156cm×着丈98cmのワンサイズとなっていて、多くの人の体にフィットするアイテムになります。

    • 商品名:オレゴニアンキャンパー「ファイアープルーフ 焚き火 ポンチョ」
    • 楽天:商品ページ

    山谷産業「TSBBQ×mino 焚火ポンチョ」

    「おしゃれなアウトドア用ポンチョが着たい」そのような声にも十分に応えられるスタイリッシュな商品です。難燃糸を使用しながらデザイン性にも配慮しており、洗練されたバーベキュースタイルを提案しています。

    生地は、オーストラリア産のメリノウール67%、アクリル33%を使用し、丸めて持ち運びも可能なニットひもも付属しています。ひんやりと寒いときには、前をしっかりと留められる大型のウッド調のボタンがあしらわれている、羽織りタイプのポンチョです。

    器具や道具を使用する機会が多いアウトドアでの行動を考慮して、大きなポケットも装備しています。サイズはワンサイズで、ブラック・レッド・マスタード×キャメルのカラー展開で、男性でもムリなく着用できる商品です。

    • 商品名:山谷産業「TSBBQ×mino 焚火ポンチョ」
    • Amazon:商品ページ

    grn outdoor「HIASOBI CAMPER PONCHO」

    素材に採用しているのは、同社独自の開発による『HIASOBI』シリーズの生地です。コットンツイルを用いて、難燃加工とテフロン撥水加工を施しています。

    生地の名前が示す通り、焚き火やBBQに特化した素材であるため、難燃性や耐熱性は十分です。火の粉が付着しても、燃え広がりを防ぐでしょう。

    テフロン撥水加工によって、高い防水性も確保しています。首元の斜めに配置したジッパーで着脱もデザイン性も追求しており、ファッショナブルに焚き火を楽しめる商品です。

    • 商品名:grn outdoor「HIASOBI CAMPER PONCHO」
    • 楽天:商品ページ

    WILD-1「CALL OF THE WILD キャンパーズポンチョ フリーサイズ」

    コットン100%素材のポンチョで、風合いの豊かな見た目です。パッと羽織れば、焚き火シーンでも火の粉対策としてバッチリです。

    ダブルジッパー仕様は強風にも強い作りになっています。フードはひもを使って首元で調節でき、脇のボタンは腕を通す幅が調節できるため、ジャストフィットさせることも可能です。

    収納用のポケットも充実しています。左ポケットの内側にはモバイル用ポケットを備え、左ポケットはキーループ付きです。さらに、右ポケットにはギアループが付いていて、装備の充実さが光ります。

    • 商品名:WILD-1「CALL OF THE WILD キャンパーズポンチョ フリーサイズ」
    • 楽天:商品ページ

    ポンチョ以外の難燃性アイテムも人気

    燃えにくく熱に強いアイテムは、ポンチョ以外にもあります。キャンプで活躍する難燃性アイテムを紹介しましょう。

    snow peak「Indigo TAKIBI Vest」

    多様な活動を行うキャンプでは、数多くの道具を使用します。同製品は、大容量のポケットを前方に備えていることで、アウトドアでの活動をサポートしてくれるベストです。

    素材には、焚き火を含めたキャンプシーンを見すえ、利便性と難燃性を併せ持つ14オンスのデニム素材は、タテ糸にコットンの混紡糸を、ヨコ糸にアクリル系の難燃糸を採用しているこだわりです。

    デニム特有の色落ちの変化も楽しめ、おしゃれなデザインで普段使いもできるアイテムです。

    Grip Swany「FIRE PROOF BLANKET」

    少し肌寒いときなどの温度調整に、ブランケットは欠かせません。

    Grip Swany社オリジナルの難燃性生地『BRAZE SHLELD』で作られており、耐火性にも優れています。万一火の粉が飛んできても、生地は溶けずに炭化してくれるため、火のそばでも安心感があるでしょう。

    サイズは100×120cmとゆとりのある大きさで、バックルが付属しているので腰などに巻くことも可能です。畳んで使えば、簡易クッションの役割を果たしてくれます。

    カナディアンイースト「焚火難燃エプロン」

    カナディアンイースト社は、カナダのアウトドアライフスタイルアイテムを生産する企業です。ナチュラルカラーが多い中、キャンプギアのモノトーンのレーベルを確立し、おしゃれさと機能性を提案しています。

    同社によるエプロンでは、難燃性素材である『Protexa-FR』を使用しています。優れた自己消火性を持ち、万が一炎が触れてもユーザーを安全に守ります。

    また、親水性も高く油汚れが落ちやすい性質があるため、BBQや調理後の洗濯を楽にしてくれるエプロンです。

    • 商品名:カナディアンイースト「焚火難燃エプロン」
    • Amazon:商品ページ

    まとめ

    人気の高まりを見せるアウトドアレジャーですが、焚き火を楽しむ人も増加傾向にあります。炎を囲む焚き火は、キャンプの醍醐味の一つともいえるものです。

    火や熱が伴うことから、服装には安全性を重視したものを選びましょう。焚き火ポンチョなら、耐熱性や動きやすさ、着脱の容易さなどで、キャンプをしっかりとサポートしてくれるでしょう。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火のコツ 』新着編集部記事

    焚き火シーズン到来!プリミティブな着火材「シラカバの樹皮」の仕込み方法を紹介!

    2022.09.24

    猟や山菜採りは人間の原点。秋山郷マタギの自作小刀と焚き火術

    2022.06.17

    ブッシュクラフトの達人の焚き火術。焚き火用三脚の作り方も!

    2022.06.16

    ナイフ1本で作る小さな火!ブッシュクラフトの達人が教える焚き火のやり方

    2022.06.09

    流木は薪として使える?流木を実際に焚き火に使ってみた結果

    2022.06.05

    キャンプ場でいざ焚き火! 初めてでも安心「火おこしの基本のき」

    2022.06.02