ナイフなのに火も着けられる!?フランス「オピネル」の万能サバイバルナイフを試してみた! | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ナイフなのに火も着けられる!?フランス「オピネル」の万能サバイバルナイフを試してみた!

    2017.02.14 高橋庄太郎

    DMA-ya_op_003

    「オピネル」のナイフは高校生のときから使用してきた。ブレードはだいぶ傷んだが、新品を手に入れようと思えば、ほぼ同じものが今でも購入できる。「変わらない安心感」が同社の製品にはあり、まさにアウトドア界のクラシックな定番なのである。

    だが、そんなオピネルがこのように進化するとは驚いた。フォルムこそ同社の定番品を踏襲しているが、ハンドルにはいくつもの機能を取り入れ、ただのナイフではなくなっているのだ。

    ブレードの根元を回転させることで、ブレ ードをロック。使用中にブレードが折り曲が って、怪我をすることを防止する。

    ブレードの根元を回転させることで、ブレードをロック。使用中にブレードが折り曲がって、怪我をすることを防止する。

     

    地震や遭難時に役立つホイッスル付き!

    付属のホイッスルは大きく鳴り響き、テストした都内の河原では吹くのをためらうほど。

    カッティングフックは5㎜程度のロープは簡単に切断でき、むろんナイフの切れ味はそのままだ。

    ハンドルの中に収められているファイヤー スターター。ナイフの背で引っかくと火花がたち、使い方によってはライターの代わりに。

    ハンドルの中に収められているファイヤースターター。ナイフの背で引っかくと火花がたち、使い方によってはライターの代わりに。

     

    焚き火の「火おこし」もできる!

    ファイヤースターターが作り出す火花の勢いも相当なもの。

    スターターを削り取るように引っかくナイフの硬いステンレススチール素材との相性がよいのだろう。

    バーナーに点火するくらいは簡単で、試しにティッシュペーパーに火花を散らしたところあっという間に着火してしまった。うまくやれば、ライターなしで焚き火ができるはずだ。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    モーラナイフにとって最大のライバルは…ゲームとスポーツだった!?

    2022.12.06

    モーラナイフを使ってフルーツカービングを楽しむ方法とは?始め方と注意点を紹介

    2022.11.16

    叩く目印付きで失敗しない!多喜火鉈は薪割りの頼れる相棒だ

    2022.11.01

    ハンドルは2種類!DLCコーティングの墨色が男前なセミカスタムナイフ

    2022.10.03

    土佐伝統の鍛冶工房とBE-PALがタッグ!伝統の小割り鉈がよみがえった

    2022.09.26

    愛用の包丁をキャンプでも!貝印トップブランド「関孫六」発のブレードガード

    2022.09.06