ナイフなのに火も着けられる!?フランス「オピネル」の万能サバイバルナイフを試してみた! | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2017.02.14

    ナイフなのに火も着けられる!?フランス「オピネル」の万能サバイバルナイフを試してみた!

    約10㎝の大型のブレードは、ステンレスス チール製。切れ味が悪くなった際は自分で簡 単にシャープナーで研げるのがいい。

    約10㎝の大型のブレードは、ステンレススチール製。切れ味が悪くなった際は自分で簡単にシャープナーで研げるのがいい。

     

    直径3㎝ほどのハンドルも手によくなじむ。ただし、男の僕の手には。手が小さい女性にはちょっと使いにくいかな……。より小型もあるといいかも。

     

    カギ状のカッティングフックが、ロープな どを切るときに活躍。使用しないときはハン ドルの中にスライドさせて収納できる。

    カギ状のカッティングフックが、ロープなどを切るときに活躍。使用しないときはハンドルの中にスライドさせて収納できる。

    ハンドルの末端には小穴が。これはホイッ スルで、かなり大きな甲高い音を立てられ、 いざというときに鳴らせば助けを求められる。

    ハンドルの末端には小穴が。これはホイッ スルで、かなり大きな甲高い音を立てられ、 いざというときに鳴らせば助けを求められる。

     

    オピネル/
    エクスプローラー#12
    ¥6,800

    フォールディングナイフの老舗、フランスのオピネル社の新製品。木製ハンドルでシンプルな形状という同社のイメージに反し、ハンドルは非常に滑りにくいポリアミドガラスファイバー。ホイッスル、ファイヤースターター、カッティングフックの機能を加え、もはやマルチツールと化している。

     

    ◎お問い合わせ先/ハイマウント
    TEL03(3667)4545

     

    【SPEC】
    ●サイズ:ブレード/約100㎜、ハンドル/約160㎜
    ●重量:約175g
    ●材質:ブレード/ステンレススチール、ハンドル/ポリアミドガラスファイバー

     

    8◎文=高橋庄太郎

    テント泊好きのアウトドアライター。
    スポーツ系スニーカーはシンプルなモノトーンが好みで、子供のころからアディダス派。
    著書に『山道具 選び方、使い方』など。

    ◎撮影/矢島慎一

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12