携帯に便利な「お麩」で作るふわとろキャンプめし!焼き麩の鮭グラタン | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 携帯に便利な「お麩」で作るふわとろキャンプめし!焼き麩の鮭グラタン

    2022.10.11

    焼き麩の鮭グラタン

    ふわとろ食感がクセになる焼き麩の鮭グラタン。

    軽くて携帯にも便利な焼き麩。今回はそんな焼き麩を使って、キャンプ・登山でほっこり温まれるグラタンを作ります。

    具材は鮭フレークとグリーンピース、調味料に味噌を使用して、ふわとろ食感でコクのある風味に仕上げます。

    焼き麩の鮭グラタンのレシピ

    材料(1人分)

    焼き麩の鮭グラタンの材料

    こちらが今回使用した材料です。

    • 焼き麩 10g 
    • 卵 1個
    • 鮭フレーク 大さじ2
    • グリーンピース 50g
    • 玉ねぎ 1/4個(30g)
    • 無塩バター 5g
    • ピザ用チーズ 適量
    • 刻みパセリ 適量

    ★調味料

    • 低脂肪乳 200ml
    • コンソメキューブ 1/2個
    • 味噌 大さじ1
    • 塩コショウ 少々

    鮭フレーク、グリーンピースを使用するので調理はカンタン。焼き麩がバター・牛乳のまろやかさを吸い込んで、ふわっとトロっとした食感になりますよ。

    では、作り方をご紹介します。

    作り方

    玉ねぎを薄切りにする

    火が通りやすいよう薄切りに。

    今回、唯一下ごしらえが必要な玉ねぎ。火を通りやすくするため、薄切りにしましょう。

    このあとメスティンで炒めて、コクと甘みを引き出します。

    メスティンでバターを加熱する

    バターだとコクが出ます。

    玉ねぎを切ったら、メスティンに無塩バターを加えて熱しましょう。

    普通の油でも作れますが、バターだと乳製品独特のコク・まろやかさが生まれて、よりグラタンっぽい風味に仕上がります。

    玉ねぎを炒める

    じっくり炒めましょう。

    先ほど薄切りにした玉ねぎを加え、弱火でしんなりするまで炒めましょう。じっくり炒めると、ほんのり甘い香りがしてきます。

    調味料を加えて加熱する

    加熱し過ぎに注意です。

    低脂肪乳・コンソメキューブ・味噌・塩コショウを加えて加熱しましょう。

    牛乳は加熱し過ぎると分離してしまい、仕上がりが水っぽくなってしまいます。そのため、弱火で混ぜながらじっくり加熱するのがおすすめ。

    焼き麩を加えて戻す

    焼き麩にうま味を染み込ませましょう。

    低脂肪乳と調味料が馴染んだら焼き麩を加え、混ぜながら焼き麩を戻しましょう。ここも「弱火でじっくり」がポイントです。

    鮭フレーク・グリーンピースを加える

    メイン具材を投入。

    焼き麩が戻ったら、鮭フレーク・グリーンピースを加えます。グリーンピースは携帯しやすいパウチタイプを使用。水気を切ればそのまま食べられるので、キャンプ・登山にも便利です。

    当然ながらグリーンピースは豆なので、タンパク質が豊富で脂質・炭水化物のバランスもよく、さらに食物繊維もたっぷり。じつはダイエットにもおすすめの食材なんですよ。

    と、このままだとミルクスープのような感じですが……。

    溶き卵を加える

    ふわとろ食感のカギ。

    ここで卵を割って溶き、メスティンに回し入れます。

    卵が半熟になるまで加熱する

    ここでグラタン感がグッとアップします。

    半熟になるまで加熱すると写真のような感じに。グッとふわとろ感がアップしました。

    ピザ用チーズをかけてバーナーで炙る

    バーナーで炙るとさらにそれらしく。

    仕上げにピザ用チーズをかけてバーナーで軽く炙ると、もうどこからどう見てもグラタンに。バーナーが無い場合は、フタをしてチーズが溶けるまで加熱すればオーケーです。

    焼き麩の鮭グラタン

    刻みパセリを忘れずに。

    最後に刻みパセリをちらして完成!牛乳と卵のやさしい風味を吸い込んだ焼き麩はふわとろで、幸せな気分に浸れます。

    鮭の塩気と味噌のコク、グリーンピースのホクホク食感で、ほっこり温まれる一品に仕上がりました。

    おいしく作るためのポイント

    焼き麩の鮭グラタン

    スプーンですくうと本当にトロトロです。

    おいしく作るためのポイントは、弱火でじっくり。前述の通り牛乳は加熱し過ぎると分離してしまって、仕上がりが水っぽくなってしまいます。

    ちょっと面倒ですが弱火でコトコト、焼き麩にうま味を吸い込ませるように加熱すると、本当にふわっとトロっとした食感に仕上がります。

    味噌

    味噌のコクは牛乳とも相性バツグン。

    また、味噌のコクは牛乳を使ったレシピとの相性バツグン。今回は大さじ1としていますが、鮭フレークの塩分によって量を調節してお作りください。

    簡単に作れて、ふわとろほっこり温まれるグラタンレシピ、ぜひキャンプや登山で作ってみてくださいね!

    私が書きました!
    筋肉料理研究家
    Ryota
    学生時代運動経験ゼロ・病気で精神病院に入院するも筋トレとお料理で立ち直り、現在は料理研究家・パーソナルトレーナーとして活動中。企業やメディアへのレシピ提供を行う傍ら、ボディメイクコンテストにも出場。父方の実家は港町、母方の実家は山に囲まれていて、幼少期には海や山道を走り回っていた。自然の中で本を読むのが趣味だが、最近は料理研究家活動が忙しく、1人でキャンプめしを作って気を紛らわしている。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    アマノフーズのフリーズドライがキャンプ飯にぴったり!鮭のポタージュシチューレシピ

    2022.12.02

    少ない資源で調理可能! オートミール&焼きそば麺を活用した防災レシピ6選

    2022.11.29

    マルタイの「棒ラーメン」で作る 、簡単&激ウマキャンプレシピを公開

    2022.11.27

    キャンプの油処理にはわたくしを!ナノファイバー製油吸着材「ベルサイユのわた」

    2022.11.27

    冬に!ダイソー「フォンデュポット」でチョコフォンデュとアヒージョ作り

    2022.11.23

    「缶つま」で作る、キャンプめしにぴったりなぶり大根レシピ

    2022.11.22