ぜひ”初めてのテント”に。コールマン「BCクロスドーム/270」がすごい! | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ぜひ”初めてのテント”に。コールマン「BCクロスドーム/270」がすごい!

    2022.09.12 コールマン

    Coleman、 BCクロスドーム/270の外観

    筆者私物。

    BCクロスドーム/270をぜひ“初めてのテント”に

    今回ご紹介するのは、筆者がキャンプを始める際に初めて購入したテント、Coleman「BCクロスドーム/270」です。

    BCは”ベーシックキャンプ”の略で、Colemanの数あるテントの中でも、特にキャンプ初心者の方に向けた作りになっています。

    設営方法や内部の構造もシンプルで、非常に使いやすい「万能型テント」といった印象。

    キャンプ開始から現在に至るまで使用している筆者が、BCクロスドーム/270の使用感や、便利だと感じる点をご紹介します。

    サイズ感はどのくらい?

    BCクロスドーム/270は定員が4~5名の、ファミリー向けの商品です。

    筆者は3〜4人で行なうファミリーキャンプの時はもちろんのこと、2人で行うデュオキャンプの時にもこちらのテントを活用しています。

    BCクロスドーム/270の室内の広さがわかる画像

    3人分のマットを敷いている様子。マットはもう1枚敷けそうです。4人で寝る際も狭さは感じません。

    テントの床面積は270cm×270cm。一般的なマットやコットが、ぴったり4枚並べられるサイズです。

    そして、カバンや衣類などを置くスペースを枕元、あるいは足元に確保できます。

    大人4人、あるいは大人2人+子供3人などであれば、多少の余裕を持ちつつくつろぐことが可能だと思います。

    言うまでもなく、人数の少ないデュオキャンプであれば、よりゆったりと過ごせます。大きすぎることもないので、デュオキャンプがメインの方にもおすすめできます。

    BCクロスドーム/270のおすすめポイント

    ここからは、筆者が使用している中で、特に便利だと感じるポイントをご紹介します。

    立って着替えることができる

    BCクロスドーム/270の一番のおすすめポイントは、やはり室内の快適さではないかと感じます。

    広い床面積に加え、高さも175cmあるため、立ったまま着替えをすることができます。背の大きい方でも圧迫感を感じることはないでしょう。

    テント室内の高さがわかる画像

    身長165cmの成人男性が立っても、頭上には余裕があります。

    大きいテントはいくらでもありますが、このサイズで設営にも時間がかからないテントは貴重だと言えます。

    広い前室

    前室にコンテナをおいている画像

    前室はコンテナも楽々収納できるほど、広さがあります。

    テントの入り口部分には奥行き100cm程のスペースがあり、玄関代わりに靴を置いたり、荷物をしまう場所として活用できます。多少の雨であれば、置いた物が濡れることもありません。

    また、後室も45cm程の奥行きがあります。

    後室も前室と同様に荷物置き場として使用することができますし、前室が荷物でいっぱいになってしまった場合には後室から出入りをすることが可能です。

    キャノピーで雨よけもできる

    BCクロスドーム/270のキャノピーを張っている様子

    急な雨などの際に便利なキャノピー。

    テントの前方にはキャノピーを立てることができます。テントを設営した状態から2本のポールをたてて、それぞれ1本のロープで固定するだけです。

    前述のとおり、BCクロスドーム/270は初心者キャンパーさん向けに発売されているアイテムです。キャンプ初心者の方の場合、「タープをまだ持っていない!」というケースも多いかと思います。

    それでももちろん、キャンプ場で急に雨に降られることもあります。そんな時にキャノピーは重宝します。

    キャノピーのサイズは、縦160cm×横175cm。大人2人程度であればキャノピーの下で食事を行うことも可能です。デュオキャンプにも最適な理由が、ここにもあります。

    コスパ抜群のBCクロスドーム/270でキャンプライフを楽しもう

    今回ご紹介したBCクロスドーム/270は、これからキャンプを始めるという方には強くおすすめできるテントです。

    筆者は2年間で20回以上使用していますが、大きな破損や劣化はなく、耐久性も問題ないアイテムだと感じています。

    また、デュオキャンプにもファミリーキャンプにも活用できる万能テントながら、2万6800円という手に入れやすい価格で購入できます。

    キャンプを始める際には多くのお金がかかります。「できるだけ初期費用を抑えたい。でもクオリティも諦めたくない」というニーズにも応えてくれるアイテムです。

    多くの魅力が詰まった「BCクロスドーム/270」。是非、初めてのテントとして、手に入れてみて下さい。

    BCクロスドーム/270

    耐水圧:約1,500mm(フロア:1,500mm)
    定員:4〜5人用
    使用時サイズ:約270×270×175(h)cm
    収納時サイズ:約φ25×75cm
    重量:約10kg

    コールマン
    BCクロスドーム/270

    サイズ:使用時/約270×270×175(h)cm、収納時/約直径25×75cm
    重量:約10.6kg
    耐水圧:約1500mm(フロア/約1500mm)
    定員:4~5人


    瀬川あずまのプロフィール画像
    私が書きました!
    アウトドアライター
    瀬川あずま
    キャンプが趣味のアウトドアライター。時間や場所に縛られずに働くことを目標にライターを始め、現在はアウトドアや健康系の記事を主に執筆。休日は趣味に奔走するため、外にいる時間が長い。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    春キャンプに向けてリサーチ! ogawaの2023年新作テントをひと足早くご紹介

    2023.01.06

    ツールームテントの決定版!ogawa「アポロン」愛用者が魅力を徹底解説

    2022.12.22

    CHUMS(チャムス)/ブービーキャビンテント4

    2022.12.10

    テントはワンポールかドームか!? 両方愛用中だからこそわかるメリットと注意点

    2022.12.06

    グランパー垂涎の美しすぎるモスのコットンテント『OPTIMUM 200』が新設キャンプ場に!

    2022.12.05

    見た目クラシカルなのに機能は最新!? ロゴスの新作テントが気になるっ

    2022.11.23

    z