キャンプでも家でも使える扇風機。スノーピーク「フィールドファン」で快適に | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • キャンプでも家でも使える扇風機。スノーピーク「フィールドファン」で快適に

    2022.09.13 おおしま はな

    スノーピークのフィールドファン。

    写真は全て筆者私物です。

    おしゃれなアウトドア扇風機

    暑い夏のキャンプに欠かせないのが扇風機。さまざまなメーカーからアウトドア用の扇風機が販売されていますが、我が家ではスノーピークのフィールドファンを選びました。

    シーンや季節を問わず使える、おしゃれで機能的な扇風機です。

    今回はそんな魅力がつまったフィールドファンをレビューしていきます。キャンプ用の扇風機を購入したいと考えている人、フィールドファンを実際に使った感想を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

    フィールドファンのおすすめポイント

    フィールドファンはデザインのよさだけでなく、使いやすさも抜群です。実際に使ってわかったおすすめポイントを、3つ紹介します。

    どんなシーンにもなじむシンプルデザイン

    フィールドファンはシンプルで落ち着いたデザインなので、定番のキャンプスタイルはもちろん、さまざまなシーンに合わせられます。

    ボタンのアップ。

    シンプルでわかりやすいデザイン。

    ボタンは風量とタイマーと首振り機能がついています。シンプルでわかりやすいアイコンです。

    本体の横にある角度を変えるボタン。

    本体の横に角度を変えるボタンが付いています。

    横のボタンを押しながらファンを上下に動かすことで、角度を変えられます。

    和室にも意外とフィールドファンのデザインがマッチします。アウトドア用品ですが、落ち着いた空間にもなじむデザインになっています。

    電源はACアダプタとバッテリの2種類

    充電中のマキタのバッテリ。

    充電中のマキタのバッテリ。

    フィールドファンの電源にはACアダプターとバッテリ(別売)が使えます。キャンプでおすすめしたいのはバッテリでの使用。バッテリなら電源の位置を気にせず、持ち運びができますし、小さな子どもがコードにひっかかってつまずくこともありません。使いたい場所で使えるのは、キャンパーにとって大きなメリットです。

    バッテリは、マキタ純正バッテリ(18Vまたは14.4V)を使います。連続使用時間の目安は、「弱」で9時間40分(BL1830Bバッテリの場合)程度です。

    注意点は、必ずマキタ純正のバッテリを使うことです。安全のためにも、互換性バッテリや改造したバッテリを使用しないようにしましょう。

    冬はサーキュレーターとしても使える

    フィールドファンは暑い季節の扇風機としてだけではなく、冬にも利用できます。

    エアコンの暖かい風を部屋全体に循環させ、サーキュレーターとして利用できるのです。

    暑い夏も寒い冬も、フィールドファンが快適にしてくれます。

    音の大きさを測ってみた!

    フィールドファンは3段階の風力があります。それぞれ音の大きさを測ってみました。

    • 弱:47dB前後
    • 中:63dB前後
    • 強:70dB前後

    十分に風を送ってくれるので、我が家は「弱」で利用しています。音の大きさを測る装置では47dB前後の音が出ているとの結果でしたが、室内でフィールドファンを稼働させていても、音はあまり気になりません。

    キャンプでは周りがガヤガヤとしていることが多いので、より音が気になりません。

    ただし、音の感じ方には個人差があるため、気になる人はお店で実際に確かめてみるといいでしょう。

    フィールドファンをお手入れする

    ほこりがついたフィールドファン。

    ほこりが……。

    毎日フィールドファンを使っていると、ほこりがたまります。我が家の場合はキャンプだけでなく、普段家の中でも頻繁に使用しているので、よりほこりがたまりやすいのかもしれません。

    フィールドファンは一般的な扇風機のように分解できないので、住宅用お掃除シートなどを使ってほこりを取り払っていきます。まずはバッテリーやコンセントを本体からとりはずしておきます。

    フィールドファンを掃除しているところ。

    ささっとお掃除。

    ファンガードに沿って、住宅用お掃除シートで優しくなでていきます。細かいところは綿棒を使ってほこりを拭き取ります。

    きれいになったフィールドファン。

    ほこりが取れてきれいになりました。

    こんなにきれいになりました。

    まとめ

    花とフィールドファン。

    和室にも合います。

    スノーピークのフィールドファンを紹介しました。

    バッテリ使用は持ち運びに便利と紹介しましたが、電源付きのサイトがあるキャンプ場なら、ACアダプターにつないで使えます。予算や使い方、キャンプスタイルに合わせて、バッテリを購入するかどうかを決めるといいでしょう。

    フィールドファンはキャンプだけでなく、家でも使いやすい扇風機なので、我が家では重宝しています。季節を問わずに使えるフィールドファン、ぜひチェックしてみてくださいね。

    スノーピーク フィールドファン

    価格:11,000円
    サイズ:185×272×284mm(バッテリ除く)
    重量:1.3kg(バッテリ除く)

    私が書きました!
    フリーライター
    おおしまはな
    愛知県在住。ファミリーデイキャンプが中心のフリーライター。昔はインドア派でしたが、外で食べるご飯のおいしさに目覚めました。最初は組み立て方もわからないギアが多かったのですが、経験を積むうちにできるように。これからキャンプを始めよう!と思う人が、参考になるような記事を書いていきます。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    超音波で蚊を防ぐ!家でも外でも一年中役立つコードレスファン

    2022.09.30

    3段重ねもOK。「折りコン」に替わるコンテナーは、この「波コン」だ

    2022.09.28

    BE-PAL創刊編集長の目利きモノ選び~プロ愛用のカメラストラップ

    2022.09.28

    パッと挟むだけ!ソーラー充電式・クリップ型センサーライトが超便利!

    2022.09.26

    ゴードンミラーのコンテナの魅力とは?おすすめの商品5選も紹介

    2022.09.23

    電気を使わず荷物も減らせる。旅やキャンプに『BE-PAL』印の「ミニ洗濯板」をどうぞ

    2022.09.23