ショアの相棒リールはコレだ!ソルトウォーター専用「カルディアSW」の魅力とは | 海・川・カヌー・釣り 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ショアの相棒リールはコレだ!ソルトウォーター専用「カルディアSW」の魅力とは

    2022.08.02 フジノ・キュー

    ロッド(竿)とリール。

    筆者私物。

    ショアジギングは、大型の青物(ブリやヒラマサなど)を狙うルアーフィッシングです。

    フィールドや季節によっては、60センチを超えてくるような魚が連発!といったことも珍しくありません。

    大物とのやりとりに備えるには、とにかく道具選びが大切です。

    リールでいえば、なんといっても巻取りパワーと剛性が重要。

    これらが不足していると、大物が掛かったときに極度の負荷が掛かり、最悪リールが壊れるなんてことも……。

    不意の大物が掛かっても安心してやりとりしたい!

    大物とやりあえるパワーがあるリールがほしい!

    さらにコスパも叶えてくれたら最高!

    そんなワガママをすべて叶えてくれるリールが、大手釣り具メーカー「ダイワ」からリリースされています。

    その名も「カルディアSW」。

    SWとはソルトウォーターのイニシャルの略称で、まさに海での大物とのやり取りのために生まれたリールです。

    リールのパワーは汎用機(いろいろな釣りに使用できるリール)とは段違いであり、剛性や防水性能にも優れています。

    今回はそんな海のルアー釣りに特化した『カルディアSW』について解説します。

    SW機とは

    ロッド(竿)とリール。

    大物がヒットする可能性がある釣り場ではカルディアSWを使用します。筆者私物。

    リールを販売している大手釣り具メーカーと言えば、「ダイワ」と「シマノ」です。

    この2メーカーからは、SW機と呼ばれる、ソルトウォーター専用リールが発売されています。

    もともとはオフショア(船でのルアー釣り)で使用されることが多かったのですが、タフなパワーと剛性を誇ることから、ショア(岸でのルアー釣り)で大型の魚を狙うためにも使用されるようになりました。

    大型魚がヒットすることが多い釣り場ではSW機のリールはマストと言えます。

    カルディアSWの魅力

    リール。

    カルディアSWには魅力が満載です。筆者私物。

    カルディアSWは性能の高さと手の届きやすい価格帯を兼ね備えているので、初めてのSW機にピッタリです。

    手にした瞬間大物を狙いに行きたくなる、魅力あふれたリールとなっています。

    パワーと剛性

    カルディアSWはボディ構造がフルメタルモノコックとなっています。

    モノコックとはボディに直接高精度のプレートをネジ込み固定したもので、60,000円~100,000円以上のハイエンドリールに採用されている技術です。

    剛性は最高峰のレベルになっており、大型魚がヒットしても、巻取り時にリールのたわみが発生しません。そのため、ゴリゴリ巻くことができます。

    大型魚がヒットしても真っ向からやりあうことができる、安心のリールとなっています。

    圧倒的なコスパ

    SW機は大物とやりとりすることを前提としているので、強度も使用感もレベルが高いものを求められます。

    製作には相応の技術が必要になるので、価格はどうしても高価になりがちです。

    しかし、カルディアSWはハイエンドリールに使われている技術が満載にも関わらず、実売価格20,000円~30,000円台で購入することができます。

    初めてのSW専用機に最適の一台です。

    見た目のカッコよさ

    カルディアSWは、ブラックとゴールドを基調として作られています。

    その色合いとデザインが高級感を醸し出していて、所有欲を満たしてくれます。

    使用感はもちろんですが、見た目においてもメーカーのこだわりを感じることができます。

    番手の選び方

    リール。

    番手によって、糸巻量やパワー、重さが変わってきます。筆者私物。

    リールには番手という概念があります。数字が大きくなるほどパワーが強く、リール本体の重さも増えていきます。

    狙う魚種や釣り場によって、最適な番手があります。自分に合った一台を選びましょう。

    4000・5000番

    ライトショアジギングには4000・5000番のリールをオススメします。堤防であれば、ブリやサワラなどの大型魚も安心してやり取りできます。

    「4000D-CXH」はPEライン2号を300mまで、「5000D-CXH」はPEライン2.5号を300mまで巻くことができます。

    6000番

    地磯や沖磯からのショアジギングにオススメします。ブリやサワラであれば、この番手で安心してやりとりできます。

    「6000D-H」はPEライン3号を300mまで巻くことができます。

    8000・10000番

    沖磯からのショアジングにオススメです。80cmクラスのヒラマサは、この番手でやりとりできます。

    「8000-H」はPEライン4号を300mまで、「10000-H」はPEライン5号を300mまで巻くことができます。

    14000・18000番

    沖磯からの超大型の魚を狙うショアジギングにオススメです。メーター越えの化け物級とやりあうには、この番手が必要になってきます。

    「14000-H」はPEライン6号を300mまで、「18000-H」はPEライン8号を300mまで巻くことができます。

    カルディアSWで大物を狙いに行こう!

    釣り場。

    大物は全釣り人の夢と言っても過言ではありません。

    ショアジギングの醍醐味は、なんといっても大物とのファイトです。

    一度大型魚の引きとパワーを体感すると、忘れられずにやみつきになることでしょう。

    さらなる大物を求めて釣りに出かけてしまうのは、釣り人の性。

    カルディアSWは、そんな釣り人の相棒になりうるリールです。

    大物を狙った釣りをしたい!対大物用のリールが欲しい!と思ったら、ぜひ一度、釣具店でカルディアSWを手に取ってみてくださいね。

    最後に

    初めての釣り場へ行くときは、釣り禁止の看板がないかを確認しましょう。

    釣りをする際は、ライフジャケットを必ず着用しましょう。

    ルールやマナーを守り、誰にも迷惑のかからないよう行ないましょう。

    私が書きました!
    ソルトアングラー
    フジノ・キュー
    週末になると関西圏の海辺に突如出没するソルトアングラーライター。趣味はもっぱら海でのルアー釣り。
    Googleマップを頼りに未開拓の釣り場を求めて沿岸を練り歩き、自然の美しさと過酷さに魅了された冒険家気質な釣り人。

     

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

    「カウアイ」ってどんな魚か知ってる?イルカも泳ぐニュージーランドの海で船釣りに挑戦

    2023.02.03

    大小様々な魚と向き合える!海中写真撮影は八重山諸島で楽しむのがおすすめ

    2023.02.01

    過酷な暮らしで個体が減少中!? 謎に包まれるマダイの生態を海中写真で観察してみた

    2023.01.30

    真冬の釣行はこのアイテムで乗り切れ!DAIWA・ドクターマーチン・SOTOの各おすすめを紹介

    2023.01.27

    水中カメラマン堀口和重が行く!八重山諸島で捉えた、マンタとプランクトン

    2023.01.19

    日本中の海がスタジオだ! 水中カメラマン堀口和重の「美しき海の世界」

    2023.01.07

    z