『さばいどる かほなん』が21日間無人島生活にチャレンジ。その様子をビーパル本誌で短期連載中! | サバイバル・防災 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 『さばいどる かほなん』が21日間無人島生活にチャレンジ。その様子をビーパル本誌で短期連載中!

    2022.07.08 さばいどる かほなん

    さばいどるかほなんが、無人島へ到着

    バックパックに入るだけの道具を持って無人島へ。これは、さばいどる かほなんの21日間無人島チャレンジ初日、上陸直後の様子。

    かほなん、夢の無人島へ。21日間の過酷なチャレンジのはじまり

    無人島を買って、自給自足をしながら暮らす。そんな夢を追いかけ、日々、サバイバルのスキルを磨いている「さばいどる かほなん」。山へこもり、ナイフひとつでシェルターや調理器具など、サバイバルに必要な道具を作ったり、魚を釣って食べたり。かほなんがスキルアップのために挑戦してきた様子は、YouTube「さばいどるチャンネル」で公開されている。そのチャンネル登録数は、2022年7月上旬現在、46万5000を超える人気ぶりだ。

    そんな、かほなんが、ついに無人島に上陸した。といっても無人島を買ったわけではなく、21日間限定のいわばお試しチャレンジだ。2022年5月6日~5月26日まで、水、食料を現地調達するというルールを掲げ、とある無人島へ渡った。

    かほなんが過ごした無人島

    かほなんが過ごした無人島。果たして食べ物はあるのか?水は確保できるのだろうか?

    ビーパル本誌では2022年7月号から短期連載中

    ビーパルでは、かほなんの無人島チャレンジにスポットで同行した。その様子は、2022年6月9日発売のビーパル7月号から、短期連載として好評掲載中。

    今回は、本誌記事でも紹介している無人島チャレンジについて、その一部をお披露目したい。

    ビーパル8月号の誌面

    ビーパル7月号の記事より。第1回は4ページで、これまでのかほなんの活動やチャレンジについてまとめている。

    ご当地アイドルが、なぜサバイバルに挑んだか?

    連載記事の第1回では、さばいどる かほなんの歴史を紐解いた。東海ローカルでアイドルとしてフリフリの衣装を着てライブをしていたかほなんが、なぜ、サバイバルの道へ足を踏み入れたのか?そして、山を買い、ヘビを食べ、ときには警察署の広報大使に抜擢されたり。ショートヒストリーをまとめつつ、無人島チャレンジ初日の様子を紹介している。

    無人島上陸。最初に作ったのは?

    太い竹の棒を集めるかほなん

    無人島に上陸するや、海辺に落ちていた太い竹の棒を集めシェルターを作りはじめた。

    竹の棒を切るかほなん

    チャレンジ初日の様子。この時点では真新しいTシャツが輝いているが、日を追うごとに変化していった。笑顔にも余裕がうかがえた。

    かほなんは島へ上陸すると、YouTubeで公開するための収録を手短に済ませ、周囲を歩きなにかを探し始めた。陸に打ち上げられた漂流物や海藻の位置を参考に、波をかぶらない安全な場所をみつけ、そこをベースとした。さらに周辺を歩き、シェルター(簡易テント)の骨組みになりそうな太い竹の棒を集めてきた。

    4本の竹の棒を使って、シェルターの骨組みに

    4本の竹の棒を使ってシェルターの骨組みに。

    持参したODシートをかぶせて完成したシェルター

    持参したODシートをかぶせて完成したシェルター。その後、日を追うごとにシェルターもどんどん進化していった。

    日が暮れる前に、水を探し、食料を調達せよ

    無人島を歩き、偶然見つけた湧水

    無人島を歩き、偶然見つけた湧水。これで飲み水はなんとかなる。

    シェルターが完成するや、かほなんは落ちていたペットボトルを拾い、水探しに出かけた。島を歩くこと約15分。崖から染み出る湧水を発見。持参した麻縄を使って水を集め、ペットボトルに溜めてベースへと持ち帰った。

    なんと、海辺にはカキがゴロゴロ

    なんと、海辺にはカキがゴロゴロ。食料も確保。

    水を集める間、かほなんは海辺を歩いていた。そして、足元にたくさん落ちているカキを発見。中身が入っていることを確認してご機嫌に。それを持参した野菜収穫袋に入れて持ち帰った。

    カキを採るかほなん

    21日間のチャレンジの間、カキがかほなんの主食となった。

    この島ではカキだけではなく、タケノコメバルが釣れた。ほかにも海藻や野草など、かほなんは様々な食材を見つけては食べてみた。

    メバルを釣るかほなん

    釣り好きのかほなん。連日、竿を出せば獲物が釣れた。

    ビーパル8月号では、島の食材について紹介してます!

    続く2022年7月7日発売のビーパル8月号では、かほなんが無人島でどうやって食料を調達し、生きのびたかを紹介。かほなん自らが撮影、編集し、公開している「さばいどるチャンネル」の無人島シリーズとは一線を画す、本誌スタッフが現地で見て感じたかほなんの過酷なチャレンジのレポートをぜひチェックしていただきたい。

    ※この挑戦は、島の管理者の許可を得て行なっています。

    (撮影/花岡凌、構成/山本修二)

    ビーパル8月号表紙

    かほなんの短期連載第2回は、この表紙が目印です。

    さばいどるチャンネルでは、無人島チャレンジの動画が続々登場

    ↓↓↓かほなん自身が21日間、休むことなく撮影した無人島チャレンジの記録は、さばいどるチャンネルで公開中!

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

    目立ちすぎないけど、かわいい…フェリシモ「にゃんがいち」の防災グッズが絶妙すぎる!

    2023.01.24

    電気不要!アウトドアや災害時に役立つドラム式手動洗濯機「ぐるぐるぶんまわ槽mini」

    2023.01.23

    ツナ缶がオイルランプに!? 災害時など、いざという時に役立つ6つのテクニック

    2022.12.04

    アウトドアメーカーの底力を見よ! 災害に負けない頼れる実用ギア13選

    2022.11.27

    災害時でも使える道具を扱う「ENstyle」店主が指南!防災時の持ち出しウェアのポイントを徹底解説

    2022.11.18

    焚き火の技術とテント避難のコツとは?木村とーるさん率いる「四万十塾」流の防災テクを紹介

    2022.11.17

    z